覇剣の皇姫アルティーナ7

『覇剣の皇姫アルティーナⅦ』(むらさきゆきや著/ファミ通文庫)★★★★☆

覇剣の皇姫アルティーナVII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナVII (ファミ通文庫)

前巻までの感想はこちらから
「覇剣の皇姫アルティーナ」シリーズ感想一覧 : みかこの読書日記

ハイブリタニアとの戦争は、これで終結なのかな?
面白かったですけど、意外にもあっさりと終わってしまったような気がします。
それはともかくラストの展開はやばい。まずい。どうするんですか。次巻いつですか。

☆あらすじ☆
提督代理を任されたレジスの指揮により、ハイブリタニア軍から港町を奪還したアルティーナたち。しかし、敵軍の補給部隊はすでに出発した後だった。帝都を背負った要塞では第二皇子ラトレイユが、策士オズワルドの奇略により苦戦を強いられている。補給を届けさせるわけにはいかない…しかし、敵補給部隊の護衛は傭兵王の異名を持つ猛者だった。果たして、戦争の結末やいかに!?覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第七弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ7

殺戮のマトリクスエッジ2

『殺戮のマトリクスエッジ2』(桜井光著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ2(イラスト完全版)
ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ2(イラスト完全版)

1巻よりSF色が強くなっている気がします。電脳都市という世界観をゆっくりと掘り下げて行っている印象。
まだシリーズの全体像は全然見えてこないのですが(というかこの巻までが序章かな)、面白くなっている、気がする?
今回は、ユノ主役回。彼女の夜の姿を描くお話でした。それにしても、ユノは本当にソーマが好きなんですね・・・・・・。昼間ソーマのことしか考えてないよこの子。

☆あらすじ☆
旧東京湾上に建設された積層都市トーキョー・ルルイエを襲う連続怪死事件。血を流すことなく人が死ぬ。魂を抜き取られるが如く、人が死ぬ―。過去に連なる悩みを抱え、自暴自棄のユーノ・柏木は立入禁止区域である地下層へと向かっていた。事件を知ったユーノは、唐突に表れた軽口ばかりの荒事屋、何を考えているのか分からない実践的錬金術教団の構成員と共に、事件の真相に肉薄していく。その裏にいる“銀の腕”に気づかぬまま…。電子と鮮血の満ちる暗闇で、少女は走馬燈を見る。サイバーアクションシリーズ第二弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 殺戮のマトリクスエッジ2

絶対城先輩の妖怪学講座5

『絶対城先輩の妖怪学講座五』(峰守ひろかず著/メディアワークス文庫)★★★★☆

絶対城先輩の妖怪学講座 五 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 五 (メディアワークス文庫)

前巻までの感想はこちらから
「絶対城先輩の妖怪学講座」シリーズ感想一覧 : みかこの読書日記

ツンデレ妖怪博士絶対城先輩が可愛いシリーズ(違う)第5弾。
最近、先輩のデレが加速しているような気がする・・・・・・。
先輩の過去がさらに明らかになったり、昔の関係がアヤシイ美女が出てきたり、礼音を巡る恋のライバル(?)が出てきたり、となかなか忙しい1冊でした。妖怪雑学もいつも通りたっぷりで今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
絶対城と礼音のもとに謎の美少年が迫る――。
四十四番資料室の妖怪博士が贈る怪奇譚、第五弾。
古い知り合いに年始の挨拶をするという絶対城に、荷物持ち要員として豪奢な屋敷へ連れてこられた礼音。二人を出迎えたのは、清楚な和風美女・櫻城紫だった。
研究の同志である絶対城と紫は、妖怪談義に華を咲かせる。疎外感を覚えた礼音は、近所の河原へと飛び出してしまうのだった。
そんな礼音の前に、朝霧シアンと名乗る不思議な雰囲気の少年が現れる。シアンは大学に戻ってからも、たびたび礼音の周囲をうろつくように。
その頃、礼音がシアンと出会った川に再開発の計画が持ち上がり、紫の周囲にも不審な噂が出始めるのだった――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座5

殺戮のマトリクスエッジ1

『殺戮のマトリクスエッジ』(桜井光著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ(イラスト完全版)
ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ(イラスト完全版)

サイバーパンク。て何だったっけか。
ふと気になってウィキペディア先生に聞いてみたのですが(後述)、確かにこれは正しくサイバーパンク作品です。攻殻機動隊的な。このジャンルの定石を踏んでいるため、がっつりとしたSFの割には分かりやすく世界観が描かれているように感じました。
市民の電脳化が進められた電脳都市に流れる「ホラー」と呼ばれる化け物の都市伝説。主人公はそのホラーを狩る掃除屋の少年です。彼が不思議な少女と出会うことで電脳都市とホラーに隠された秘密を暴いてしまう、というお話でした。
まだまだ序章という感じで、主人公がどういう人物なのか、とか、ルルイエがどういう世界なのか、とかをふんわりと説明して1巻は終わってしまいました。1巻だけだと評価しづらい作品です。ヒロインのうち1人は顔出し程度でしたし。
でもかなり好きな世界観だったので続きに期待します!

