マージナル・オペレーション2


『マージナル・オペレーション02』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★☆

マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)

軍事的才能に目覚めた元ニート・アラタの次なるオペレーションの舞台は日本。
1巻から1年もの間傭兵稼業を続け、「子供使い」という異名を持つに至ったアラタですが、実質は子供に振り回されています。なんだか前巻よりも少し人間らしくなったような。たくさんの子供を愛するお父さんなアラタと、その子供を死地に送り込むオペレーターとしてのアラタの矛盾がとても苦しそうでした。
その子供も思春期ですし。大変だ。でもそんな思春期地雷娘のジブリールも可愛かったです。

☆あらすじ☆
中央アジアでの戦いを経て、一年ぶりに日本に降り立ったアラタと2ダースの“子供たち”。彼らを待ち受けていたのは、空港での通り魔事件と、日本の国家組織を名乗る謎の女性“イトウさん”だった―。通り魔事件、イトウさん、新興宗教、そしてかつての上司と同僚…全てが結びついたその時、アラタは東京の市街での作戦遂行を決意する―。
『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が奏でる“現代の神話”、堂々の第二楽章開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

 

ジブリールをはじめとする子供たちに武器を持たせない未来を与えるために、日本に帰ってきたアラタ。
彼は1年間の傭兵稼業を経て「イヌワシ」「子供使い」として裏の世界で噂される現代の伝説と呼ばれる存在になっていました。大出世ですね。
ですが、そんな存在になった彼を日本政府が安易に受け入れるわけもありません。そこで、アラタは「イトウさん」と名乗る政府関係者の依頼を受けることに。
とりあえずは政府とお仕事をして、実績を得て日本で合法的に起業するか、それがダメでも今後の軍資金を得ようということです。

 

今回は前回以上にお金の話が出てきていた印象でした。いや、そもそもアラタが傭兵になったこと自体が生活費のためではあったのですが、今はジブリールたちの将来を考えてお金を稼ごうとする姿がとても「お父さん」だな・・・・・・と思って。子供たちに武器を持たせたくないけど、2ダースもの彼らを育てるために自分にできることは軍事だけだし、軍事をするためには子供たちに武器を持たせるしかない、という堂々巡りの悩みをずっと抱え続けているアラタは、1巻のときよりも人間らしくて良かったです。

 

着々と「お父さん」化しているアラタですが、一方でジブリールは思春期に突入。1巻では年齢がよくわからなかったのですが、中学生くらいなんですね。ヤキモチ焼いて泣いたりするジブリールは可愛かったのですが、アラタが彼女の想いに気づいてしまうのもそれはそれで問題が・・・・・・・。あれ?でも15歳差くらいだったらジブリールがもうちょい大きくなったら問題なくなるか。

 

前半の子供たちが受けるカルチャーショックの連続も面白かったのですが、やはりこのシリーズはオペレーションのシーンに入ると加速度的に面白くなりますね。犯罪組織や宗教組織との戦いは辛くも勝利しましたが、結果的に日本を予定より早く出国させられてしまいました。
意外にも再登場したソフィや、アラタ並のオペレーターであるシュスは今後も行動を共にすることになるのでしょうか。ソフィ自体のキャラは苦手なんですが、ジブリールの起爆剤になるんで面白くなりそうです。

 

でも3巻予告が不穏なんですよねー。まさか子供たちに死者が出ちゃうの?うー。怖い。

マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)
芝村 裕吏,しずま よしのり講談社
売り上げランキング : 18112Amazonで詳しく見る

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。