世界の終わりの世界録3 熾天の女神

『世界の終わりの世界録〈アンコール〉3 熾天の女神』(細音啓著/MF文庫J)★★★★☆

世界の終わりの世界録<アンコール>3 熾天の女神 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録<アンコール>3 熾天の女神 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
世界の終わりの世界録〈アンコール〉2 極光の竜帝 | 晴れたら読書を

いざ天界へ!で終わるかと思ったらそれ以上に内容が濃かった第3巻。
特に後半の展開の熱さは素晴らしかったですね。本当に良質な王道ファンタジーです。

☆あらすじ☆
伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代―レンたち「再来の騎士」は竜帝カルラとの激闘を経て、世界録の在り処を推し当てる。“その地”の封印を解除するため、一行は天界を総べる女神レスフレーゼの下へ旅立つ。時同じく、世界最大の旅団「王立七十二階位特務騎士団」が、天界への侵略を画策。さらに聖女エリエスや剣聖シオンたち実力者は、得体の知れぬ不穏な脅威との遭遇を予見する。「強くなるさ。…これ以上、守ってもらう立場でいたくない」。その決意は世界を震わす狂詩曲の一片となり、偽英勇を歴史上にたった一人の存在へと昇華させる―いま、最も王道を行くファンタジー、覚醒の第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録3 熾天の女神

絶対城先輩の妖怪学講座6

『絶対城先輩の妖怪学講座 六』(峰守ひろかず著/メディアワークス文庫)★★★★☆

絶対城先輩の妖怪学講座 六 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 六 (メディアワークス文庫)

前巻の感想はこちらから
絶対城先輩の妖怪学講座5 | 晴れたら読書を

第1シーズン完結。ということで大いに盛り上がっている第6巻。
ツンデレ先輩の物語はまだまだ続くようですけどね。これでゴールが見えなくなってしまった・・・・・・。
それはともかく史上最大のピンチ!のはずが、先輩の爆弾発言連続&イチャイチャしか記憶に残ってないぞどういうことだ。

☆あらすじ☆
「『鬼』の正体は探るな」クラウス教授にそう忠告された絶対城。しかし、妖怪学における『鬼』の正体を探るため、礼音と共に政財界の有力者が集まるパーティに参加することを決める。そこで絶縁した家族と対峙した絶対城は、『鬼』の正体がこの国のタブーであることを知る。さらに、幼い頃に絶対城の世話をしていた執事の高岩と再会し、秘匿されていた櫻城晃の死の真相を告げられることに―。妖怪学最大の禁忌『鬼』に絶対城が迫る、緊迫の第6弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座6

文句の付けようがないラブコメ2

『文句の付けようがないラブコメ2』(鈴木大輔著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★☆☆

文句の付けようがないラブコメ2 (ダッシュエックス文庫)
文句の付けようがないラブコメ2 (ダッシュエックス文庫)

前巻の感想はこちらから
文句の付けようがないラブコメ1 | 晴れたら読書を

再び始まる優樹と世界の「喜劇」。
学園編の前編です。優樹と世界の関係は前巻同様可愛くて仕方ないのですが・・・・・・辛い・・・・・・。
この巻もサクサクと読みやすく面白かったのですが、本題は次巻ですね。一体、どんな結末を迎えるのか。後編が早く読みたくて仕方ないです。

☆あらすじ☆
神鳴沢セカイは死に、世界は作り替えられ、桐島優樹の通う高校に世界(セカイ)が転校してくるところから再び物語が始まった。改変前の記憶がないふたりは何事もなかったかのようにまた出会い、優樹は身体の弱い世界が高校に行くための手伝いをするようになる。ある時は登校の途中で、またある時は授業の途中で。体調悪化による早退を何度も繰り返すものの、世界は着実に『普通の高校生』に近づいていった。そんな折、彼女の上履きが何者かの手によって隠される騒動が起きる。陰湿な行為に優樹は激怒するが、世界が示した反応は思いもよらないもので――
ようこそ、新しいセカイへ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 文句の付けようがないラブコメ2

おすすめラノベまとめ その11

当ブログ的最高評価(★★★★★)をつけたおすすめのラノベを紹介するまとめ記事第11弾。
今回は紹介する5作品中3作がガガガ文庫です。私もしかしてガガガ文庫ものすごく好きなんじゃない?