☆あらすじ☆
西暦20××年。旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。この都市には、電脳を喰らう獣がいる。それは、電脳ネット上、どこにも存在しない、人喰いの化け物どもだ。そして、彼・小城ソーマは奴らを狩る。鮮血と電子の満ちる裏路地で、彼は独り、獣を狩る。ある晩出会った不思議な少女と共に、彼は都市の大いなる陰謀に巻き込まれ、翻弄される。ライアーソフト「スチームパンクシリーズ」や『Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ』を手がける桜井光が紡ぎ出す、サイバーパンクアクション始動!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 殺戮のマトリクスエッジ1

iPhone6Plusでライトノベルを読んでみた。

iPhone5からiPhone6Plusに機種変更しました。

発売から早1か月と少し。巷では、大きすぎるだの曲がるだの落とすだの散々言われているiPhone6Plusですが、そこは問題じゃないです。
私にとって重要なのはスマホでストレスなく電子書籍が読めるかどうか。コレに尽きるので!
iPhone5ではとてもじゃないけど電子書籍を読む気にはなれなかったんですよね・・・・・・。

ちなみに、iPhone6Plusで電子書籍を読むことについては次の記事がとても参考になりました。
【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】アップル「iPhone 6 Plus」で電子書籍を試す ~5.5型、401ppiの高解像度で電子書籍の閲覧に最適 – PC Watch

 

 

上の記事を読めば「iPhone6Plusで電子書籍を読む」ということがどんな感じなのか、だいたい把握できると思います。
なので、ここでは専らラノベクラスタ向けにちょっとした補足を。iPhone6Plusでライトノベルを読むとどういう感じになるのか、各種サイズの端末と比較して紹介していきます。iPhone以外でも、5.5インチクラスのスマホ(ファブレット)の購入を検討されている方の参考にもなればいいのですが。

続きを読む iPhone6Plusでライトノベルを読んでみた。

対魔導学園35試験小隊1 英雄召喚

『対魔導学園35試験小隊 1.英雄召喚』(柳実冬貴著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

対魔導学園35試験小隊 1.英雄召喚 (富士見ファンタジア文庫)
対魔導学園35試験小隊 1.英雄召喚 (富士見ファンタジア文庫)

ぱんぱかぱーん。
アニメ化するということだったので、KADOKAWAセールで買っちゃいました。電子書籍セールって怖いですね。積読の数とか安さの前には些細な問題になってしまいますから(買ってから思い出す)。
でも買って良かった。予想以上に面白かったです!
物語の舞台となるのは魔女や魔法使いの脅威に対抗する人間を育てる学園。最初は流行の教官ものかと思っていたのですが、そうではなく、紛う事なき劣等生たちが活躍する物語でした。
小隊メンバーの交流をみればスポ根テイストですが、そこにファンタジーの薄暗さや不気味さが加味されていて、そのバランスがとても私好み。
あと、バニーガールを見て泣いてしまう主人公に笑いました。コメディパートも楽しかったです。
全体的なストーリー展開も王道ですがわかりやすく熱いし、ラストの引きもなかなか。
これはアニメ映えしそうだなぁ。続きもアニメもとても楽しみです。

☆あらすじ☆
魔力を持つ人間が滅びようとしている世界―武力の頂点の座は剣から魔法、そして銃へと移り変わっていた。残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』に通う草薙タケルは、銃が全く使えず刀一本で戦う外れ者。そしてそんなタケルが率いる第35試験小隊は、またの名を『雑魚小隊』と呼ぶ、劣等生たちの寄せ集めだった。しかしある日、『魔女狩り』の資格を有する超エリートの拳銃使い・鳳桜花が入隊してくる。隊長であるタケルは、桜花たちと魔導遺産回収の任務に赴くのだが―。甦る『英雄』を地に還すのは少女の銃か、少年の剣か!?学園アクションファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 対魔導学園35試験小隊1 英雄召喚

忠犬侍女の愛しの王子様

『忠犬侍女の愛しの王子様』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

忠犬侍女の愛しの王子様 (ルルル文庫)
忠犬侍女の愛しの王子様 (ルルル文庫)

ヒーロー信仰系ラブコメってもっと増えてもいいと思うんですよねーとか常々思っている私にぴったりな少女小説でした。
わんこな忠義者侍女と、優しい(?)王子様が、10年ぶりに戻った王宮で陰謀に巻き込まれるお話でした。
主従の距離感って・・・・・・?と思うこと間違いなしのベタ甘ラブコメです。疲れた脳の糖分補給になりましたよ。甘かったーーー!

