路地裏バトルプリンセス2


『路地裏バトルプリンセス2』(空上タツタ著/GA文庫)★★★☆☆

路地裏バトルプリンセス 2 (GA文庫)
路地裏バトルプリンセス 2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
路地裏バトルプリンセス1 | 晴れたら読書を
2015年5月刊。
コスプレ×ステゴロ小説第2弾。
表紙の小町が色々すごいw
今回は小町が目立ってて、小町派の私大満足でした((・´∀`・))

☆あらすじ☆
「でも、お前が心配なんだよ」
「ええー!! ……って、ちょっと日月。きみあれでしょ。私の心配じつは二の次でしょ」
不審者出没に悩む小町の護衛を建前に、アニメの聖地と化した佐倉女学院へ女装で潜入する日月。ところが――
「惰弱脆弱。いけませんね弱い男は」
現れた不審者を制したのは、日月たちと同じくコスプレで学校に潜入していた三つ編みの少女だった。しかも彼女は、引退した元6位の血闘者≪跳拳妖精(スプリンガン)≫だと名乗り――!?
一方≪血闘≫自粛中の路地裏では、血闘者だけを狙う襲撃事件が横行。果たしてその目的は……。白熱の路上バトルアクション第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

「血闘」が中断している路地裏で起こった血闘者を標的にした連続襲撃事件。
不審な事件の一方で、日月はストーカーに狙われているらしい小町の護衛をすることになって・・・・・・というのが第2巻のストーリーでした。

 

今回は小町回といって過言でないほど小町が目立っていて大満足。小町はどんどん恋する乙女になっていってて、めちゃくちゃ可愛いです( *´艸`)
とはいっても要所で來未が存在感を発揮しているので、やはりダブルヒロインな感じではあるんですけど。

ダブルヒロイン・・・・・・いや、日月もヒロイン・・・・・・?
日月の女装コス姿が初めてイラストつきましたけど、予想以上に美少女でしたwwこれは可愛いwww
コスプレのために女子校に潜入する主人公(一応護衛目的)ってなんかすごいですね。

 

前巻は血闘の存在意義を問いかけるような内容でしたが、今回は血闘者の矜恃について問いかける内容。
アウトローな場所であっても不文律は存在し、その中で「血闘者」であることにプライドを持つ小町が格好良かったです。それだけに血闘狩りとの対決に勝ってほしかったのですが、主人公に華をもたせるためには彼女の敗北は仕方なかったのかも知れないですね(´・ω・`)

血闘を否定するスタンスだった一野がしばらく様子見することになったので、血闘の在り方についてはひとまず横に置かれる様子。
あれは面白い問いかけだっただけに一野が追及をやめてしまったのはちょっと残念ですが、いつまでも正しさ云々にこだわってたら話が進まないから妥当な落としどころだと思います。
開き直ってアウトローな血闘をガンガン盛り上げていってほしいヾ('∀'o)ノ

 

そういえば、前巻で疑問だった「なぜ1年前に日月は血闘から逃げなかったのか?」という点については今回ちゃんと説明がありました。
ここで師匠が出てくるのかー。
最後に意味深に登場していますし、次巻あたりで師匠の話が始まるのでしょうか?それに合わせて日月の過去も詳しく語られるのかな?

 

いよいよ次巻から血闘再開。
100位からスタートしてそのまま引退を目論んでいる日月ですが、果たしてそう上手くいくでしょうか。
せっかく一野のお目こぼしもあることですし、熱いステゴロがたくさん繰り広げられることを期待しています!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。