MONUMENT あるいは自分自身の怪物

『MONUMENT〈モニュメント〉 あるいは自分自身の怪物』(滝川廉治著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

MONUMENT あるいは自分自身の怪物 (ダッシュエックス文庫)
MONUMENT あるいは自分自身の怪物 (ダッシュエックス文庫)

2015年11月刊。
魔術が存在するけれど、結局は似たような歴史を歩んできた世界を舞台にしたダークファンタジー。
謎めく展開と凝った伏線が面白い作品でした。
言い回しが難解に感じられて読むのに時間がかかってしまいましたが、それだけ読み応えは抜群でした。
終わり方が微妙にスッキリしないのですが、続きはあるのだろうか・・・・・・

☆あらすじ☆
人類が火を熾すよりも先に、発火の魔術に目覚めた世界。 旧ソ連出身の孤独な少年工作員ボリス・カルノフは、とある少女の護衛依頼を受ける。少女の名前は千種トウコ。一億人に一人といわれている『賢者』の魔力資質を持った魔術師らしい。ボリスの任務は彼女が『ピラミス魔法学院』を卒業するまで、あらゆる危険から護り抜く事だという。 どうにも不透明な依頼を怪しむボリスだが、訪れたピラミス島の地下に眠る超古代魔法文明の遺跡『モニュメント』をめぐる戦いに巻き込まれて、自分自身と世界に秘められた真実に邂逅する!! 絶望からはじまり、未来に挑むネオ・ファンタジー、開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む MONUMENT あるいは自分自身の怪物

正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む

『正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む』(慶野由志著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む (ダッシュエックス文庫)
正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む (ダッシュエックス文庫)

2015年11月刊。
付喪神の持ち主となった主人公が、付喪神によって起こされた事件の謎を追うというシースルー青春ラブコメ!
何がシースルーって主人公の思考が開けっぴろげなんですよね。
思考欲望ダダ漏れですが、びっくりするくらい気持ちよく真っ直ぐな主人公。
そして、そんな彼の性質がストーリーそのものの大きな要となっている物語です。優しさをここまで愚直に貫けるのはとても素敵。
主人公のキャラがかなり面白かったので、ぜひシリーズ化してほしいです(^▽^)

☆あらすじ☆
考えたことすべてが言葉と表情に出てしまう「正直バカ」の高校生・春先真太郎は、転校してきたばかりの憧れの美少女、神楽琴葉や、エロス探求に燃える十月九日、常時暴走気味の更級燐子といった残念美少女たちとの青春生活を送っていた。だが生徒や先生が急に意識を失って倒れる『連続昏倒事件』が学校で頻発していて、ある日燐子も昏倒してしまう。そんな中、真太郎の自宅に「鏡の付喪神」だという少女が現れる。“心の姿を映す能力“を持つ彼女と共同生活を送ることにする真太郎だったが、その翌日、突然自宅を訪ねてきた神楽が「その付喪神を今すぐ渡せ」と要求してきて――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 正直バカはラブコメほど甘くない青春に挑む

モーテ3 夢の狭間で泣く天使

『モーテ 夢の狭間で泣く天使』(縹けいか著/MF文庫J)★★★★☆

モーテ ‐夢の狭間で泣く天使‐ (MF文庫J)
モーテ ‐夢の狭間で泣く天使‐ (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
1巻から続いていた、大きな因縁に決着がつく第3巻。
それはそれとして、読み終えると表紙を見るだけで胸が詰まります。なんで・・・・・・こんな・・・・・・。

☆あらすじ☆
――俺は、アミヤをこの手で殺したい
モーテを発症し、荒んでいくアミヤを見かねたダンテはグラティアを脱走する。起こるはずもない奇蹟を信じる彼らだったが、自殺衝動を止められず苦しむアミヤは言った――ダンテに殺してほしい、と。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む モーテ3 夢の狭間で泣く天使

萌神

『萌神(モエジン)』(十文字青著/一迅社文庫)★★★☆☆

萌神 (一迅社文庫)
萌神 (一迅社文庫)

前巻の感想はこちらから


2010年8月刊。
第九シリーズ第4弾。
感想が!書きづらい!!
無気力な高校生のもとに舞い降りた萌えの精霊。彼女によって主人公はハーレムラブコメ顔負けの日常を送ることになるのですが・・・・・・。
終盤の超展開に衝撃を受ける作品でした。

☆あらすじ☆
人生はつまらない。それがあたりまえだと思って生きてきた吉次。だが、友人の“中佐”にそれではいけないと諭され、未だ知らぬ“萌え”を探求することに。しかし、中佐に渡されたマンガ本や小説、アニメなどを見ても、なにも感じない吉次。吉次には萌えがまったく理解できない。ついに中佐はアドバイザーとして、萌えの精、もえるを召喚する。果たして吉次は萌えを知ることができるのか…!?第九高校で、君は萌えの神を見る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 萌神

君から受け継ぐ英雄系譜

『君から受け継ぐ英雄系譜〈ブレイブ・クロニクル〉』(熱井拳也著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

君から受け継ぐ英雄系譜<ブレイブ・クロニクル> (オーバーラップ文庫)
君から受け継ぐ英雄系譜<ブレイブ・クロニクル> (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
第2回オーバーラップ文庫小説大賞「銀賞」受賞作。
異世界から自分たちの世界を守る少年と少女の物語。
病的なシスコン主人公が熱い戦士に変わる後半の展開こそが本番です。
バトルシーンが魅力的な作品でしたが、最後の展開は雰囲気的に予想外でした。つらい。

