【雑記】2016.2.6 ファンタジーの下位ジャンルはややこしい/オーバーラップ文庫のビッグプロジェクト始動/他


2月最初の雑記更新です。昨夜グリムガル4話をみて傷心中。

1.ファンタジーの下位ジャンルはややこしい
2.オーバーラップ文庫のビッグプロジェクト始動
3.みんなが望むアニメ化してほしい漫画・ラノベ
4.ラノベの杜アンケート「お気に入りライトノベル(2015年下半期)」結果発表
5.『ダンまち』ファン注目!あの2人のデートが読めるかも!?

以下に続きます。

 

1.ファンタジーの下位ジャンルはややこしい

 

「異世界ファンタジー」の定義が変わっている?(togetter)

『ロードス島戦記』は異世界ファンタジーではない……のかもしれない。(前島賢のラノベ以外)

ファンタジーのジャンル(ぐ~たらオタクの似非考察日記)

ここしばらく、「異世界ファンタジーって何だろう?」から「そもそもファンタジー内のジャンルはどうなってるのか」「ファンタジーのハイ/ローとは」と、なんだかネットが盛り上がっていたようです。

個人的には「異世界ファンタジー」の「異世界」というのは、「主人公のルーツがある世界」からみて「異なる世界」という意味であって、すなわち複数の世界があることを前提としたファンタジーという認識でした。
だから「現実と異なる世界」だけでキャラも物語も完結しているなら、それは「異世界ファンタジー」ではなく「ハイ・ファンタジー」じゃないの?と議論をみながら思っていたのですが・・・・・・違うの?(;`・ω・)

そもそもハイファンタジーって何?ローファンタジーって何?ということになるのですが、ここから既に私の認識は微妙なものだったらしい。

現実世界の要素が少しでも絡んだらローファンタジーで、ローファンタジーの下位ジャンルのひとつが異世界ファンタジーだと思ってたんですよね。
だから私にとって異世界召喚/転生ファンタジーは全てローファンタジーの括りだったんですけど(でもローファンタジーという意識はなかった)、これは流石に大雑把だった様子。言われてみれば確かに。

結局、現実社会が舞台ならローファンタジー、現実とは異なる世界が舞台ならハイファンタジー、ハイ/ロー関係なしに異世界が云々したら異世界ファンタジーということでいいの・・・・・・?

もうなんだかよく分からないので、自分が使うときはもっと細かい下位ジャンルで言い表していこうと思います。大きく纏めると混乱が生まれる。

とりあえず「魔法師グリーシャの騎士団」とか「翼の帰る処」とか「王女コクランと願いの悪魔」とか、あのあたりはハイファンタジーってことでいいんですよね。「鹿の王」とか「六花の勇者」とかも。

私の中の「ハイファンタジー作品」の枠が小さすぎて、今はまだ「異世界」要素が絡む作品をハイファンタジーと言うのは抵抗があるなぁ(´・ω・`)

 

 

2.オーバーラップ文庫のビッグプロジェクト始動

 

10人の「小説家になろう」トップ作家が紡ぐ至高のファンタジー、 3月25日にいよいよ始動!(オーバーラップ広報室)

「アルカディア=ガーデン」特設サイト

「小説家になろう」出身の人気作家10名によるシェアワールド企画だそうです。
なにげに音楽プロデュースにcosMo@暴走Pの名前があるのが気になる。なぜ音楽?テーマソングだけ?それともまたアニメ化前提企画なのでしょうか??
参加作家10名ということは、しっかり追いかけようと思ったらお財布的に大変なことになりそうですが、とりあえず注目しておきたいと思います。

 

 

3.みんなが望むアニメ化してほしい漫画・ラノベ

 

みんなが望む!アニメ化してほしい作品(マンガ・ラノベ)アンケート結果発表(アニメイトTV)

トップに上がってる「はんだくん」はつい先日、アニメ化が発表されましたねー。

『はんだくん』TVアニメ化決定 『ばらかもん』のスピンオフ(オリコンスタイル)

その下にきている「ボクラノキセキ」と「ホリミヤ」は真剣にアニメ化してほしい。
「ボクラノキセキ」は、逆異世界転生した高校生たちが、前世と現世の謎を追うミステリー&ファンタジー作品。
「ホリミヤ」は甘酸っぱすぎる青春恋愛漫画でWEB漫画のコミカライズ作品です。
知らないよって人は是非読んでみてほしい!

 

ラノベは「身代わり伯爵の冒険」シリーズが入ってるじゃないですか!マジでアニメ化して!
前に別のところで似たような話題になっていた「(仮)花嫁のやんごとなき事情」でも嬉しいのですが(/ω・\)チラッ

 

「黙示録アリス」はアニメ化したら嬉しいですけど、その前に新刊出してください(´;ω;`)

 

 

4.ラノベの杜アンケート「お気に入りライトノベル(2015年下半期)」 結果発表

 

アンケート「お気に入りライトノベル(2015年下半期)」結果発表(ラノベの杜)

ラノベの杜、ラノツイ、好きラノがネット上の3大ラノベ人気投票だと思うのですが、ラノベの杜のアンケートが一番売り上げに比例しているような気がします。魔法科つよい。
アンケート結果をみながら「次のアニメ化は『妹さえいればいい。』かな」とか思ったり。

 

少女向けは身代わり伯爵が1位かぁ。完結巻が素晴らしかったので妥当なところですね。
「隠れ姫いろがたり」も全2巻ながら読み応えのある平安恋絵巻でした。

 

 

5.ダンまちファン注目!あの2人のデートが読めるかも!?

 

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』あなたの選んだキャラが書き下ろし小説に!? 2/17まで (BOOK☆WALKER)

電子書籍ストアBOOK☆WALKER大賞受賞記念企画です。

GA文庫の大人気作品『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下:ダンまち)』のBOOK☆WALKER大賞の受賞を記念して、大森藤ノ先生の書き下ろしによるショートストーリーの配信が決定! そしてなんと、書き下ろしショートストーリーの登場キャラクターは、読者の皆様の投票で決定いたします! さらに投票期間中、2/8(月)9:59まで今だけコイン45倍キャンペーン中! 未読の方は、この機会をお見逃しなく!
投票のテーマは「あなたが応援したい出会い」です。ダンジョンで出会ったキャラクター達の組み合わせから、皆様の投票で一番票数の多かった組み合わせが書き下ろしショートストーリーに登場します。 2人で迷宮都市オラリオを1日デート!・・・という展開も、あるかもしれません。 書き下ろしショートストーリーは、今後配信予定の『ダンまち』10巻の購入特典(期間限定)として発表予定です。
投票期間:2016年2月4日(木)0:00~2月17日(水)23:59

これ、カップリングが色々あるんですけど、「オッタル♡フレイヤ」とか「アスフィ♡ヘルメス」とか「フィン♡リリ」とか「ヴェルフ♡ヘファイストス」とかまで網羅されてるんですよね。誰得・・・・・・は!私は得する!投票しなきゃ!

スポンサーリンク
 
0

「【雑記】2016.2.6 ファンタジーの下位ジャンルはややこしい/オーバーラップ文庫のビッグプロジェクト始動/他」への2件のフィードバック

    1. 茶一こりんさん、コメントありがとうございます。

      青春ブタ野郎のアニメ化は割とイケそうなんで、是非やってほしいものです( ・ㅂ・)و ̑̑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。