おすすめラノベまとめ その10はこちらから。
※前回までのまとめ記事は、上部メニューのおすすめラノベリストからまとめて見ることができます。

続きを読む おすすめラノベまとめ その11

ライフアライヴ!3 恋愛エレクション

『ライフアライヴ!3 恋愛エレクション』(あさのハジメ著/MF文庫J)★★★☆☆

ライフアライヴ! 3 恋愛エレクション (MF文庫J)
ライフアライヴ! 3 恋愛エレクション (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
ライフアライヴ!2 お兄ちゃんは妹のもの | 晴れたら読書を

文化祭前編。生徒会総選挙もクライマックスに突入です。
主人公を巡る恋模様も、なんというか、カオス・・・・・・
このシリーズ、安定して面白いのですが、ゴールはどこになるのでしょうか?

☆あらすじ☆
「あくまで注目を集めるために、恋人関係を演じているだけなのよね。それが、劇場型恋愛。だったら――私にも協力させて」体育祭を終えた北斗たちに迫る次の課題は、学園中が最も注目する行事、文化祭だった。瀬海学園の文化祭は五日間もあり、最終日には生徒会総選挙の最終投票も控えている。そんな中、北斗の妹である冬華が劇場型恋愛に協力したいと言い出して……!?「お兄ちゃんと愛梨は本当に付き合ってるわけじゃないんだから、冬華と一緒にデートしても平気でしょ?」愛梨、千夏の両陣営の思惑が交錯する中、刻一刻と運命の文化祭が近づいてきていた――。あさのハジメ×ゆーげんが放つ劇場型青春ラブコメディ、さらにヒートアップの第三弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ライフアライヴ!3 恋愛エレクション

絶深海のソラリス1

『絶深海のソラリス』(らきるち著/MF文庫J)★★★★☆

絶深海のソラリス
絶深海のソラリス

こんなに面白いのに、こんなに人にオススメしづらい作品が他にあっただろうか。
ぜひ、このブログとは全く関係のないところで興味をもって読んでほしい作品。そして私と同じ地獄を味わってくれたらいいなって思う ( ꒪д꒪ )
地獄行きの責任は持てないですよ。無理無理。絶対地獄行くもん。
物語の舞台は、日本の領土を海に沈めた「大海害」から100年後の世界。前半は教官ものを取り込んだ学園ラブコメっぽく進み、後半は「ラブコメ?なにそれ美味しいの?」と言わんばかりの手の平返しを食らわせてくるパニックホラーとなっていきます。
もう色々ほんとに凄かった。テンポの良い文章は好みだし、パニックホラーとしての完成度は素晴らしいの一言。
このラノ6位の高評価に納得、人が薦めたくなる気持ちもよく分かります。
私は薦めないけどね・・・・・・
カラー口絵を見た段階で引き返せば良かったって、今もちょっとだけ思うのよ(´;ω;`)

☆あらすじ☆
《水使い》それは22世紀の人類が生み出した〝深海踏破の異能″――。山城ミナトは水使いの訓練生を指導する教官として、母校であるアカデミーに帰ってきた。そんな彼の教え子は二人。落ちこぼれでもマイペースな幼馴染の星野ナツカと、性格に難はあるが水使いとして至宝の才能を生まれ持つクロエ=ナイトレイ。時には反発を見せながらも前に進もうとする彼女たちを見て、ミナトは教官であることに楽しみを感じ始めていた。しかし、深海に沈む都市に〝S.O.S″が鳴り響いた時――平和だったミナトの日常は終わりを告げる。【深海】×【絶望】 戦慄の本格パニックノベルが登場。――この《結末》を、僕達はまだ、知らない

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶深海のソラリス1

オー・ドロボー!2 探偵令嬢は恋きに暴く?

『オー・ドロボー! 2.探偵令嬢は恋きに暴く?』(岬かつみ著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

オー・ドロボー! (2) 探偵令嬢は恋きに暴く? (富士見ファンタジア文庫)
オー・ドロボー! (2) 探偵令嬢は恋きに暴く? (富士見ファンタジア文庫)

ファンタジア大賞金賞受賞作第2弾。
世界各地の泥棒さんが一斉終結した前巻に引き続き、今回も名前だけみると異常に豪華な冒険活劇となっています。舞台は日本。ターゲットは「天下五剣」。
時期的に偶然なんでしょうけど、なんてタイムリーな・・・・・・あの刀剣の名前が出てくるだけで審神者の私はソワソワしてしまいましたw

☆あらすじ☆
五右衛門と共に世界大泥棒選手権を制したアルは、大阪にいた。日本に伝わる名刀「天下五剣」を奪うという予告事件の捜査依頼が、ルパンの探偵事務所に舞い込んだのだ。「なぁんで貴女がここにいるのかしらぁ、ミス・ルパン!」そこに現れたのは、因縁の好敵手シャーロック。そして、もう一人は「ボクは明智小五郎。この国を代表する名探偵ですよ」美少女3探偵が一堂に会し、ついに捜査開始!しかし、件の予告状を覗いてみると、差出人には“アルセーヌ・ルパン”の名前が!?(そ、そんなはずありませんわ!)アルは自らの名を騙る真犯人を捕まえるため、初めての探偵業に乗り出す―!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む オー・ドロボー!2 探偵令嬢は恋きに暴く?