☆あらすじ☆
俺には“世界最強”しか許されない。
《星術》と称される異能を操り、異世界の侵攻から世界を守る“星術師”。その育成機関“星門学園”に通う黒乃刻哉(くろのこくや)は、とある欠陥を持つ最低ランクでありながら“世界最強”の幼馴染・雪銀(ゆきがね)ユキヒメに挑むも、連戦連敗してしまう。そんなある日、異世界の侵攻を受け状況は一変。世界の命運を賭け最前線で戦う刻哉たちだが、異世界の王レッジェの強さを前に絶体絶命の窮地に陥り――!?
「私の全部をあげるわ。だから、勝たないと許さないんだから!」「しょうがねえな……世界でもなんでも守ってやるよ!!」
少女の意志を受け継ぐとき、少年は“世界最強”の英雄となる――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君から受け継ぐ英雄系譜

デート・ア・ライブ13 二亜クリエイション

『デート・ア・ライブ13 二亜クリエイション』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

デート・ア・ライブ (13) 二亜クリエイション (ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ (13) 二亜クリエイション (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年10月刊。
新たな精霊はオタクだった!という第13巻。
今回ちょっと終盤が急ぎ足気味なのが気になりましたが、新たなヒロイン登場でシリーズ的にも動きのあった面白い回でした。

☆あらすじ☆
第9の精霊、オタクで漫画家の二亜をデレさせろ!?
士道は道ばたで空腹により倒れていた第9の精霊、二亜と出会う。二亜をデレさせるため、オタクデートをすることになる士道だが……。「私――二次元にしか恋したことないんだ」衝撃の事実が発覚し――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ13 二亜クリエイション

暗黒騎士を脱がさないで #エールリンク #OLになりたい #ダークデーモンドアの使い手

『暗黒騎士を脱がさないで #エールリンク #OLになりたい #ダークデーモンドアの使い手』(木村心一著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

暗黒騎士を脱がさないで #エールリンク #OLになりたい #ダークデーモンドアの使い手 (ファンタジア文庫)
暗黒騎士を脱がさないで #エールリンク #OLになりたい #ダークデーモンドアの使い手 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
OLになりたい女子高生暗黒騎士と、神になりたくなかった男子高校生の勘違い系ラブコメ。
ツボに入るところはお腹抱えて笑うレベルでした。これは外で読めない!
バトルありギャグありシュール満載。そして暗黒騎士さんは乙女可愛い。
面白かったです(´∀`*)
どうでもいいのですが、主人公の正体、バレバレなのに最後まで気がつかなかったのがやたら悔しい・・・・・・。

☆あらすじ☆
「これはゾンビですか?」の木村心一が贈る第9回龍皇杯優勝作!
暗黒騎士ことエリーは、鞍馬啓治に恋をした。そして、彼もまた暗黒騎士である彼女に恋をしていた。普通なら両思いでもおかしくない二人だけど、エリーは啓治が別の人を好きになったと勘違いをしてしまい――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 暗黒騎士を脱がさないで #エールリンク #OLになりたい #ダークデーモンドアの使い手

デート・ア・ライブ アンコール4

『デート・ア・ライブ アンコール4』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

デート・ア・ライブ アンコール (4) (富士見ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ アンコール (4) (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年8月刊。
デアラ短編集第4弾。
最後の短編が意味深で気になります・・・・・・。

☆あらすじ☆
さあ――彼女たちの私的な戦争を、始めよう!
十香がバニーガール姿でアルバイトに挑戦!? 四糸乃が潜入任務のエージェントとして活躍!? そして発動される禁断の『折紙普通化計画』。精霊たちのプライベートが次々と明かされる!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ アンコール4

【雑記】2015.11.27 オススメの単巻ラノベ/ラノベの作家買い/他

暖房オンしました。寒すぎて。あとマイナンバーきました。九州は遅れてるって話だったのですが、どこもようやく届きはじめたようですね。

1.オススメの単巻ラノベ
2.ライトノベルに作家買いはあるのか
3.スペースオペラの時代はくるのか
4.「ゼロの使い魔」最新刊の発売日が決定
5.プロジェクト・クオリディアは始動しています

以下に続きます。

続きを読む 【雑記】2015.11.27 オススメの単巻ラノベ/ラノベの作家買い/他

エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 3

『エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 3』(東龍乃助著/MF文庫J)★★★★★

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (3) (MF文庫J)
エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (3) (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
この展開を待っていた!!
このラノ2016新作部門で見事第1位を獲得した期待のロボラノベシリーズ第3弾。
今回の熱すぎる展開は、素晴らしかった1巻2巻すらも超えていました。
苦しいほどに押さえつけて、これでもかと待ち焦がれさせて、そうして終盤に全力で解き放つ壮絶なカタルシス。後半の燃え上がる気持ちをどう抑えろというのか!
痛々しいほどに「ヒーロー」な主人公。彼を慕い死力を尽くす仲間たち。
前巻までのアレコレを経てそれぞれのキャラクターが本当に魅力的に育ってきています。
何より彼女の覚醒が!これ!これを見たかったんです!!!!

☆あらすじ☆
とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第三弾!
氷室義塾の活躍は大きな注目を浴び、アメリカからデータ採取のため無人島遠征の依頼を受ける。だが謎の武装組織、さらにマリスが来襲。無事これを退けるものもエイルンが全治3ヶ月の重傷を負ってしまい……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 3