サクラ×サク2 ボクノ願イ叶ヱ給ヘ

『サクラ×サク02 ボクノ願イ叶ヱ給ヘ』(十文字青著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

サクラ×サク 02 ボクノ願イ叶ヱ給ヘ (ダッシュエックス文庫)
サクラ×サク 02 ボクノ願イ叶ヱ給ヘ (ダッシュエックス文庫)

前巻の感想はこちらから
サクラ×サク1 我が愛しき運命の鏖殺公女 | 晴れたら読書を

ハイジくんの煩悩・・・・・・苦悩・・・・・・じゃなくて純情が炸裂する第2巻。
もうハイジくんオモシロ可愛すぎじゃないですか。姫さま好きすぎて生きるのが辛そうww
本筋もじりじりと動き出しているようなので、続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
“君は僕の黒い太陽”
拘束されたハイジの魔性をそう名付けたのは突然現れたサクラの兄デュラン。その魔性のおかげで転属となり、サクラと離ればなれにさせられ、それでもハイジの日々は飛ぶように過ぎてゆく。
一方、ファウラス城市攻略を命じられたサクラの下に増援として派遣されたのは、サクラの妹、ナズナ率いる七六旅団。帝国の防衛網を切り裂きながら進む第八公軍を待ち受けるのは神算鬼謀の亞璃簾。はたしてファウラス城市を陥とすことができるのか!!?
血が滾って色々踊る大戦詩幻想交響曲、待望の二巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む サクラ×サク2 ボクノ願イ叶ヱ給ヘ

浪漫邸へようこそ3 花開く日

『浪漫邸へようこそ 〜花開く日〜』(深山くのえ著/小学館ルルル文庫)★★★★☆

浪漫邸へようこそ ~花開く日~ (小学館ルルル文庫 み 1-25)
浪漫邸へようこそ ~花開く日~ (小学館ルルル文庫 み 1-25)

前巻の感想はこちらから
浪漫邸へようこそ2 初夏の嵐 | 晴れたら読書を

大正浪漫の空気を感じるシリーズでしたが3巻で完結。
素晴らしかったです。奥ゆかしくも爽やかな恋の物語でした。
下宿ものというだけで本当にストライクでしたが、物語の纏め方も実に好み。これは深山先生の他の著作も読まなければ!

☆あらすじ☆
貧乏令嬢と帝大生の恋物語、完結編!
ある事情から、秘密の下宿屋「浪漫邸」を始めることになった貧乏子爵家の令嬢、紗子。下宿人として集まったのは、帝大の医学生・伊織の他、なんとも個性的な人々。心優しき人々との同居生活をおくるうち、紗子は、伊織への恋心を自覚する。そしてまた伊織も、身分違いだと諦めようとすればするほど紗子を諦めきれず悩む。そんな中、下宿人・時雄の幼なじみ、四郎が転がり込んで来たあげく、紗子を自分の恋人と言い出す。その時、普段穏やかで冷静な伊織の激情がついに溢れ出て…!?そしてその夜、伊織の部屋を訪ねた紗子が、伊織に伝えた言葉とは…!?
甘く切なく焦れったい、大正時代のラブロマンス、ついに完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浪漫邸へようこそ3 花開く日

モーテ2 死を謳う楽園の子

『モーテ 死を謳う楽園の子』(縹けいか著/MF文庫J)★★★★☆

モーテ ―死を謳う楽園の子― (MF文庫J)
モーテ ―死を謳う楽園の子― (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
モーテ1 水葬の少女 | 晴れたら読書を

まさか続きは出るとは思わなかった「モーテ」の第2巻。1巻の登場人物達もがっつり出ていますが、おそらくこれから読んでも問題なく楽しめると思います(でも1巻も完成度高くて素晴らしいのでぜひ読んで欲しい)
10代の少年少女を自殺に追いやる謎の奇病「モーテ」。そんな恐ろしい病を前に、人はどう生きてどう死ぬのか・・・・・・今回も色々と考えさせられるところの多い作品となっていました。素晴らしかったです。

