薬屋のひとりごと1


『薬屋のひとりごと』(日向夏著/ヒーロー文庫)★★★★☆

薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)

2014年8月刊。
とても面白かったです。
中華な世界観の後宮を舞台に、薬毒マニアの女の子が探偵役で活躍するライトミステリー。
冷静沈着で知性あふれるものの、かなりの変人という主人公が良いキャラクターでした。そして彼女をこき使っている態の宦官の青年がミイラ取りになっていっている様がとても楽しかったです。
連作短編のように、小さな事件を積み上げて大きな流れを描き出す構成なのですが、ひとつひとつの事件も味があって読み応えがあります。おすすめです。

☆あらすじ☆
大陸の中央に位置する、とある大国。その皇帝のおひざ元に一人の娘がいた。名前は、猫猫(マオマオ)。花街で薬師をやっていたが現在とある事情にて後宮で下働き中である。そばかすだらけで、けして美人とはいえぬその娘は、分相応に何事もなく年季があけるのを待っていた。まかり間違っても帝が自分を“御手付き”にしない自信があったからだ。
そんな中、帝の御子たちが皆短命であることを知る。今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。

以下、ネタバレありの感想です。

 

さらわれて後宮の下働きにさせられた少女猫猫(マオマオ)
養父の教育と特殊性癖のために薬物毒物に人並み外れて詳しい猫猫は、その能力を見出され、宦官の壬氏(ジンシ)によって寵姫・玉葉妃の侍女とされます。
後宮の上流階級に関わることになった猫猫は、壬氏の差し金やら何やらで後宮で起こる様々な事件の謎解きをしていく、というのがこの作品の概要です。

 

猫猫のキャラクターはとても良かったです
探偵役なだけあって、冷静沈着、そして豊富な薬毒の知識や花街で得た多くの知識で彼女は不可思議な事件をあっという間に解き明かしていきます。それだけデキる人間なのに、面倒ごとは嫌いだとばかりに目立つのをいやがる。顔を醜く化粧しているというのにはびっくりでした。
目立たないようにとても徹底している、なのに毒物をみると妖艶に恍惚としてしまうものだから返って目立つという。
頭が良いのにどこか抜けていて、観察力に優れているのに色恋には鈍感。なんとも愛嬌のあるキャラクターでした。

 

そんな猫猫をこき使う壬氏。
ミイラ取りがミイラになるという言葉はまさに彼のためにあるといえるでしょうw
終盤に近づくにつれてどんどん猫猫にのめり込む彼を見ているのは楽しかったです。マゾヒストな性格もなかなか好きでしたwそして、その傍で見守る高順の反応もとても面白かったです。
壬氏の正体は結局明示されたわけじゃないですが、まぁ明らかですよね。でも宦官じゃない(と思う)のに後宮出入りしてるのって大丈夫なんでしょうか。まぁ試金石って言ってたからいいのか?

 

猫猫と壬氏が関わる多くの事件、ひとつひとつは短編のようでいて、最後に全て少しずつつながるという構成はとても美しかったです。
全体的に、後宮や妓楼という閉鎖的な世界で、美しくも爛れて腐っていく人間たちに切なくなるお話でした。一番好きなのは阿多妃の話でした。 誰もが後ろ暗い感情を持つ世界で、阿多妃の真っ直ぐな姿勢はとても綺麗に私には見えたので。

 

この作品、単行本で出されていたものの文庫化らしいのですが、シリーズ化の予定はないのでしょうか。
猫猫と壬氏のコミカルなやりとりも良かったし、世界観と調和した謎の数々も面白かったので、ぜひ続きを出して欲しい良作でした。

 

薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)
日向 夏,しの とうこ主婦の友社
売り上げランキング : 2153Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

「薬屋のひとりごと1」への4件のフィードバック

  1. こんにちは、みか子さん。

    時々、過去にレビューなさった作品のレビューが送られてくるのですが、私の設定がおかしいのでしょうか?

    ちなみに今日は『薬屋のひとりごと』第1巻のレビューがおくられてきています。

    宜しくお願いいたします。

    1. はにまるさん、ご報告ありがとうございます!

      WordPressの読者登録による通知でしょうか?

      以前のブログで書いていた記事の一部だけをこちらのブログに手動で移していたので、その公開のタイミングで通知が送られてしまったのだと思います。
      本日(6月22日)公開した「薬屋のひとりごと」1巻のレビューも、以前のブログに載せていたものと同じものです。

      今後も全ての記事を移転させる予定はないのですが、時折、過去の記事が1、2件ほど公開されることがあると思います。
      過去の記事の通知を止める方法があるか、こちらでも調べてみます。

      ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。

  2. はい。そうです。

    ワードプレスです。

    古いレビューが送られてくるのは一部の記事の引越し作業をなさっているからなのですね。

    了解いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。