王宮呪い師の最悪な求婚

『王宮呪い師の最悪な求婚』(宮野美嘉著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)
王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)

甘いー!!
無表情&言葉足らずな先輩の溺愛に、超訳翻訳機で対応するヒロインのラブコメディです。
何を言ってるかわからない?そうですね!
私も「こいつら何を話してるのかワケわかんないな」って思いながら読んでいましたw
王宮呪い(まじない)師という職業の主人公ですが、要するに魔術師的なアレでした。てっきり呪いかける方かと思ってて、まぁそれも間違いではなかったのですが。
ストーリーは一筋縄ではいかない読み応えのあるものでしたし、終盤のダダ甘展開に萌え転がりまくったので満足です。
面白かった!これで糖分補給はばっちりだ!

☆あらすじ☆
王宮仕えの呪い師になったエレインの任務は、天才・変人・無表情で有名なラキスヴァデリの補佐。性格は最悪だけど特別な才能を持つラキス。いつか彼を踏み台にして出世しようと決意するエレインだが、ラキスは「エレインは抜けていて、かわいいね」と暴言気味に告げてくる。そんな彼の言葉が、なぜか最近は甘い口説き文句に聞こえるようになって動揺するエレイン。だがある日「愛する人の記憶を奪う」蛇が出現して…!?すれ違いピュア・ラブロマンス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王宮呪い師の最悪な求婚

BUNBUN画集「THE LAST ROSE」

BUNBUN画集 「The Last Rose」
BUNBUN画集 「The Last Rose」

これまでの経緯についてはこちらの記事を参照。

待ちに待って待ち焦がれた画集が!
BUNBUNさんの画集が!!
「薔薇のマリア」だけを詰め込んだ画集が!!!

つ い に わ が 家 へ ・・・・・・ !!

待ってたよ待ってたよほんとに待ってたよ( ´ ▽ ` )
発売決定の第一報を聞いたときから今日までの私は、まさにこの画集を拝むためにあったといっても過言ではないです。

表紙のマリアさんが尊い。とても美しいですね。
そして、期待と不安でドキドキしながら読むのを楽しみにしていた、青先生の書き下ろし短編。はぁ・・・・・・。泣いた。

完全受注限定生産品なので(一部店舗にはあるそうですが)、ネタバレは避けます(たぶん)。
が、購入者には分かる感じで叫びたい。お付き合いくださる方は以下をどうぞ〜

 

続きを読む BUNBUN画集「THE LAST ROSE」

元帥閣下の婚前旅行(元帥閣下シリーズ2)

『元帥閣下の婚前旅行』(小田マキ著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

元帥閣下の婚前旅行 (一迅社文庫アイリス)
元帥閣下の婚前旅行 (一迅社文庫アイリス)

前巻の感想はこちらから
元帥閣下の略奪婚1 | 晴れたら読書を

耳フェチの元帥閣下と不憫すぎる身の上の少女の物語第2弾。
糖度激増でした。甘すぎる・・・・・・ほんとひたすら甘かったぁ((((;゚Д゚))))
盲目的すぎる元帥閣下がヤンデレに覚醒しつつあります。前巻の方がまだマトモだったような!?
今回は婚前旅行でハプニング!なお話でした。それ自体は解決するのですが、ちょっと伏線的なものがあるのでシリーズはまだ続きそう。
それと、2巻からイラストレーターが変更になっていますが、うまく雰囲気が似ているので戸惑いは少ないです。強いて言えば元帥閣下老けた?

☆あらすじ☆
悪魔と恐れられる元帥閣下(耳フェチ)・ロイス・フィングに身売りされそうになっていたところを救われた少女・アメリ。様々な誤解と障害を乗り越えたふたりの婚前旅行は案の定前途多難で!?
不幸少女×不器用な元帥閣下の略奪婚ラブコメディ、新章!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 元帥閣下の婚前旅行(元帥閣下シリーズ2)

魔剣の軍師と虹の兵団1

『魔剣の軍師と虹の兵団〈アルクス・レギオン〉』(壱日千次著/MF文庫J)★★★☆☆

魔剣の軍師と虹の兵団<アルクス・レギオン> (MF文庫J)
魔剣の軍師と虹の兵団<アルクス・レギオン> (MF文庫J)