神ノ恋ウタ1 あめ つち ほし そら

『神ノ恋ウタ あめ つち ほし そら』(石和仙衣著/講談社X文庫ホワイトハート)★★★★☆

神ノ恋ウタ あめ つち ほし そら (講談社X文庫ホワイトハート)
神ノ恋ウタ あめ つち ほし そら (講談社X文庫ホワイトハート)

古事記を大胆にアレンジした古代ラブファンタジー作品。
日本神話ベースの世界観も、そこで生まれた神と巫女の恋物語もとても素敵でした。
萩原規子さんの勾玉三部作が好きな人とかにはたまらないんじゃないでしょうか。この児童文学と少女小説のいいとこ取りをしたような雰囲気、最高です!!

☆あらすじ☆
古代、神と人とがまだ近しく生きていた時代。太陽を司る昼女神が失踪して以来、里には太陽の光が届かない。病弱に生まれた巫女・雪荷は、長く生きられないといわれる身。それでも役に立ちたいと躍起になる彼女の前に目映いほどに美しい若き男神が現れる。美貌の神は雪荷の歌声をいたく気に入り、ひとときも離したくないと言う。無邪気に甘えてくる男神に戸惑いを感じながらも、彼に仕える決意をした雪荷。だが、運命を変えるもうひとりの男神が現れて……!賢明に生きる一人の少女が神々を突き動かし、世界に光が取り戻される――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神ノ恋ウタ1 あめ つち ほし そら

螺旋時空のラビリンス

『螺旋時空のラビリンス』(辻村七子著/集英社オレンジ文庫)★★★★★

螺旋時空のラビリンス (集英社オレンジ文庫)
螺旋時空のラビリンス (集英社オレンジ文庫)

2014年ロマン大賞の大賞受賞作。
新人作品ですよ。これ書いたの新人さんなんですよ・・・・・・嘘でしょ!?
タイムマシンが発明された近未来と、19世紀のパリを舞台とするタイムリープ&タイムループなSFミステリー作品。
複雑に組み上げた設定や伏線が光る、予想以上にSF色が強い内容でした。同時に切ないラブロマンス作品でもあり、それらの調和がとても素晴らしかったです。
不穏すぎる謎に動揺する前半、テンポ良く伏線が回収され明かされる真実に驚愕する後半、そしてロマンチスト大爆発な結末。どれをとっても最高でした。
これを機に少女小説界隈にSFが流行らないかなぁ、と夢見てしまうくらいの良作。男女問わずめちゃくちゃオススメです!!

☆あらすじ☆
時間遡行機“アリスの鏡”が開発された近未来。喪われた美術品を過去から盗み出す泥棒のルフは、至宝インペリアル・イースターエッグを盗み19世紀パリに逃亡した幼馴染・フォースを連れ戻すことに。だが彼女は高級娼婦“椿姫”マリーになりすまし、しかも不治の病を患っていた。頑なに帰還を拒否する彼女が秘めた真意とは!?時の迷宮に惑うタイムループミステリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 螺旋時空のラビリンス

放浪勇者は金貨と踊る

『放浪勇者は金貨と踊る』(むらさきゆきや著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

放浪勇者は金貨と踊る (富士見ファンタジア文庫)
放浪勇者は金貨と踊る (富士見ファンタジア文庫)

「覇剣の皇姫アルティーナ」(ファミ通文庫)のむらさきゆきや先生のファンタジアでの新作。
魔王を倒して金が全てとなった世界で、詐欺によって人を苦しめる「モンスター」を退治する元勇者のお話。ファンタジー版クロサギって感じの内容でした。安定した面白さは流石です。

☆あらすじ☆
勇者が魔王を倒して、世界は平和になりました―では終わらなかった。人類の“敵”が消えて『暴力』の時代から『金』の時代が訪れる。商業都市ファルトラの片隅、素性を隠して放浪していた勇者は、詐欺にあった亜人の少女ユニスと、その相談に乗っている女騎士レイチェルと出会った。仕方なく助けることにした彼は、淡々と言い放つ。「…法も剣も無力だってんなら…騙した悪党を騙し返せばいいだろ」魔王を倒した勇者の新たなる敵は、金に憑りつかれた人間たち!そして、さらに街を揺るがす巨額な詐欺へと挑むことに…!?『金が全て』となった異世界の、金貨を巡る英雄譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 放浪勇者は金貨と踊る