ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。

『ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。』(望月充っ著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。 (ダッシュエックス文庫)
ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。 (ダッシュエックス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
第2回集英社ライトノベル新人賞「特別賞」受賞作。
殺人事件を目撃してしまったことから、JKボディガードに護衛してもらうことになった不運体質高校生の受難を描く物語。
ヒロインがドSすぎて、一体誰から身を守れば良いのか分からなくなるレベルw
ハイテンションなドタバタ劇がなかなか楽しい作品でした。

☆あらすじ☆
天下に並ぶ者がいないほど、破滅的に、神憑って、運が悪い高校生・向希純(むかいきすみ)はある日の下校途中、暗殺者ファントムの犯行現場を目撃し、次のターゲットとされてしまう。 すぐさま助けを求めに警察に駆け込むが、相手にされない希純。それでも食い下がる彼に刑事・室田万寿夫が紹介したのは、警備会社『SMG』(スクール・メイツ・ガーディアン)と呼ばれる謎の事務所だった。そこを訪れた希純を待っていたのは――なんと美人女子高生!? お金もない、頼るあてもない希純は設立されたばかりのSMGのモニターとして、沙耶香とボディガードの契約を結ぶことに。これで一安心と思った矢先…… 「あれ……? 俺、前より危ない目に遭ってない……!?」 希純に敢えて危険な橋を渡らせ、苦しむ姿をうっとりと眺める沙耶香。 実は彼女は真性のドSだった! 「護るべきか、虐めるべきか。それが問題ね」 不運な少年の強制ドMスクールライフ、危険に開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ボディガードな彼女いわく、サディスティック日和にて。

ご主人様のお目覚め係2

『ご主人様のお目覚め係2』(織川あさぎ著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

ご主人様のお目覚め係2 (一迅社文庫アイリス)
ご主人様のお目覚め係2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
ほのぼのとした雰囲気が魅力的なラブファンタジー第2弾。
WEB掲載分もここまでということで、これで完結かな? 全2巻で綺麗に話がまとまりました。
最後まで優しい甘さを堪能できて満足です( ´ ▽ ` )

☆あらすじ☆
とある事情から公爵邸で侍女として働いていたジゼルは、半年ぶりに実家がある西の砦へと帰ってきていた。さぁ、これから公爵家三男で魔法技師の青年シリルの傍に侍女として居続けるため、両親を説得しよう。そう思っていた矢先、実家へ飛んできたシリルが、「ジゼルの婿になりに来た」と宣言して!? って、傍にいるって、結婚するってことだったんですか!!寝ぼけ癖がひどすぎる青年と侍女のラブファンタジー第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ご主人様のお目覚め係2

ラブと貪食の黒戮呪剣

『ラブと貧食の黒戮呪剣〈コルドリクス〉』(宮澤伊織著/MF文庫J)★★★☆☆

ラブと貪食の黒戮呪剣〈コルドリクス〉 (MF文庫J)
ラブと貪食の黒戮呪剣〈コルドリクス〉 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
魔剣を持った少女に出会い、殺されかけた挙げ句に胃袋を掴んでしまった盗賊が、少女の巻き起こす騒動に巻き込まれていく物語。
魔剣にビビリながらもヒロインを気にしてしまう主人公と、彼にあっさり餌付けされてしまった腹ぺこヒロインの関係がやたら好みでしたw
終盤のあっさりめな決着がやや物足りないものの、コンパクトにまとまった良い作品だったと思います。
序章的な話にもとれるし、ぜひシリーズ化してほしい新作です。

☆あらすじ☆
吸魂力の変わらない、ただ一つの魔剣です。
汚れ仕事で生計を立てていた盗賊のジントは、なりゆきで大剣を背負った女剣士を拾うことに。少女の大剣は人の魂を贄にする魔剣……なのだけど、「うう、ジントぉ、おなかすいたぁ」「今は我慢しろ!」おや?【電子限定!描き下ろし短編付き】

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ラブと貪食の黒戮呪剣

剣魔剣奏剣聖剣舞

『剣魔剣奏剣聖剣舞』(嬉野秋彦著/MF文庫J)★★★☆☆

剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)
剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
『黒鋼の魔紋修復士』の嬉野秋彦さんの最新作。
タイトルのインパクト通りに、たくさんの剣と剣士が登場する西洋風戦記ファンタジーです。
前作の時も思ったのですが、世界観が凝りすぎてて1巻は設定を把握するだけでも難儀しますね・・・・・・ストーリー的にも盛り上がりに欠けていたのは残念。続けば面白くなっていくんだろうなぁ、という信頼はありますが。
そして相変わらずキャラのクセがすごい。主人公のアクは強いし、ヒロインは考えが足りないし(´・ω・`)
こ、これもおそらく続けば魅力が開花していくに違いない!