虐げられる亡国の民たちが反乱軍を結成し、独立を目指して戦う物語です。
ファンタジー戦記ものはこれまでいくつか読んできたのですが、ダントツでひどかったですね!(褒め言葉)
みんなもっとまじめにやろーよ!ww
軽く明るく楽しく読めて、けれど熱さも感じられる良作でした。なんといってもキャラが良い。アレな感じな人ばかりでしたけど。むしろひとり完全アウトですよね!?おまわりさん、こっちです!
表紙からハーレムかと思ったのですが、主人公の軍師がメインヒロイン一途だったので私的にとても好印象でした。
序盤はギャグのノリが合わないかなぁと戸惑ったものの、慣れてくると楽しめてきましたし、これは楽しみな新作ですね。

☆あらすじ☆
「魔剣の軍師」―類稀なる知略と武勇により、後世の歴史にその名を刻む天才軍師ジュリオ・ロッシの異名である。だが、彼の実像は、歴史書とはかけ離れた不埒な男。そして、そんな彼の下に集い、後の世に「虹の兵団」として語り継がれる古今無双の英傑たち―修道女ラン、金獅子トリスタン、弓聖の娘ロスヴァイセ―も、負けず劣らずのアウトな連中ばかりだった。これは、亡国の地トレントから大国に反旗を翻し、歴史上、最も「けしからん」奇跡をつむぐことになる、魔剣の軍師とその仲間たちの“伝説になってはいけない伝説”。奇才が贈る衝撃のファンタジー戦記、爆誕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔剣の軍師と虹の兵団1

CtG ゼロから育てる電脳少女1

『CtG〈クレイドル・トゥー・ザ・グレイヴ〉ーゼロから育てる電脳少女ー1』(玩具堂著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (角川スニーカー文庫)
CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (角川スニーカー文庫)

VRMMOの世界で「結婚」したら子供ができて、なぜかその子がリアルに出てきちゃった!?というお話。
面白かったです!ラブコメのつもりで読んだのですが、予想以上にSF色が強い感じ。
人工知能は「心」を持つか、という鉄板SFネタですが、読みやすくラノベナイズされていて終始楽しく読みました。

☆あらすじ☆
VRMMOゲーム「CtG」で、春日井遊は初対面のミーファと気楽に“結婚”する。でも娘のハルハが生まれて、まさかの子育てスタート!?しかも「きたよ、おとーさん!」「く、釘宮です」なんと現実世界にも、実物のハルハとミーファの中の人・釘宮美遥が登場!実はハルハは秘密の計画で創られた“新しい人類”だったのだ!!遊と美遥は、現実とゲームの両方で、人類の未来に関わる(?)壮大な少女育成に巻き込まれて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む CtG ゼロから育てる電脳少女1

殺したがりの天使ちゃんは黒木君の夢を見る。

『殺したがりの天使ちゃんは黒木君の夢を見る。』(からて著/MF文庫J)★★★☆☆

殺したがりの天使ちゃんは黒木君の夢を見る。 (MF文庫J)
殺したがりの天使ちゃんは黒木君の夢を見る。 (MF文庫J)

なかなか良かったです。ちょっと不思議な青春ラブコメ。
ネジがぶっ飛んだ天使ちゃんの暗殺作戦をかいくぐりながら、ぼっちの高校生が自分を見つめ直すお話です。
他者の悪意をリアルに書く一方で、そこから反射的に見えてくる自分の欠点を受け止めようとあがく黒木くんの姿が印象的でした。

☆あらすじ☆
空から落ちて来た謎の美少女“天使ちゃん”の胸を揉んでしまった黒木君は、その日から天使ちゃんに結婚を迫られることになってしまう。天界で結婚式を挙げるため、どうにかこうにか黒木君を殺そうと奔走する天使ちゃん。そんな彼女との婚約破棄の条件はなんと「黒木君に好意を持つ女の子の胸を揉む事」。残された期間はたったの5日間。黒木君は果たして無事に婚約破棄出来るのでしょうか…?センシティブノベル作家・からてが紡ぐ初の長編は笑えて、そしてちょっと泣けて?読むと前向きな気持ちになれる、少し不思議な青春ストーリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 殺したがりの天使ちゃんは黒木君の夢を見る。