☆あらすじ☆
遺伝子の罠――数万人に一人が罹り、必ず十代の内に自殺へと追い込む奇病・モーテ。小説家志望の青年・ダンテは、モーテを患う子らを収容するホテル・グラティアでアルバイトとして働くことになる。どんなに不穏で陰湿な場所かと不安を感じていたが、そこで出逢ったのは天真爛漫な少女・アミヤだった。グラティアで暮らすモーテの子らは皆前向きで、死を予感させるようなこともなく、平穏な日々を送っていた。しかし、安寧の日々は一瞬にして崩れ去る――ある少女の自殺によって。しかもその自殺には不審な点が多く、ダンテは真相を追及し始める。果たしてそれはモーテによる症状か、陰惨な他殺か、それとも……? モーテの子らが望む“命の使い道”とは――?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む モーテ2 死を謳う楽園の子

チートな僕のアホの娘育成論

『チートな僕のアホの娘育成論』(小山タケル著/MF文庫J)★★★☆☆

チートな僕のアホの娘育成論 (MF文庫J)
チートな僕のアホの娘育成論 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

チートスペックな天才だけどナイーブすぎる豆腐メンタル主人公が、異常な才能を持つヒロインの片思いを応援するという話。
魔法の設定が主軸にあるしバトル要素も一応はあるんですけど、基本的にハイテンションな学園ラブコメです。メインヒロインが好きなのは別の男性で、それを主人公が応援するっていうタイプのラブコメは最近では珍しいような気がします。面白かったので次巻にも期待。

☆あらすじ☆
桜川晴斗、高校一年生。彼の人生はイージーモードを体現したかのようなものだった。魔法学のエリートコースを歩み、《万物を統べし精霊王》なんて二つ名まで付けられた。“何もかもを手に入れた” はずだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む チートな僕のアホの娘育成論

僕とドSと腐女子と脳筋

『僕とドSと腐女子と脳筋』(新見聖著/MF文庫J)★★★☆☆

僕とドSと腐女子と脳筋 (MF文庫J)
僕とドSと腐女子と脳筋 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

主人公と3人の個性的な幼なじみたちが、普通の高校生活すら送れなくなりつつある自分たちの学校のため、周辺他校を相手にスコアを奪い合うという学園コメディ。かなりハイテンションにストーリーが進むため、それに乗れれば楽しめると思います。
とりあえず思ったのは、こんなおバカな制度がリアルになくて本当に良かったなって・・・・・・

☆あらすじ☆
脱ゆとり教育のため導入された、点数で学校行事の充実度が変わるスコア制度。修学旅行がマグロ漁船労働になりそうな超弱小校に転入した胡太郎は、問題児に成長した幼なじみ3人と周辺校への大逆転を目指すことに―!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 僕とドSと腐女子と脳筋

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの?1

『結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの?』(伊達康著/MF文庫J)★★★★☆

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (MF文庫J)
結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

「ニンジャとドラゴン」とかまた食い合わせが悪いと言うか、なんで混ぜちゃったのというか・・・・・・なんてことを読む前は思っていたのですが、読んでみるとこれが面白くてびっくりでした。
人間を主食とする竜人族に支配された大陸を舞台に、極東の島国からやってきたシノビの少年とわけありの少女騎士が竜に立ち向かうファンタジー。えげつない世界観のシリアスな土台と、それを壊さない程度にしっかり織り込まれたコメディパートの塩梅が非常に読み心地がよく、最後まで楽しく読めました。
というか設定とオチ的にこれはもう私が好きにならないわけがない作品だ!
何がどう好みかはネタバレになるんで下で書きますけど、カップル好きなら読んで損はないかと思います。

☆あらすじ☆
竜に支配された大陸へと降りたったシノビ・サビトは銀髪巨乳の女騎士メルシオーネと主従を結ぶ。寡黙を装うが内心饒舌なサビトと、優しく勇気もあるが天然なメルの凸凹コンビは案外相性がいいようで……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの?1

狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に

『狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に』(梨沙著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に (一迅社文庫アイリス)
狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
狂伯爵と買われた花嫁3 不器用な蜜月 | 晴れたら読書を

ヒーロー成長系ラブファンタジー完結。
色んなゴタゴタがありましたが、やっぱりこれはクリストファーの成長物語でした。1巻の頃と比べると別人のように逞しくなって・・・・・・。
楽しいシリーズでした。梨沙さんの次回作も楽しみです。

