当ブログ管理人がオススメしたい恋愛作品

知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫)

Twitterで「#ラノベクラスタがオススメしたい恋愛作品」(togetterまとめへのリンク)というタグを使って色んな方のオススメを教えていただいたのですが、自分が推した作品については備忘録的に改めてここでまとめておきます(`・ω・´)自分のツイートの補足程度ですけどね。

 

言い出しっぺ(ですよね?w)のよっちさんの記事はこちら
⇒ ラノベ読み以外にもオススメしたい最近のラノベ恋愛小説19選(よっちさんのブログ)

 

それでは、当ブログ的おすすめ恋愛作品16選をどうぞ!
最近の作品ばかりなのは私がにわかラノベクラスタだからなので、ハッシュタグかtogetterまとめを見れば名作恋愛ラノベを見つけることができますよ( ´ ▽ ` )私の積読も激増です。

 

続きを読む 当ブログ管理人がオススメしたい恋愛作品

棺姫のチャイカ12

『棺姫のチャイカⅫ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカ (12) (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカ (12) (富士見ファンタジア文庫)

前巻の感想はこちらから
棺姫のチャイカ11 | 晴れたら読書を

本編は一応前巻で完結しているのですが、もうちょっと続く第12巻。
本編が良い感じに終わっていたので少し蛇足かな?と思っていたのですが、これまた良い感じに後日談となっていました。
ちなみに12巻の内訳は後日談の中編1本と、雑誌掲載の中編1本です。

☆あらすじ☆
ガズ皇帝との激戦後、消息不明となったトールとチャイカ。二人を探す旅に出たアカリと紅チャイカ。フェルビスト大陸に訪れた束の間の平和の中で、彼らは、彼女らは、どこで何をしているのか?そしてガズ皇帝亡き後も『チャイカ』という存在を警戒するジレット。いまだ明確な『終わり』が見えない中、ダチア子爵領で『ガズ帝国軍』―旧ガズ帝国の正統後継を名乗る少女を旗頭とした武装集団が現れ―。「我が名はチャイカ・ガズ」そう名乗った彼女のそばには、機杖を持った少女と黒衣の若者の姿が…。『チャイカ』サーガを締めくくる真のエンディング!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ12

光炎のウィザード10 未来は百花繚乱

『光炎のウィザード 未来は百花繚乱』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

光炎のウィザード  未来は百花繚乱 (角川ビーンズ文庫)
光炎のウィザード 未来は百花繚乱 (角川ビーンズ文庫)

前巻の感想はこちらから
光炎のウィザード9 運命は千変万化 | 晴れたら読書を

最終巻です。
まさにシリーズの集大成というべき1冊。気になっていた人物も再登場して、世界の謎も、リティーヤとヤムセの関係も全て納まるべき場所に落ち着きました。これぞ大団円。
面白かったです!

☆あらすじ☆
人類の存亡をかけて、最後の戦いの幕が切って落とされる。元師匠であるヤムセに「誘拐」され、“昼”の石板の謎を解く旅に出たリティーヤ。タイムリミットは次の“昼”の台座が現れるまで。そして、この旅が終わったら、ヤムセとの別れが待っている。分かっていながらも、抑えきれない想いを抱えるリティーヤは…!?リティーヤが、ヤムセが選び取る「未来」とは―最強魔術師師弟が贈る愛と冒険のファンタジー、堂々完結。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 光炎のウィザード10 未来は百花繚乱

魔弾の王と戦姫11

『魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11』(川口士著/MF文庫J)★★★☆☆

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11 (MF文庫J)
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉10 | 晴れたら読書を

