シンデレラ伯爵家の靴箱館3 仮面の乙女は真を歌う


『シンデレラ伯爵家の靴箱館 仮面の乙女は真を歌う』(仲村つばき著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

シンデレラ伯爵家の靴箱館 仮面の乙女は真を歌う (ビーズログ文庫)
シンデレラ伯爵家の靴箱館 仮面の乙女は真を歌う (ビーズログ文庫)

「人魚姫」をテーマとする第3巻。
今回の事件そのものは割とあっさり終わってしまったのですが、重要キャラが登場したり、エデルとアランの関係が進展したりと物語は慌ただしく動き始めています。
今後の展開に期待!

☆あらすじ☆
キス事件(?)をきっかけに、アランへの恋心を自覚したエデル。ところが、彼に美貌の貴族令嬢との婚約話があがっていると聞いて、気が気ではない!そんな彼女をよそに、アランは研修という名の王都旅行(しかもふたりきり!)を決めてしまった。恋の決断は旅の後で…そう思ったエデルの前に、“魔術師の靴”の気をまとう自分とよく似た青年が現れて!?靴と恋の物語、波乱含みの第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

ほんとにもうねー。

誰かアランから指南書を取り上げてくれ!!

アランに婚約の噂!?からの、研修旅行デートで一気に仲が進むかと思いきや。
頼むから動物にたとえるにしても、小動物系のもふもふにしてください。
エデルも、アランのセリフから早朝勤務を連想するのは無理があるでしょ!w

そんな感じでいつものすれ違いまくった会話に笑っていたのですが、まさかラストでちゃんとプロポーズまで進むとは。
え!?早くない!?短期完結の悪寒がする
いやいや、これも指南書と有能な妹のおかげですね。アランは恋愛初心者にもほどがあるので(ていうか段々ひどくなってない?)

 

アランとエデルは順調に進展しているようですが、暗い影を落とすのは今回から登場の自称父親・レイの存在。
エデルの父にしては若すぎるような気がしたのですがそうでもないのか?振る舞いが若いからかな。
シリーズ的には、レイと対決していく方向となるのでしょうか。楽しみですね。

 

今回の事件そのものについては、「人魚姫」をテーマに、歌手を夢見る伯爵令嬢シレーヌの苦悩が描かれるわけですが、全体的に今までより薄味だったように思います。
他にページが割かれてしまったかもしれないのですが、「歌」「足」「ナイフ」「泡」などの人魚姫のモチーフはちりばめているのに肝心のストーリーの絡みが弱いのはちょっと残念でしたね。

 

色々と動き始めたシリーズですが、どうなっていくのか。
アランはいい加減指南書捨てろよ、と思いつつ、次巻を待ちたいと思います。

シンデレラ伯爵家の靴箱館 仮面の乙女は真を歌う (ビーズログ文庫)シンデレラ伯爵家の靴箱館 仮面の乙女は真を歌う (ビーズログ文庫)
仲村 つばき,あきKADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング : 28260Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

「シンデレラ伯爵家の靴箱館3 仮面の乙女は真を歌う」への3件のフィードバック

  1. 電子書籍漁るときにいつも参考にさせてもらってます。あざのさんの本には出会えて本当に良かったです。
    今回は漁ってる時懐かしい本を見つけてふと薦めて見たくなり書き込ませてもらいました。
    付喪堂骨董店という電撃から出た本です。興味があればぜひ読んでみてください。

    1. グラフさん、コメントありがとうございます。
      参考にしていただけたなら嬉しいです!あざの作品は本当に素晴らしいですよね( ´ ▽ ` )ノ
      付喪堂骨董店、面白いらしいですね。実は買ったまま積んでいるのです・・・・・・
      せっかくおすすめいただいたことですし、優先順位を上げて読んでしまおうと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。