聖女と王様


『聖女と王様』(かなざわありこ著/ビーズログ文庫)★☆☆☆☆

聖女と王様 (ビーズログ文庫)
聖女と王様 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。
「闇の皇太子」シリーズの金沢有倖さんが別名義(になるのか?)で出した勘違い系溺愛ラブコメ。
誤字脱字が本当に凄まじく、面白い面白くない以前の問題です。
私は小説の誤字脱字をあまり気にしないタイプの人間だと思っていたのですが、ちょっと認識を改めないといけないのかもしれません。脳内補完が追いつかないレベルってどういうこと。
文法もなんだかおかしくて、書いてある日本語の意味を理解するところから躓くという・・・・・・。
そうして読んだストーリーもあまり好みじゃありませんでした。残念。

☆あらすじ☆
絶対的王者が恋をすると──!? 強力タッグで贈る胸キュンラブ登場!
世界を統べる頂点──有能だが冷酷と評判の王帝の即位承認式のため、聖域から出てきた世間知らずの翡翠。ちょっと(シスコンの)国王の兄のところへ行こうとしたら、いつものように迷子になってしまった! 実は翡翠は王帝すらも跪かざるをえない【聖乙女】。周りが捕獲に走る中、翡翠は美貌の男と出逢う──が、それは何か誤解だらけの出逢いで!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

各王国の政治的な頂点に立つ「王帝」と宗教的な頂点に立つ「聖乙女」。
王帝白金と聖乙女翡翠はそれぞれの素性を知らないまま出会い、互いに一目で恋に落ちたものの、正体に関する勘違いが勘違いを生んでいって・・・・・・という感じに進むラブコメです。

 

誤字脱字文法の酷さは上に書いた通りなので割愛しますが、最初の白金と琥珀の会話による世界観説明パートからして本当に辛かったです。

 

そこを堪えて最後まで読んではみたものの、物語そのものが私には合いませんでした。

第一に、翡翠が魅力的に思えなかったんですよね。
純粋培養箱入り娘で世間知らずなのは分かりますが、この子はどちらかというとお馬鹿さんの部類・・・・・・。
周囲が溺愛する翡翠の魅力って「容姿」と「優しさ」だけなんですが、前者はともかく後者は優しさを感じるエピソードありましたっけ?使用人と対等に接するとか、真名をみんなに広めようと提案したこと?
真名の普及についてはメリット・デメリットがよく分からないこともあって、その提案に何の意味があるのか疑問でした。

 

翡翠と白金のラブコメについても、一目惚れだけですし。
一目惚れしたあとに、更に想いが深まるような展開もなく。二人で喋ってるときも翡翠はあうあうしてただけだし・・・・・・。

 

うーん・・・・・・。

 

主役二人よりも周囲のキャラの方が良かったかも。
シスコン琥珀と、双子や紅玉はキャラは立ってましたし。彼らのスピンオフがあったら読むかもしれません。

聖女と王様 (ビーズログ文庫)
かなざわありこ
KADOKAWA/エンターブレイン
スポンサーリンク
 
0

「聖女と王様」への2件のフィードバック

  1. 最近、この作者さんの闇皇シリーズがすさまじい乱文になっているので新シリーズを買うのを躊躇っていたのですが、そんなに酷いとは……。
    これから金沢先生の新シリーズは、発売後暫く様子見ですね(((・・;)

    1. もがりさん、コメントありがとうございます。

      闇の皇太子シリーズも最近は乱文なんですね。
      個人的に商業作品として疑問に感じるレベルだったので、私も次回から様子見すると思います(・ω・;)
      文章が気にならないくらい話かキャラに萌えることができれば良かったんですけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。