第3部スタート。新章の序章的な巻でしたが、面白くなりそうな雰囲気にワクワクします。

☆あらすじ☆
記憶を取り戻したティグルはジスタート王国にて新年を迎え、因縁浅からぬ戦姫たちと感動の再会を果たす。また、彼はジスタート王に謁見し、思い描く未来の甘さを指摘される。ブリューヌに戻ったときろで残してきた巨大な武勲が、決して彼を以前と同じままにはしておかない。王の言葉に、ティグルの胸中は大きく揺らぐ。一方、ブリューヌ王国ではレギン王女暗殺が企てられるも、未遂に終わる。だが、事件はそれで終わりではなかった。陰謀の背後に見え隠れしていた隣国ザクスタンが、剥き出しの野望をブリューヌに向ける。故国の窮地に、英雄となった若者はいま、再び大動乱にその身を投じようとしていた―最強美少女ファンタジー戦記、新章突入の第11弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔弾の王と戦姫11

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5』(渡航著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)

前巻の感想はこちらから
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10 | 晴れたら読書を

短編集。というよりはいろはすのお手伝いな番外編という感じ。
息抜きムードで楽しかったです。

☆あらすじ☆
冬真っ盛りの総武高校。窓の外は寒空ながら、比較的のどかな雰囲気の奉仕部部室。雪乃、結衣、八幡のいつものメンバーのもとに、訪れる何人かの生徒たち。とある男子からのお願い事にげんなりしたり、いろはのわがままに振り回されたり、強行日程の締め切りに追われながら原稿を書いたり…!?今は遠くに感じる将来のことから、誰かと一緒に過ごす休日のこと、部活のこれからのこと…、悩みも苦労もときめきも不安も満載で現在進行中、日常という名のかけがえのない日々。八幡の短くも慌ただしい冬の数日を描く短編集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5

怪談撲滅委員会1 幽霊の正体見たり枯尾花

『怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花』(黒史郎著/角川ホラー文庫)★★★☆☆

怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花
怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花

学園ホラーコメディ?
ホラー的に怖いシーンは多々あるのですが、それを払拭するかのような怒濤のコメディ連打を食らいました・・・・・・。結果、怖かったのか怖くなかったのかよくわからないけどお風呂これから入るのやだなって思ってる。
21もの「学校の怪談」を有する高校を舞台に、怪談をぶっ潰す!と息巻く謎の男によって超絶ビビリの女子高生が巻き込まれるというお話。
なかなか面白かったですが、プロローグ的な感じですね。続きに期待。

☆あらすじ☆
超ド級の怖がり・大神澪は、事情により七不思議ならぬ“21の怪談”がある白首第四高校に入学してしまった。友達も作らず怪談を避ける日々を過ごしていたが、突然、破天荒な不良・雲英の脅しにより、「怪談撲滅委員会」―有害な怪談の殲滅を目指す組織の一員となることに。早速、“あかいちゃんちゃんこ”が出ると噂のトイレに連れていかれ…!?超怖がり少女と不良青年が学校の怪談を“口撃”する、前代未聞の学園ホラー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 怪談撲滅委員会1 幽霊の正体見たり枯尾花

五色の魔女

『五色の魔女』(狗彦著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

五色の魔女 (ダッシュエックス文庫)
五色の魔女 (ダッシュエックス文庫)

第1回集英社ライトノベル新人賞特別賞受賞作。
スチームパンク×ファンタジー×謎解きと聞いて発売前からワクワク。
いざ読んでみると、ファンタジーとしての世界観は魅力的で(スチパンではない気がする)、謎解き要素は結構意外性があるものでした。そして個性豊かな魔女達が楽しい。
やや粗削りな部分もありましたが、バトルファンタジーとして十分楽しめる一冊でした。

☆あらすじ☆
技術革命により発展を遂げた大国『ヤルングレイプ』。蒸気機関車が走り、科学の進んだこの国の治安は、秘密裏に組織された『五色(ごしき)の魔女』と呼ばれる5人の少女たちによって護られていた。五色の魔女のひとり゛黄色の魔女゛『ジャッカル』。彼女は、死者を蘇らせ自由に操る能力を使って無敵の身体を持つ鉄の人形『スチーマー』を造り、彼と共に悠々自適な生活を送っていた。ある日、2人の元にヤルングレイプから手紙を携え使者がやってくる。 そこには驚くべき内容が記されていた。『黒の魔女が死んだ』 五色の魔女のひとりの突然の死。謎が深まる中、数十年ぶりにヤルングレイプの首都に集結することになった『五色の魔女』たち。しかし、魔女同士の疑心暗鬼が国をも揺るがす一大事を招く事になる…! ! スチームパンクの世界観で贈る空想科学バトルファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 五色の魔女