☆あらすじ☆
『黒鋼の魔紋修復士』の嬉野秋彦最新作! 最強剣聖が世界を弄ぶ邪道戦記!
不壊の“神剣”を駆る“剣聖”が戦う戦乱の時代。王国の神剣を強奪したリューインは美少女揃いの剣聖集団“絶華十剣”のひとり、ソーロッドの追撃を受けるも窃盗、脱獄、公然猥褻、覗きにセクハラとやりたい放題で?【電子限定!描き下ろし短編付き】

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 剣魔剣奏剣聖剣舞

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!2

『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!2』(海空りく著/GA文庫)★★★☆☆

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2 (GA文庫)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
異世界で市民革命を目指す超人高校生たちの活躍を描くファンタジー第2弾。
今回は自陣営の地盤固めと次回以降への前振り的な意味合いが強いストーリーでしたが、あちらこちらキナ臭くて楽しくなってきましたw

☆あらすじ☆
「では諸君。歴史を急き立てるとしよう」
地方領主をいともあっさりと打倒した超人高校生たちは、冬の終わりとともに始まるだろう帝国との全面対決に向けて、準備を開始する。
そんな彼らが最初にとった方策は『宗教』!?
天才マジシャンのプリンス暁が現人神・ゴッド暁として奇跡の御業を示し、さらに桂音の医療技術や葵の武力など、それぞれが能力を生かして人々に実利を与えることで信仰を集め、超人高校生たちは急速に勢力を拡大していく!
帝国の理不尽な圧政に苦しめられてきた人々を、地球最高の叡智と技術で導く異世界革命物語第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!2

神神神は、罪に三度愛される

『神神神(かがみしん)は、罪に三度愛される』(梨沙著/朝日エアロ文庫)★★★★☆

神神神は、罪に三度愛される (朝日エアロ文庫)
神神神は、罪に三度愛される (朝日エアロ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
「華鬼」で知って以来、梨沙さんの著作は色々と読んできたはずなのですが、本作はまさしく新境地の作品といえるのではないでしょうか。
主人公と幼なじみが合宿で訪れた廃校。そこで起こった猟奇的な殺人事件。
誰なのか分からない殺人犯への恐怖と、誰が何をするか分からない恐慌状態。
嵐に取り残されてしまった廃校を舞台に描かれるミステリーは、スリリングでとても読み応えがありました。
が、しかし。
この結末は予想していなかった・・・・・・。
とても切なくて、胸が苦しくなるような読後感。それでも、もう一度最初から読みたくなる作品でした。

☆あらすじ☆
高校生の僕と幼なじみの日和が所属する、超常現象研究部が夏合宿で訪れたのは、廃校になったばかりの中学校。台風直撃の予報の中、強行された合宿で先輩の変死体が発見される。惨劇を機に、嵐の廃校で明かされる三つの罪、愛しくも残酷な真実──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神神神は、罪に三度愛される

ゴブリンスレイヤー

『ゴブリンスレイヤー』(蝸牛くも著/GA文庫)★★★★☆

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年2月刊。
私事ですが、2日ほど胃腸炎に苦しんでました。本を読めないのが一番辛かった。
未だ微妙に残る吐き気にウンザリしながら、ラノベ読み復帰第1弾に選んだのがこちら。
選択ミスったかもなぁと泣きそうになるくらい、グロい。エグい。ムゴい。
うっうっ・・・・・・となりつつどうにか読み切ったのですが、いやもうすっごく面白かったです!選択ミスじゃなかった!
最弱の怪物であるゴブリンを殺すだけの存在「ゴブリンスレイヤー」。
同じ冒険者から見ても異質で奇矯な彼が、どのようにしてゴブリンを狩るのか、なぜゴブリンを狩るのか、そしてその先に何を見るのかを描く物語。
醜悪な怪物にゾッとさせられる作品でしたが、終盤へのカタルシスに胸が熱くなりました。
綺麗に話は終わっているのですが、続きが出るとのこと。楽しみです(^^)

