0能者ミナト9

『0能者ミナト〈9〉』(葉山透著/メディアワークス文庫)★★★★☆

0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫)
0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫)

前巻までの感想はこちらから
0能者ミナトシリーズ感想記事一覧(旧ブログ:みかこの読書日記)

1年ぶりの新刊です。めっちゃ待ってました!
今回はドラマCD付特装版も同時発売。ドラマCD付きというものを買うのは久しぶりでしたが、とても良かったです。ぜひこのキャストでアニメ化を・・・・・・!
本編は相変わらずの面白さ。今回はスケールも(物理的に)壮大な内容となっていました。ミナトの推理が冴え渡ります( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
累計57万部超のベストセラー、第9弾!
怪異を知る者でもにわかには信じがたい、神話上の存在。だが、それはいた。身長2000メートル、超弩級の怪異。ダイダラボッチの出現は終末すら予感させるものだった。そのひと足で町が壊滅する。天災級の怪異に、公安調査庁、防衛省も動く事態に発展する。防衛省幹部、幕僚らが居並ぶ席に、ラフな服装の青年がひとり。場違いな雰囲気をこれ見よがしに発散する湊である。人知が及ばぬ無敵のダイダラボッチに対し、湊は驚くべき作戦を提案する。それは神話を現代物理学で解明する、神への挑戦とも言えるものだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 0能者ミナト9

文句の付けようがないラブコメ4

『文句の付けようがないラブコメ4』(鈴木大輔著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

文句の付けようがないラブコメ 4 (ダッシュエックス文庫)
文句の付けようがないラブコメ 4 (ダッシュエックス文庫)

前巻の感想はこちらから
文句の付けようがないラブコメ3 | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
再び出会ったセカイとユウキ。
今回は敵同士ということで・・・・・・心が・・・・・・心が削られる・・・・・・

☆あらすじ☆
またしても為された再構築。新たな世界で桐島ユウキに割り振られた役割は、これまで敵だったはずの九十九機関の側に立つこと。しかも彼は、神鳴沢セカイを使役して世界を救う使命を帯びていた。苦痛に満ちた”お務め”を果たすことに疲弊しているセカイは、ユウキに対して冷え切った態度を取るが、ユウキはあくまでも忠実に役割を果たしていく。そうするうち、縮まるはずのなかったふたりの関係はゆっくりと変化していくのだった。そんな折、とある一夜の出来事が、彼らの距離を急速に近づけていくことになるのだが――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 文句の付けようがないラブコメ4

【雑記】2015.9.29

昨日はスーパームーンだったそうですね。福山雅治結婚のショックで騒いでいたので見逃しました・・・・・・。

1.十五夜に読みたいラノベ
2.もうすぐ10月。ということは来るかBOOK☆WALKER大セール!
3.フジリュー版銀英伝!?
4.「りゅうおうのおしごと!」の小ネタになるほど
5.キャラデザの指示ってどうなってるんだろう?

以下に続きます(`・ω・´)ノ

続きを読む 【雑記】2015.9.29

銀炎の七ツ姫と七禍の王子

『銀炎の七ツ姫と七禍の王子』(手島史詞著/一迅社文庫)★★★☆☆

銀炎の七ツ姫と七禍の王子 (一迅社文庫)
銀炎の七ツ姫と七禍の王子 (一迅社文庫)

2015年9月刊。
個人的には「飛べない蝶と空の鯱」(ガガガ文庫)以来の手島作品でしたが、面白かったです。
婚約者が暗殺を仕掛けてきた!という謎めく展開から始まるバトルファンタジー。
飄々とした第二王子と、彼に振り回される侍女、そして王子の命を狙う婚約者。
基本的にこの3人を中心に暗殺に隠された謎を追っていくのですが、「殺し愛」を軸においたストーリーがとても楽しかったです。殺し合ってるのにいちゃいちゃしてる・・・・・・!
あとがきを読むとシリーズ化を予定しているようなので、次巻も期待したいと思います。

☆あらすじ☆
ソティラス王国は王国を支える魔術師“クエーカー”の中でも特に強大な魔力を持つ「七ツ姫」の一族の力により支えられてきた。王国の第二王子のファルシオン・オリヴェル・ソティラスことシオンは、そんな七ツ姫のうら若き乙女“七歌”と彼女が16歳の誕生日を迎えた日に念願の婚約をはたすのだが、その夜、寝所でこれまでの淑女然としていた七歌の態度が一変し、炎の短剣でシオンを殺そうとする。七歌はある理由からシオンを殺さねばならないのだという。間一髪のところで七歌の深窓の令嬢にはあるまじき激烈な剣さばきをかわしたシオンだが、七歌に呪いをかけられるとともに、城下町に隠れた七歌によりところ構わず命を狙われる羽目に。シオンは執拗に命を狙う七歌を説得することができるのか。そして七歌の真の目的とは?昼行燈を装う第二王子と暗殺姫が織りなす対決ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 銀炎の七ツ姫と七禍の王子

りゅうおうのおしごと!1

『りゅうおうのおしごと!』(白鳥士郎著/GA文庫)★★★★☆

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)
りゅうおうのおしごと! (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年9月刊。
将棋モノということで少し迷っていたのですが、読んでみて大正解でした!超面白かったです!!
将棋の基本的なルールすら知らない私でも最後まで楽しく読めました。具体的に何がどうなってるのかを十分理解できていなくても、将棋に賭ける情熱が文面からひしひしと伝わってきて、それだけで燃えたので大満足です。あと、ラブコメパートはひたすら笑えたので、そういう面でも良作でした。
「のうりん」作者ということでちょっと警戒していた下ネタも(ごめんなさい)、とても軽い程度だったので安心しましたw
とても期待の新シリーズです。続きも楽しみ!

