魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉1

『魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉』(川口士著/MF文庫J)★★★☆☆

魔弾の王と戦姫 (MF文庫J)
魔弾の王と戦姫 (MF文庫J)

10月からアニメ化。ということで、PVを見たらこの表紙と雰囲気が全然違っていて、気になったので読んでみました。
内容はファンタジー戦記。1巻はまだ序章という感じでゆるゆるとした雰囲気だったので、本題は2巻からなのかもしれません。凜々しい雰囲気のヒロインは可愛かったし、弓が武器というちょっと変わった主人公は面白そうなので続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
竜より与えられし武具を振るい、戦場を駆ける美しき少女たち――“戦姫”。王の下、7人の戦姫は7つの領地を治め、“ジスタートの七戦姫”として隣国に恐れられていた。ブリューヌ王国の小貴族の少年ティグルは、ある時かりだされた戦で、一人の戦姫と出会う。白銀の髪に紅の瞳、幻想的な美しさと他を圧する威容をあわせもつ少女、“銀閃の風姫”エレン。敵の総大将であるエレンを討ちとろうとするティグルだったが、彼女の人間離れした剣技の前に失敗してしまう。しかし、弓の腕に一目惚れしたというエレンに、「きみは、わたしの捕虜(もの)だ」と宣言されてしまい……!?
痛快無比なる最強美少女ファンタジー、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉1

クロス×レガリア8 王威の決戦

『クロス×レガリア 王威の決戦』(三田誠著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆

クロス×レガリア 王威の決戦 (角川スニーカー文庫)
クロス×レガリア 王威の決戦 (角川スニーカー文庫)

最終巻です。
〈おに〉と鬼仙の戦いに決着がつくのですが、なかなか面白い方向に突き抜けたなぁという印象を受けました。これまでの登場人物総出演で、綺麗に幕を降ろした作品でした。

☆あらすじ☆
ひとつの戦いに幕が降りた。それは謀略も奇策も西王母の力の前にただただ薙ぎ払われる、それだけの結末だった。
「俺には取り戻さなきゃならない、守ると約束した助手がいる」
馳郎が再起する傍ら、ついに姿を現す白鳳六家、序列第一位・真朱真冬。彼女の登場により、“おに”と人の戦いは馳郎、ジン、西王母―王権を持つものが王の在り方を示す戦いへと舞台を移す。しかし尚も戦況は悪化の一途をたどり、馳郎はナタを守るため!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クロス×レガリア8 王威の決戦

女騎士さん、ジャスコ行こうよ1

『女騎士さん、ジャスコ行こうよ』(伊藤ヒロ著/MF文庫J)★★★☆☆

女騎士さん、ジャスコ行こうよ (MF文庫J)
女騎士さん、ジャスコ行こうよ (MF文庫J)

Twitter等で「ジャスコってもうないの!?」と話題をさらったラノベ。読んじゃいました。
発売までの経緯を語る編集部ブログが面白かったし、この表紙の雰囲気がすごく良かったので。
内容は、異世界から現れた「くっころ」ちょろいんな女騎士と重度オタクのお姫様が、「ジャスコ」を巡り田舎に騒動を巻き起こす日常系コメディ。予想以上にくだらなくて読んでいて何度も笑いました。無駄にいっぱい伏線があるんですが、それが回収される瞬間の脱力具合がすごい。メタ発言がわからないところも結構多かったものの、勢いで読み切りました。
面白いというよりは楽しいというべき作品。軽い気分転換に丁度良かったです!

☆あらすじ☆
とあるど田舎、平家町に住む普通の高校生、瀬田燐一郎はある日、夜の田んぼで行き倒れているお姫様、ポーリリファと彼女に仕える女騎士、クラウゼラを発見する。二人はなんと異世界“魔法地平”から命からがら逃れてきたと言い出して、そこから始まるトンデモドタバタストーリー!?…と思いきや、「実は…この町では割とよくあることなんだ」「なんじゃと!?」
異世界人が珍しくない普通の田舎町で繰り広げられる女騎士系田舎日常コメディ、特に何事もなくのんびりスタートです。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 女騎士さん、ジャスコ行こうよ1

ナイツ&マジック1

『ナイツ&マジック1』(天酒之瓢著/ヒーロー文庫)★★★☆☆

ナイツ&マジック 1 (ヒーロー文庫)
ナイツ&マジック 1 (ヒーロー文庫)

メカオタクの青年が転生したのは剣と魔法とロボットの異世界だった!というファンタジー作品。
魔法とロボットという2つの要素がうまく噛み合った世界観が面白く、さらに元メカオタクの主人公の突き抜けた(暴走した)趣味人っぷりがとても楽しかったです。
今回は世界観や魔法等の説明にページを大きく割いているため、全体としてプロローグな感じでしたが、どんどん面白くなりそうな予感を抱かせる1巻でした。

☆あらすじ☆
とある一人の日本人が事故でこの世を去った。彼の魂は、異世界において『エルネスティ・エチェバルリア』として転生する。しかも、前世である日本人としての記憶を受けついだまま。エルの趣味嗜好も前世に倣ったものだった。彼は前世に続いて極度の『メカオタク』であったのだ。そんな生まれ変わった世界で、実在する巨大人型兵器である幻晶騎士と出会ったエル。彼は狂喜乱舞しながら、その操縦者となるべく行動を開始する。この世界での幼なじみを巻き込みつつ、メカオタクとしての暴走は続いていく―。
小説投稿サイト「小説家になろう」で大人気のロボットファンタジーがついに書籍化。
メカオタクだった青年が、転生し、思う存分本物のロボットを操る。