猫にはなれないご職業1

『猫にはなれないご職業』(竹林七草著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

ガガガ文庫 猫にはなれないご職業(イラスト完全版)
ガガガ文庫 猫にはなれないご職業(イラスト完全版)

主人公は猫又の陰陽師!
という素晴らしくチャレンジャーな異色作。
個人的にはコメディパートがちょっと合わなかったものの、陰陽バトルは熱く、そしてラストは感動的でした。
まさかにゃんこを渋格好いいって思う日がくるとは・・・・・・。

☆あらすじ☆
『吾輩は猫又である。化け猫などとは一緒にしないで欲しい』吾輩が暮らすのは代々、陰陽師として名を馳せた藤里家。その末裔は女子高生の桜子なのだが…吾輩たちが隠していることもあって本人は陰陽師について、何も知らないのだ。当然、吾輩が人語を話せることもな。ある日、桜子の祖母・春子が寿命で亡くなったことをきっかけに、彼女が封印した妖異が解き放たれてしまった。このままでは桜子が危険にさらされてしまう!春子もおらん今、もう吾輩が守るしかなかろう。絶対に守り抜いてみせようぞ!第6回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 猫にはなれないご職業1

Re:ゼロから始める異世界生活6

『Re:ゼロから始める異世界生活6』(長月達平著/MF文庫J)★★★☆☆

Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活6 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
Re:ゼロから始める異世界生活5 | 晴れたら読書を

ここ2巻ほどは本当に凄まじいヘイトの溜め方ですね・・・・・・。でも、やっと光明が見えてきた?

☆あらすじ☆
大罪司教ペテルギウスへの復讐を誓い、再び王都へ『死に戻り』したナツキ・スバル。魔女教を撃退し、エミリアを救うための協力者を求めて奔走するが、候補者たちはそんなスバルに未熟者の烙印を押し、取り合おうとしない。突き放され、たった一人になったスバルが全てを諦めたとき、運命の歯車が動き出す―!「俺は…っ!俺は、俺が大嫌いだよ!!」自分の弱さを嘆く叫びが響くとき、ナツキ・スバルの本当の異世界生活が始まる。大人気WEB小説、再起と反撃の第六幕。―ついに動き出す、最も新しい英雄譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Re:ゼロから始める異世界生活6

異世界魔法は遅れてる!3

『異世界魔法は遅れてる!3』(樋辻臥命著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

異世界魔法は遅れてる!3 オーバーラップ文庫
異世界魔法は遅れてる!3 オーバーラップ文庫

前巻の感想はこちらから
異世界魔法は遅れてる!2 | 晴れたら読書を

WEB小説の書籍化作品なのに3巻目にしてストックが潰えたとのこと。今巻から書き下ろし?
そのせいかどうかは分かりませんが、前巻までに比べると格段に読みやすく感じました。地の文の言葉に引っかからず物語に集中できるようになったというか。
ただ、ストーリー自体は前後編の前編ということでかなり中途半端なところで終わってしまいます。準備回的な感じなので盛り上がるのは下巻かな。

☆あらすじ☆
魔将・ラジャスをレフィールと共に倒した八鍵水明は、彼女を仲間に加えてネルフェリア帝国へ。無事に到着した二人はそれぞれの目的のために行動を開始するが、帝国では原因不明の昏睡事件が起こっていた。そんな中、水明は帝国十二優傑の魔法使いであるリリアナ・ザンダイクと出会い、さらにフェルメニア・スティングレイとも再会を果たす。図らずも事件を解決するはめになった水明は、八属性の中でも異質とされる闇属性の魔法と対峙することになり―。異世界魔法と現代魔術が交錯する異世界ファンタジー、闇が蠢く第3巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界魔法は遅れてる!3