☆あらすじ☆
玄関を開けると、JSがいた――「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。「え? ……弟子? え?」「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――
『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え、最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む りゅうおうのおしごと!1

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント1

『ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント1』(ネコ光一著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 1 (オーバーラップ文庫)
ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 1 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年9月刊。
前世が最強のエージェントだった少年が主人公の異世界転生モノ。
異世界召喚系は結構読んでいるのですが、実は異世界転生の作品ってあまり読んでなかったような気がします。
転生系お約束(?)の幼少期がちょっとダルくて・・・・・・。
でもこの作品はそんな幼少期に築き上げられる家族の優しい絆が素敵だしちょっと泣けてくるシーンもあったりして、最後まで飽きずに楽しく読めました。
1巻まるごとプロローグではあるものの、続きも期待したい新作です。

☆あらすじ☆
シリウス――かつて世界最強のエージェントだったが、仲間のために命を落とし、異世界に転生をしてしまった少年。
彼は、前世で果たせなかった『後継者育成』を目標とし、引き継がれた知識と経験をもとに、出逢った人々の生き方に大きな影響を与えていく。“師匠”として――そして、時に“憧れの男”として。
「失うものがないなら、俺についてこい。この世界での生き方を教えてやる」
最強のエージェントだった少年が、弟子と共に歩む異世界式育成ミッション、いまここに始動!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント1

Re:ゼロから始める異世界生活7

『Re:ゼロから始める異世界生活7』(長月達平著/MF文庫J)★★★★☆

Re:ゼロから始める異世界生活 7<Re:ゼロから始める異世界生活> (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活 7<Re:ゼロから始める異世界生活> (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
Re:ゼロから始める異世界生活Ex 獅子王の見た夢 | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
アニメ化決定おめでとうございます!
今回はいよいよ白鯨討伐へ。
少年向けラノベではとても珍しい(?)おじいちゃん表紙ですが、確かに内容を考えるとこれしかないですね。ヴィルヘルム、めちゃくちゃかっこ良かったです。もちろんスバルも!

☆あらすじ☆
度重なる死に一度は心を折られ、しかしレムの言葉に再起を誓ったナツキ・スバル。『死に戻り』した記憶を活かし、スバルは王選候補者であるクルシュやアナスタシアを巻き込み、魔獣『白鯨』の討伐に打って出る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Re:ゼロから始める異世界生活7

魔法少女育成計画1

『魔法少女育成計画』(遠藤浅蜊著/このライトノベルがすごい!文庫)★★★★☆

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)
魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)

2012年6月刊。
前々から読みたかったにもかかわらず、新刊も古本も売り切れ、電子書籍もなしという見事なまでの入手困難さに頭を抱えていた本作。
アニメ化決定!ということで全巻重版が決まり、晴れて手に入れることができました!!ε٩( ºωº )۶з

ワクワクしながらいざ読んでみると、予想以上に鬱な内容に衝撃。
事前に「16人の魔法少女が登場するバトロワもの」とは聞いていたものの、それでもキャラや小物の可愛さと内容とのギャップに戸惑うしかなく・・・・・・。面白かったんですけど、読みきった後の疲労感がものすごいですね、これ(´;ω;`)
割とグロめ描写が多かったのですが、アニメどうなるんでしょう?楽しみですw

☆あらすじ☆
大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、十六人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた……。第2回「このラノ」大賞・栗山千明賞受賞作家の遠藤浅蜊が贈る、マジカルサスペンスバトル!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法少女育成計画1

左遷も悪くない2

『左遷も悪くない2』(霧島まるは著/アルファポリス)★★★★☆

左遷も悪くない〈2〉
左遷も悪くない〈2〉

前巻の感想はこちらから
左遷も悪くない1 | 晴れたら読書を
2014年6月刊。
今回も面白かったです。
この作品の雰囲気が心地よすぎて、読んでる間ずっとニヤニヤしてました・・・・・・外では読めないなぁ(ノ´∀`*)

☆あらすじ☆
左遷された軍人ウリセスは、嫁レーア、家出してきた妹ジャンナとともに、ゆっくりと田舎の生活に馴染み始めていた。そこへ舞い込んだ、部下エルメーテとジャンナを巡る騒動。静かな日々が、にわかに騒がしくなっていく―寡黙な鬼軍人&不器用新妻の癒し系日常ファンタジー第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 左遷も悪くない2

背景まで美しく描き込まれた表紙の良さを語りたい。(その2・少女小説&ライト文芸編)

デ・コスタ家の優雅な獣4<デ・コスタ家の優雅な獣> (角川ビーンズ文庫)

前回は、少年向けライトノベルレーベルの作品から美麗の表紙を紹介しました。

背景まで美しく描き込まれた表紙の良さを語りたい。(その1・少年向けライトノベル編) | 晴れたら読書を

 

続く今回は、少女小説とライト文芸の作品を紹介していきたいと思います。
前回同様、全てジャケ買い推奨作品です(^^)/

続きを読む 背景まで美しく描き込まれた表紙の良さを語りたい。(その2・少女小説&ライト文芸編)