☆あらすじ☆
「君はもう俺のものだから――」
幼いころ、親に捨てられ森の中で泣いていた自分を拾ってくれたファラール王子。それ以来、少女リーリアはファラールをご主人様と決め、王宮を離れて医師として働くファラールのそばを片時も離れず、忠実な侍女となって仕えている。
そんなある日、病弱な弟王子を治療するために、ファラールが王宮へ呼び戻されることに。王宮に同行したリーリアは、なぜか自分が侍女ではなくファラールの恋人だと周囲に勘違いされていると知り、驚愕する。「私なんかがご主人様と恋の噂なんて、おそれ多すぎます!」必死に噂を否定してまわるリーリアだが、なぜかファラールはいつも以上にリーリアを甘やかし気味で、過剰に接触してくる。そんなファラールの態度にドキドキを隠せなくなったリーリアは、身の程知らずで分不相応な自分の恋心を恥じて、ファラールから逃げようとするが…。
ご主人様大好き!な侍女と企み王子。極甘主従のラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 忠犬侍女の愛しの王子様

世界の終わりの世界録2 極光の竜帝

『世界の終わりの世界録〈アンコール〉2 極光の竜帝』(細音啓著/MF文庫J)★★★☆☆

世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)

前巻の感想はこちらから
世界の終わりの世界録1 再来の騎士 | 晴れたら読書を
古風な王道ファンタジー作品の第2弾。
最強すぎるパーティーメンバーに連れて行ってもらっているレンですが、徐々に成長の方向性が見えてきました。彼がどういう風に強くなっていくのか楽しみです。
物語としても、前巻ラストでほのめかされた大きな動きが徐々に表立ってきましたし、どういう展開をしていくのか気になります。
面白くなってきた!

☆あらすじ☆
伝説の英勇エルラインが遺した、世界の終焉と再来とを記した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める世界緑大争奪時代―炎の将魔討伐を果たし、レンたち「再来の騎士」は一躍世界中にその名を轟かせた。周囲からの注目を浴びつつ、一行は世界録の手がかりを求め竜姫キリシェの故郷である秘境リ・インファリエルへ向かうことに。道中で「カナン巡礼聖教船」、新たな始原精霊との邂逅を経て、辿りついた秘境。待ち受けていたのは、キリシェの妹である竜帝カルラだった。「人間、あなたはキリシェ姉様にとっての害悪です」。竜の長との激戦の調べの中、偽英勇は、覚醒の咆哮を上げる―いま、最も王道を行くファンタジー、反響の第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録2 極光の竜帝

Re:ゼロから始める異世界生活5

『Re:ゼロから始める異世界生活5』(長月達平著/MF文庫J)★★★★☆

Re:ゼロから始める異世界生活5 (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活5 (MF文庫J)

前巻までの感想はこちらから


前回でエミリアと最低最悪の訣別をしてしまったスバル。
今回はひたすらグズグズに腐っていました。どうすんのこれ。ここまでヘイトたまる主人公も珍しいです。
なんでそうなるの!しっかりしてよ!と始終イライラしっぱなし。
なのに面白いんですよねぇ。主人公は腐ってるし、状況はどこまでいっても悲惨で過酷なのに、目が離せません。
今回ようやく「魔女」関連での動きもちらっとありましたし。ああもう続きが気になる!!!

☆あらすじ☆
「もう、いいよ。――ナツキ・スバル」――エミリアとの最悪の別離より三日。逃げるようにして身を寄せたクルシュ邸で、レムの献身に甘え、心を腐らせていくスバル。そんな折、自分の在り方に迷うスバルの下へ、エミリアの窮地の報せが届く。
「そうだろ……俺がいなきゃ、駄目なんだって。絶対」
『エミリアを救うことで、己の価値を証明する』――昏い考えを胸に、周囲の制止を振り切りスバルはロズワール邸を目指す。だが辿り着いた懐かしの地でついに、スバルは本物の【悪意】と対面する……。激動と波乱の第五幕。絶望と死の螺旋、迫る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Re:ゼロから始める異世界生活5

オレと彼女の萌えよペン

『オレと彼女の萌えよペン』(村上凜著/富士見ファンタジア文庫)★★☆☆☆

オレと彼女の萌えよペン (富士見ファンタジア文庫)
オレと彼女の萌えよペン (富士見ファンタジア文庫)

「オタリア」の村上凜さんの新作。前作は未読です。
高校生漫画家の男女が合作で連載を目指して漫画を描く、というお話。
ラノベ作家や漫画家を主人公にする作品が最近増えてきたように感じます。ブームなのかな?

☆あらすじ☆
熱血バトル漫画家としてプロデビューを目指す俺、君島泉は技術を磨くためにプロ漫画家の生駒アギト先生のアシスタントをすることになったのだが…。彼女は俺の目指す漫画とは無縁の萌え漫画を描く女子高生で!?さらに超エロゲ好きで、極度の美少女&巨乳フェチ。「萌え」が分からない俺は彼女の言うがままに、勉強としてエロゲーをやらされたりする始末。しかも舌打ちするほど男に厳しいのに平気で下着姿をさらしてくるし…もう一体、なんなんだよ!!そんな俺たちが合作で漫画連載を目指すとか、冗談だろ!?

以下、ネタバレありの感想ですが、少しネガティブな意見です。ごめんなさい(´・ω・`)

続きを読む オレと彼女の萌えよペン