 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ナイツ&マジック1

自己紹介

はじめまして。みかこと申します。

以前、「みかこの読書日記」というブログでライトノベル等の感想を書いていたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

九州在住のラノベ好きです。
少女小説を含むライトノベル全般を読みます。
以前は少女小説ばかりを読んでいたので、少年向けライトノベルはまだまだ知らない作品ばかりです。面白い作品に出会う度に幸せを感じています。

人生で1作品しか選べなければ迷わず「伯爵と妖精」を選びますが、他に「東京レイヴンズ」、「薔薇のマリア」が特に好きです。谷瑞恵先生、あざの耕平先生、十文字青先生の著作はとりあえず作家買いしているはず。他にハマっている作品についてはおすすめラノベリストをご覧ください。
このブログで感想を書くにあたっては、読了直後の勢いであまり深く推敲せずに書いていることが多いです。変なことを書いていても多めにみてもらえれば嬉しいです。

 

読書メーターにも登録していますが、主にTwitterに出没します。
ライトノベルのことばかりつぶやくアカウントですが、フォロー大歓迎です。つぶやき等からラノベクラスタだと分かり次第フォロバすると思いますのでご了承ください。一緒にラノベの話で盛り上がってくれる人を常に探しています。


みかこさんの読書メーター

拙い感想を書くブログですが、どうぞよろしくお願いします。

クロス×レガリア7 女王の領域

『クロス×レガリア 女王の領域』(三田誠著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

クロス×レガリア 女王の領域 (角川スニーカー文庫)
クロス×レガリア 女王の領域 (角川スニーカー文庫)

最終決戦前編!
物語はクライマックスに向けて加速し、これまでの伏線の正体が明らかになっていきます。
次巻で完結なのですが、すでに今巻ですごい状況になっている・・・・・・(((( ;゚д゚)))

☆あらすじ☆
リコが姿を消してから間もなく、ナタと馳郎は白鳳六家の重鎮集う「六家総会」に列席していた。馳郎が白翁と認められるための会議は、かつての白翁後継者の乱入により戦況を大きく歪められる。「君は、世界のすべてを敵に回してでも、その少女を守るつもりがあるのかな?」先手を打つは月白弦摩。鬼仙と戦を起こすか否かを切り出す―
鬼仙、白鳳六家、白翁候補、底の見えない駆け引きに馳郎は!?役者集いし「六家総会」―始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クロス×レガリア7 女王の領域

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン5

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅤ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★★

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (5) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (5) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2014年3月刊。
どうしてこんなに面白いんだ!
今回は前半は海戦、後半は鉱山攻略戦、そしてラストには・・・・・・っ!という(どう考えても1冊におさままらないのが普通な)怒濤の展開もありつつ、登場人物間の心理描写も着々と埋め、おまけにしっかり感動させてくれるというバケモノ級の1冊でした。
こんなに濃密なのに340頁しかないんですよ。無駄な場面は一切ない証拠ですね。ほんとにすごい。
マシュー大活躍で私大歓喜!だったんですが、物語はそれどころじゃない事態へと・・・・・・

☆あらすじ☆
未知なる戦場「海上」で手痛い敗北を喫したイクタたち、カトヴァーナ海賊軍。驚異的な破壊力を誇る「爆砲」を装備するキオカ海軍に対して、もす戦略的撤退しかないと軍議がまとまりそうになったとき、海戦に関しては門外漢のはずの、ある少年が、爆砲艦への有効な対抗策を提言するのだった―。「肉を切らせて骨を断つ」がごとき、血で血を洗う激烈な海戦が幕を開ける!話題の本格派ファンタジー戦記、待望の5巻が登場。命ギリギリの容赦ない戦いは、激しさを増すばかり…!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン5

神話殺しの虚幻騎士1

『神話殺しの虚幻騎士〈フェイク・マスター〉』(八薙玉造著/角川スニーカー文庫)★★☆☆☆

神話殺しの虚幻騎士 (角川スニーカー文庫)
神話殺しの虚幻騎士 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2014年5月刊。
北欧神話をそのままライトノベルにした雰囲気のファンタジー。神とか巨人とかが普通に出てきます。中二な感じがすごく好みではあったものの、とても説明不足でした。よくわからんうちに1冊が終わってしまった・・・・・・。

☆あらすじ☆
神々に故郷を滅ぼされ、その追っ手から逃亡するクラウスと姉のリンデは旅の途中、氷の棺に閉じ込められた銀髪の少女と出会う。それはかつて神々と敵対し、封印されていた魔狼マナだった。「人間、貴様喰らってやろうか」封印を解き放つも、殺意を向けてくるマナに対しクラウスは悠然と言い放つ。「お前にとって俺が必要だと教えてやる…!」クラウスは命がけの交渉で伝説の魔狼を仲間に引き込もうとするのだが―!?

以下、ネタバレありの感想です。ネガティブ注意。

続きを読む 神話殺しの虚幻騎士1