☆あらすじ☆
最近、胸がどきどきして旦那様を直視できないんです!舞踏会以来、旦那様を意識してしまう新妻の私。彼の目的は、趣味の剥製作りの素材としての私の体だけなのに…!美貌の青年伯爵クリストファーと、彼に一目惚れされ購入された花嫁リリアン。心を通いあわせはじめた二人に迫る最大の危機とは!?究極の愛を求める伯爵の“死”からはじまる新婚ラブファンタジー第4弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に

英国パラソル奇譚4 アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う

『英国パラソル奇譚 アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う』(ゲイル・キャリガー著/ハヤカワ文庫FT)★★★★★

アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う 英国パラソル奇譚
アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う 英国パラソル奇譚【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
英国パラソル奇譚3 アレクシア女史、欧羅巴で騎士団と遭う | 晴れたら読書を

私の常識が崩壊しそう。
今回も前代未聞すぎる大活躍を魅せたアレクシア。そして1巻からの伏線がどんどん回収されていき、面白さはうなぎ上りです。

☆あらすじ☆
異界族と人類が共存するヴィクトリア朝ロンドン。伯爵夫人アレクシアは妊娠八カ月を迎えた。お腹の子の異能を恐れる吸血鬼の執拗な攻撃に、人狼団はある秘策を打つ。そんななか消滅寸前のゴーストが現われ、女王暗殺をほのめかした。凶事を防ぐべく暗中模索の捜査を始めたアレクシアは、やがて夫マコン卿と人狼団にまつわる過去の秘密と出会う―謎解きとユーモアと叙情が贅沢に織りなすスチームパンク冒険奇譚、第四弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国パラソル奇譚4 アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う

さびしがりやのロリフェラトゥ

『さびしがりやのロリフェラトゥ』(さがら総著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

さびしがりやのロリフェラトゥ (ガガガ文庫)
さびしがりやのロリフェラトゥ (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

さびしがりの吸血鬼をめぐる群像劇。
なんとも不思議な味わいの作品でした。主観と主観は共有できないよねっていうのは、渡航さんと共著した「クズと金貨のクオリディア」に通じるものがあったかな。

☆あらすじ☆
「変猫」のさがら総が贈る、新青春エンタ!ぼくらの学校には、血を吸いつくす吸血姫がいる――。クラスメイトたちのあいだでまことしやかに囁かれる噂は、真実だった。理想と現実のバランスに苦悩する高校生作家、常盤桃香は深夜の旧校舎で怪異と出会い、風変わりな姫とおかしな会話を紡ぐことになる。「汝、無礼である。如何なる理由でここを訪れるか?」「おでんを作ったので」「……おでん?」「こんにゃくもあります!」「……こんにゃく?」けれど、ふたりの奇妙な友情は、死体の出現をもって終わりを告げた。常識人的いじめっ子、自爆系宇宙ロボット、そして“正義の味方の敵”のぼく。優雅なる吸血姫を取り巻く人間関係は多角的に入り組んで、表と裏が混じりあい、複雑怪奇な青春群像劇を織り成していく。「だれもが静かに平和に暮らすだけの話を書きたかった」「いいかな? だれもそんな話は読みたくないんだ」――これはぼくたちの悩みを笑い飛ばす物語だ。そして、ハッピーエンドになるべき物語だった。『変態王子と笑わない猫。』のさがら総が挑む、新機軸の黄昏ロリポップ! 誰にも先が読めない青春ミステリアスコメディ、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さびしがりやのロリフェラトゥ

双界幻幽伝14 目覚めは晴天霹靂!

『双界幻幽伝 目覚めは晴天霹靂!』(木村千世著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

双界幻幽伝 目覚めは青天霹靂! (ビーズログ文庫)
双界幻幽伝 目覚めは青天霹靂! (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
双界幻幽伝13 祝祭は不倶戴天! | 晴れたら読書を

なんだ今回の構成は!w
本編は全体の半分ちょっとくらいかな・・・・・・漫画と短編(?)が入っているので、ファンブック的な感じですけど、でも本編のストーリーも進んでるし。
本編はゆっくりながらも面白くなってきているので、先がとても気になります!

☆あらすじ☆
皇帝まで巻き込んだ≪醒教≫の陰謀事件がひと段落。ようやく平和にいちゃこらできる(!?)と意気込む未来の将軍サマ・蒼刻と、それに引きずられてるんだか後ろ向きに積極的なのか?の、引きこもり公主・朧月だが──!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 双界幻幽伝14 目覚めは晴天霹靂!