ヴァルハラの晩ご飯 イノシシとドラゴンの串料理


『ヴァルハラの晩ご飯 〜イノシシとドラゴンの串料理(プロシェット)〜』(三鏡一敏著/電撃文庫)★★★☆☆

ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~ (電撃文庫)
ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~ (電撃文庫)

2016年2月刊。
第22回電撃小説大賞「金賞」受賞作。
食材として神々の住む天上の世界へとやってきたイノシシが主人公のゆるくてふわっと可愛い北欧神話ファンタジー。
(タイトルから勝手に期待していた)飯テロ小説ではなかったのが残念でしたが、その可愛らしさを活かして「美味しいポジション」(by 川原礫)を堪能する少年らしい主人公に笑ってしまう作品でした。

☆あらすじ☆
神の国の台所“ヴァルハラキッチン”の夕飯時はいつも大忙し! ボク、喋れるイノシシのセイ(本名:セーフリームニル)はそのお手伝いとして、なんと主神オーディンさま直々の指名を受けてここにやってきたんだ。
――『料理される側』としてね!
いや、確かにボクは「一日一回生き返る」っていう不思議な能力を持ってるし、自慢じゃないけど肉質にも自信があるよ? でもだからって「毎日死んでご飯になれ」ってひどすぎない!? ……まあこの力のおかげで、美しくて可愛いヴァルキューレ・ブリュンヒルデさまのお傍にいられたりするから、全部が全部つらいってわけじゃないんだけどさ……。
って、あれ、神界ナンバー2のロキさまがなぜここに? え、神界のピンチだから一緒に来い!? いやぁ、ボクただのイノシシですからってうわあああぁーー。
神々の台所を舞台に贈る“やわらか神話”ファンタジー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

死んでしまっても生き返ることができる不思議なイノシシ・セイ
物語は、料理の食材として鍋に放り込まれるセイの「ヴァルハラキッチン」での日常と、そんな彼と様々な神様たちの交流を描いていきます。

 

北欧神話の世界をそのまま使った世界観なので当たり前なのですが、北欧神話に出てくる神様の名前や用語が盛り沢山。
結構覚えにくそうな名前のオンパレードのはずなのに、あれもこれも聞き覚えあるぞ!?この単語って何か組織名とかに使われていた気がするんだけど何の作品だっけ!?と、読みながらやたらと思考が迷子になっていました。
日本のラノベやマンガは北欧神話のネーミングセンスを愛しすぎていると実感。

 

というわけで、大量の登場人物と用語が登場するにもかかわず、個人的にはスッと名前が頭に入ってくる作品でした。他の方にとってどうなのかは分かりませんが・・・・・・。

実際、最後まで覚えられなかったのはセイの本名だけだった気がします。主人公ェ。

 

そんなセイですが、これがすごく役得いっぱいのイノシシくん。
キュートなウリ坊の外見をしているため女神さまや戦乙女たちに可愛がられるのですが、その内心はスケベ丸出しの思春期少年。
開幕早々、しれっと「オーディン飲み」をやらかしている侮れないイノシシです。しかし嫌悪感はなし。なぜならイノシシだから。なんという美味しいポジションww

 

とはいえ、セイの仕事は食材になること。
コミカルに描いてますが、生きたまま茹でるとかミンチにするとか、普通に考えてエグすぎる。
途中で「喋る食材ってちょっと・・・」みたいな話が出てきたときに、「その感覚あったんだ!」と驚いてしまうくらいシュールな日常が馴染んだ主人公でした。

描写が残酷ではないのが読者的には救いですが、痛みはあるらしいのに毎日屠殺されるセイの日常には少し同情してしまいます。
ほんと、役得がなければやってられないですよ・・・・・・。

 

セイの可愛さと健気さとスケベさで突っ走った作品でしたが、彼を取り巻く脇役達もなかなか魅力的。
特にロキが良い具合の存在感を発揮していたのが好印象でした。悪友って感じが楽しいw
メインヒロインであるブリュンヒルデがいまいち目立ちきれなかったのは惜しい気もしましたが(キャラを出し過ぎた煽りを食らってしまった感)、彼女とセイのすれ違った関係性はとても可愛かったです。

 

ラストは「世界の崩壊の危機」という壮大な展開に持って行ったくせに、オチがしっかりとゆるい(?)もので笑いながら脱力しましたw
あのリスはとっちめて良いww

 

なかなか軽快で楽しい作品でした。
シリーズ化するなら続きも読むと思います(^^)/

スポンサーリンク
 
0

「ヴァルハラの晩ご飯 イノシシとドラゴンの串料理」への2件のフィードバック

  1. 関係ないですけど、この本ではないのですが初めてラノベを買う人を生で見ました(笑)

    1. 茶一こりんさん、コメントありがとうございます。

      それまさか私では・・・・・・w
      ラノベを買う人って、意外と見かけないものですよね。
      私の場合ラノベコーナーの滞在時間って秒単位なので(素早く立ち入り即目標を発見し迅速に購入)、皆さんそうなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。