クズと金貨のクオリディア

『クズと金貨のクオリディア』(さがら総・渡航(Speakeasy)著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

クズと金貨のクオリディア (ダッシュエックス文庫)
クズと金貨のクオリディア (ダッシュエックス文庫)

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」(小学館ガガガ文庫)の渡航と、「変態王子と笑わない猫。」(MF文庫J)のさがら総。
本作は、この人気作家二人によるシェアードワールド「プロジェクト・クオリディア」の第1弾です。

青春ラブコメなのか青春SFなのか。おそらく後者??でもこの1冊だけをみれば(ラストはアレですが)青春ラブコメといえるのかな。
二人の著者がそれぞれ主人公とヒロインを担当し(たぶん)、一人称視点を交互に重ねながら物語が構築されていきます。
さがら総さんの著作は読んだことがなかったのですが、わたりんが書いた文章はすぐにわかりました。わたりんマジわたりん。相変わらずウィットに富みすぎてひねくれこじくれた地の文は、読んでいてとても楽しかったです。ただ、物語としては序章。というかまだ何も始まってないんじゃ・・・・・・。主役二人のいちゃいちゃっぷり(笑)は可愛かったですけどね!新しいヒロインでしたー。続きに期待。

今後、このプロジェクトはガガガ文庫やMF文庫Jなどの他レーベルや他の作家を巻き込んで大きく展開していく予定だそうです。どうなっていくのかとても楽しみですね。

☆あらすじ☆
底辺高校生・久佐丘晴磨と、天使のような後輩・千種夜羽。同じ階層にいられるはずのなかった二人は、とある偶然をきっかけに接近してしまう。
異常気象、異常現象、異常行動・・・・・・少しずつ歯車が狂いだしていく二人の日常と奇妙な都市伝説。曰く「ランダム十字路」ーーー真夜中、突き当たった丁字路で誤った道を選ぶと、二度と帰ってこられない。
行方不明の女子をなりゆきで一緒に追うなか、晴磨と夜羽の思惑は大きくすれ違い・・・・・・!?
レーベルを越えて広がる新世代プロジェクト第一弾!
これはふたつの視点から紡がれる、終わりゆく世界とめくるめく青春の物語ーーー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クズと金貨のクオリディア

サクラ×サク1 我が愛しき運命の鏖殺公女

『サクラ×サク 01.我が愛しき運命の鏖殺公女』(十文字青著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

サクラ×サク 01 我が愛しき運命の鏖殺公女 (ダッシュエックス文庫)
サクラ×サク 01 我が愛しき運命の鏖殺公女 (ダッシュエックス文庫)

怒濤の刊行予定を繰り出している青先生の、ダッシュエックス文庫での新作です。しかも挿絵を手がけるのは「エスケヱプ・スピヰド」で知って以来大好きなイラストレーターの吟さん!なんという私得なコンビ!!
発表時からとても楽しみにしていたのですが、その期待を裏切られることなく、かなり面白かったです(´∀`*)
今までの十文字青作品の中でもかなりラノベの主流に寄せているような印象を受けました(ネタバレなのでその理由については後述)。青先生曰く「ライトノベルを意識した」そうですし(ブログ「brain x」参照)、かなり万人受けしやすい内容なのではないかと思います。
それでいて、全体的に流れる雰囲気はまさに十文字青作品。主人公のぐるぐると空転しつづける思考や、謎を多く隠し持っていそうなほの暗い世界観やらは、相変わらず中毒性が高くて魅力的でした。もうホント大好きだ!
「大戦詩幻想交響曲」というキャッチフレーズですが、戦記モノになるそうです。
まだ1巻なので物語の方向性を示す序章といった感じでしたが、展開は熱いし、孤高の姫は可愛いし、そんな姫にメロメロな(死語)コミュ障ぼっち主人公もかわいいしで、これからどうなっていくのか続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
ハイジ・バランは友だちが欲しかった。残念無念、願いは叶わず学校を卒業して祖国デスティニア公国の軍人に。しかも赴任先は強大な“帝国”の侵攻を食い止める公国の盾、国境近く最前線のイエルヴァラ城市で、駐留する第八公軍の指令は虚弱体質で今にも死にそうだし、いきなり太守に侍官として仕えることになってしまうし、その太守は美貌の公女なのに部屋は汚いわ、ちゃんと服を着てくれないわ、公女の侍女はどういうわけか少女とむっちり娘だわ・・・・・・。果たしてこんな有様で公国の平和は守られるのか。ハイジと公国の運命や如何に。
血と汗と涙が溢れて踊る大戦詩幻想交響曲、ここに開幕!!
この限り無く愛なき世界に咲く花はーーーサクラ×サク。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む サクラ×サク1 我が愛しき運命の鏖殺公女

鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常

『鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常』(梨沙著/集英社オレンジ文庫)★★★☆☆

鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 (集英社オレンジ文庫)

なかなか良かったです。
野良猫みたいに警戒心剥き出しで、すぐ物陰に身を隠そうとするワケあり家出少女。そんな少女を拾った無愛想な鍵屋の青年。
そんな2人がなりゆきで共同生活を始めながら、鍵をかけられた様々な謎を開いていく、という物語です。
ライトミステリなんですが、ミステリーパートは思ったより少なめです。どちらかというと、少女と青年がおっかなびっくり距離を縮めていく、まさに野良猫と拾い主みたいな交流の方がメインだった気がします。
私としては「鍵にまつわる謎」の方に興味が惹かれたのでもっとそちらにページ数をさいてくれても良かったかなぁ、と思ったり。
でも、主役2人の関係は「甘くない日常」という副題に首をかしげるようなものだったし(笑)、脇キャラも個性的だしで、シリーズ化を期待したい新作でした。

☆あらすじ☆
冬休みに突入した午後、自分の出生にまつわる秘密を知ってしまった女子高生・こずえは母を一方的に責め、衝動的に家を飛び出した。ひょんなことから鍵屋を営む鍵師・淀川と知り合い、年齢を偽って助手として彼の家で居候することに。そこへ「亡き父が遺したものを知りたい」という依頼者たちにより、他の鍵屋で開けられなかった手提げ金庫が持ち込まれるが…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常

異人館画廊2 贋作師とまぼろしの絵

『異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵』(谷瑞恵著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵 (集英社オレンジ文庫)
異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵 (集英社オレンジ文庫)

新創刊の集英社オレンジ文庫。
創刊ラインナップで真っ先に読んだのは、当然、谷瑞恵さんの「異人館画廊」です。信者ですから!
このシリーズ、1巻は集英社コバルト文庫の下旬発売枠で出版されたんですよね。今思えばあれはオレンジ文庫の試運転だったわけですね。
おかげで1巻と2巻の背表紙が違う・・・・・・これは買い直さねば。
さて、そんな経緯を経ての第2巻。谷瑞恵さんは新作を出すごとに主人公の女性の性格が複雑化していっているような気がします。深味が出ていると言い換えても良いですね。
透磨との関係は・・・・・・うん。気長に待ちます。長期シリーズ化してくれるって信じてる。
本題の美術ミステリーはいつも通り面白かったです。前巻よりも図像術絡みの蘊蓄が増えているような気がしましたしね。
贋作問題と並行して描かれる、関係者それぞれの「絵」に対する愛憎渦巻く感じにゾクゾクします。美術展行きたいなぁ。

☆あらすじ☆
英国で図像学を学んだ千景は祖母の営む『異人館画廊』で暮らしている。ブロンズィーノの贋作の噂を聞いた千景と幼馴染みの透磨は高級画廊プラチナ・ミューズの展覧会に潜入するが怪しい絵は見つからなかった。が、ある収集家が所持していた呪いの絵画が、展覧会で見た絵とタッチが似ていることに気づく。しかも鑑定を依頼してきたのが透磨の元恋人らしいと知って!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊2 贋作師とまぼろしの絵