じっと見つめる君は堕天使


『じっと見つめる君は堕天使』(にゃお著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆

じっと見つめる君は堕天使 (角川スニーカー文庫)
じっと見つめる君は堕天使 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
第20回[秋]スニーカー大賞「特別賞」受賞作。
やる気のない天使候補生と彼女のパートナーとなった少年の日常物語。
コメディの勢いはとても良かったのですが、シリアスとのバランスに違和感が・・・・・・。
ただ物語としては綺麗にまとまっていると思います。
シリーズ化するなら、主人公と女友だちと天使のおかしな関係性に期待したいところ。

☆あらすじ☆
高校生・荒波浩之(あらなみひろゆき)の部屋に、天井をぶち抜いて現れた美少女サラサ。やる気のないジト目な彼女は、天使学院卒業試験の追試で人間界に送られた天人(てんじん)界の住人だった! 人間界で契約者(パートナー)を幸せに導けなければ、劣等生サラサは天使になれず、天人界にも戻れないのだが。
サラサにはまったくその気がなく、ジャージ姿で煎餅をバリボリ……。
ぐうたら天使候補生を愛でる? 日常観察系ラブコメ!
※電子版特典として、「小説家になろう」掲載バージョンのエピローグを収録!

以下、ネタバレありの感想です。

 

やる気がなさすぎる天使候補生サラサは、卒業試験の追試のために人間界に落とされてしまう。人間を幸せにしなければ天使になれないものの、天使になる気がさっぱりないサラサは、墜落先の高校生荒波浩之をパートナーに選び、彼に寄生して自堕落な生活を送ろうと画策。
一方、サラサに寄生された浩之はどうにか彼女の生活態度を改めさせようと奮闘して・・・・・・という感じにストーリーは進んでいきます。

 

序盤からサラサの高速回転するようなパロでメタな語り口が楽しくて(ネタ元はさっぱり分かりませんでしたが)、どうにか怠けようとする彼女の態度にニヤニヤしてしまいました。ジト目可愛い。

 

それだけに、あっさり改心しちゃったのは少し残念。
そこから周囲の友だちを幸せにしようというサラサの「天使らしさ」が表に出てくるのですが、もうちょっとダメ天使っぷりを引っ張ってほしかった気がします。キャラが固まらないうちにブレてしまった感じ。

 

ひとつひとつのエピソード自体は悪くないのに踏み込みが浅いというか、掘り下げが足りないことも気になりました。
サラサの改心もそうですけど、その後の翔子の虐めの話といい、最後のサラサ強制帰還のピンチといい、何だか感情面を描ききれないうちに物事だけ進んでいるような違和感があるんですよね。
「大切な存在」という着地点に向けてイベントスキップを繰り返してるような性急さ。
特にサラサと浩之がどういう経緯を経て絆を育んでいったのかあまり伝わってこないのは、とても惜しく感じました。

 

翔子の話を途中で割り込ませるよりもサラサと浩之の関係性の積み上げに集中した方が良かったような?
でもあれは浩之の人間性を示すエピソードだしなぁ・・・・・・。翔子の話自体は悪くないしなぁ。

 

苦言の多い感想になってしまうのは、巻数さえ与えられていればもっとうまく展開できたんじゃないか?という気持ちがあるせいかも。2、3冊使ってじっくり読んでみたかった。
キャラは悪くないし、テンポの良い会話は楽しいし、ギャグは笑えたので、今度はコメディ全振りな作品に挑戦してほしいなぁ。

 

最後の締め方はとても好みでした。
主人公と天使のラブコメではなく、浩之と翔子の恋をサラサが見守るという関係性が個人的に新鮮。改稿前のエピローグよりもオリジナリティを感じました。

 

というわけで続きか次回作に期待していますヾ(*˙︶˙*)

スポンサーリンク
 
0

「じっと見つめる君は堕天使」への4件のフィードバック

  1. なるほど、そういう物語でしたか。てっきり天使と人間の恋物語かと思ってました^^;TLにちょこちょこ上がってたので気にはなってたんですけど感想を読むと微妙な感じですな~。買うとなると二の足を踏んでしまうのでなろう版を読んでみようかな?

    1. カナタさん、コメントありがとうございます。

      サラサのパロ満載トークはかなり面白いんで、そこは一読の価値があると思いますよ!
      なろう版とはオチが少し変わっているのですが、天使と人の恋的な話なら、なろう版の方が良いかもしれません( ´∀`)b

    1. なきりさん、コメントありがとうございます。

      恐縮ですー。購入意欲がどちらに傾いたかは、あえて聞かないでおきますね…_(:3 」∠)_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。