☆あらすじ☆
「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」
その辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。
冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。それを助けた者こそ、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。
彼は手段を選ばず、手間を惜しまずゴブリンだけを退治していく。そんな彼に振り回される女神官、感謝する受付嬢、彼を待つ幼馴染の牛飼娘。そんな中、彼の噂を聞き、森人(エルフ)の少女が依頼に現れた――。
圧倒的人気のWeb作品が、ついに書籍化! 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー

黒崎麻由の瞳に映る美しい世界

『黒崎麻由の瞳に映る美しい世界』(久遠侑著/ファミ通文庫)★★★★☆

黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 (ファミ通文庫)
黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年1月刊。
第16回えんため大賞優秀賞受賞作。
少しオカルトを交えつつ、儚く透明感のある青春小説として面白い作品でした。
1巻だけだと消化不良気味なので、上下巻と考えて2巻と一緒に読んで方が良いでしょうね。
主人公とヒロインの関係性が好みだったのですが、高校生の息づかいが聞こえてきそうな日常風景の自然な描写も魅力的でした。

☆あらすじ☆
誰よりも純粋で、優しく、孤独な「黒」に、僕は吸い込まれた――。
高校入学の日から、彼女の異様な大人しさは僕の印象に残った。誰もが気になって仕方ないほどの存在感を持ちながら誰も触れられなかった彼女――黒崎麻由。文化祭の準備の中、僕とのささいな会話をきっかけに、黒崎は少しずつクラスに迎え入れられていくのだけど、彼女には僕たちの知らない影が寄り添っていて……。そんな彼女のそばに、僕はいたいと思った――。えんため大賞優秀賞、美しく危うく脆い二人の「黒」が織り成すドラマティック青春ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。
続編「黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 amorosamente」の内容も含めた感想です。

続きを読む 黒崎麻由の瞳に映る美しい世界

かくりよの宿飯3 あやかしお宿に好敵手きました。

『かくりよの宿飯三 あやかしお宿に好敵手きました。』(友麻碧著/富士見L文庫)★★★★☆

かくりよの宿飯 三 あやかしお宿に好敵手きました。 (富士見L文庫)
かくりよの宿飯 三 あやかしお宿に好敵手きました。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
飯テロ×あやかしファンタジー第3弾。
今回もハラペコ小説でしたが、ラストに急展開へ。
これは続きが気になる・・・!そしてなぜか急激にわんこ化している大旦那様が気になる・・・!

☆あらすじ☆
南の地からライバル宿、襲来! 大旦那不在の天神屋を葵たちは守れるか!?
現世出張で大旦那様が不在の天神屋に、ライバル宿「折尾屋」の幹部たちがやって来た! 銀次の以前の同僚や暁の師匠など、因縁の多い面々の登場に、天神屋は大騒ぎ。もちろん”鬼嫁”葵も無関係ではいられず……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かくりよの宿飯3 あやかしお宿に好敵手きました。

君と時計と塔の雨 第二幕

『君と時計と塔の雨 第二幕』(綾崎隼著/講談社タイガ)★★★★☆

君と時計と塔の雨 第二幕 (講談社タイガ)
君と時計と塔の雨 第二幕 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


絶望感凄まじいタイムリープミステリ第2弾。
そうくるかーーーーっっ!!!と思わず唸ってしまいました。
めちゃくちゃ面白かったのですが、でも、え、ほんと、これ、どうするの(;`・ω・)
ちなみに4部作とのことで、表紙を並べると一枚絵になるのだとか。しまった紙本で買えば良かった!

☆あらすじ☆
愛する人を救えなければ、強制的に過去に戻され、その度に親友や家族が一人ずつ消えていく。自らがタイムリーパーであることを自覚した綜士は、失敗が許されない過酷なルールの下、『時計部』の先輩・草薙千歳と、不思議な同級生・鈴鹿雛美と共に、理不尽なこの現象を止めるため奔走を始める。三人が辿り着いた哀しい結末とは!? 新時代のタイムリープ・ミステリ、待望の第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君と時計と塔の雨 第二幕