落第騎士の英雄譚2

『落第騎士の英雄譚〈キャバルリィ〉』(海空りく著/GA文庫)★★★☆☆

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)2 (GA文庫)
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年10月刊。
前半は少女漫画顔負けの甘さ。
なんだこの初々しいカップル!公共施設で何してくれちゃってるんでしょうね。ステラ可愛すぎて悶えてましたww
そして後半のバトルは熱かった!ああ見えて実は・・・・・・という展開は王道だけど大好物です。
ただ、ランクのつけ方だけがどうしても納得いかないんですよねぇ。
Cランクの幅が広すぎませんか?(=゚ω゚=;)

☆あらすじ☆
「なによ、あのセンパイばっかりひいきして!」学内戦で順調に勝ち星を重ねていく一輝とステラ。だがその一方で恋人としての関係はまったくと言っていいほど進んでいなかった。おまけに美人の上級生・綾辻絢瀬が一輝に剣術の弟子入りをすることになり、ステラのやきもちが大爆発。そんなある日、一輝は前大会ベスト8にして絢瀬にとって因縁の敵“剣士殺し”倉敷蔵人に絡まれ、やがて決闘することに!生徒会役員との戦い、初めての恋人との距離感、他校エースとの場外決戦―最底辺から並み居る敵をなぎ倒す学園ソードアクション、激闘の第2巻・開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 落第騎士の英雄譚2

レアリア1

『レアリア Ⅰ』(雪乃紗衣著/新潮文庫nex)★★☆☆☆

レアリアI (新潮文庫)
レアリアI (新潮文庫)

新潮文庫nex創刊ラインナップ3作目。
「彩雲国物語」で有名な雪乃紗衣さんの新作ということで楽しみにもしていたのですが・・・・・・。
うーん、構成がうまくいってない気がします。
世界観と設定はとても魅力的なハイファンタジーだったのですが、 読みにくさが気になりました。
ちょっと私には合わなかったです。残念。

☆あらすじ☆
軍事を担う魔女家当主・オレンディアの元に育った少女・ミレディアは、幼い頃に森で拾われた身。彼女は森で出会った青年・アキのことをずっと想ってきた。が、その念願の再会は、やがて世界に悪夢をもたらした。今、17歳となったミレディアは魔女家名代として、仲間と帝都へ向かう。両国の休戦、次期帝国皇帝候補の後見、そして、愛する彼を殺すために。

以下、ネタバレありの感想です。ネガティブ注意。
続きを読む レアリア1

いなくなれ、群青(階段島シリーズ1)

「いなくなれ、群青」(河野裕著/新潮文庫nex)★★★★☆

いなくなれ、群青 (新潮文庫)
いなくなれ、群青 (新潮文庫)

「いなくなれ、群青」は階段島という孤島に「捨てられた」人々の物語。
青春小説ですがSFっぽい印象を受けました。少し不思議系。
外へ出ることのできない階段島。階段島を訪れる直前の記憶を持たない「捨てられた人々」。
彼らが島を出るためにみつけなければならない「失くしたもの」。そして、階段島を管理する「魔女」。
不思議なキーワードが飛び交い、少年と少女の再会をきっかけに「階段島」の真実が明らかになっていきます。
作品のテーマに少しだけ寂しい気持ちになるけれど、少年たちの斜に構えた青臭さが心地よい作品でした。

☆あらすじ☆
11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎…。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。「階段島」シリーズ、開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いなくなれ、群青(階段島シリーズ1)

知らない映画のサントラを聴く

『知らない映画のサントラを聴く』(竹宮ゆゆこ著/新潮文庫nex)★★★★★

知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫)
知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫)

ああああああああああああ!!!
えぐってくる!なんかすごくえぐってくるよ!!
喪失と再生を、ぐるぐるぐるぐると回転しながら綴っていく物語。
私にとっては触れないでほしいところを的確にえぐってくる、読んでいて本当にしんどい作品でした。
なのに読後感が最高すぎて、もう!
無職の女と、コスプレ男。共通の喪失感を抱えたふたりの出会いが何を生み出すのか。
「とらドラ!」の竹宮ゆゆこさんが描くちょっと壊れた大人のボーイ・ミーツ・ガールです(ボーイ?ガール?かどうかはおいといて)。

☆あらすじ☆
錦戸枇杷。23歳。無職。夜な夜な便所サンダルをひっかけて“泥棒”を捜す日々。奪われたのは、親友からの贈り物。あまりにも綺麗で、完璧で、姫君のような親友、清瀬朝野。泥棒を追ううち、枇杷は朝野の元カレに出会い、気づけばコスプレ趣味のそいつと同棲していた…!朝野を中心に揺れる、私とお前。これは恋か、あるいは贖罪か。
無職女×コスプレ男子の圧倒的恋愛小説。

こんなにカオスなのにあらすじ通りの物語でした(((( ;゚д゚)))
以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 知らない映画のサントラを聴く

クロス×レガリア2 嵐の王、来たる

『クロス×レガリア 嵐の王、来たる』(三田誠著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆

クロス×レガリア 嵐の王、来たる (角川スニーカー文庫)
クロス×レガリア 嵐の王、来たる (角川スニーカー文庫)

面白かったんですが、・・・・・・最後のオチは絶対に許さない(´;ω;`)
自分の運命を受け入れた馳郎に待ち受ける試練。前回よりも馳郎が体を張って必死に戦っている感じがして、それが格好良かったです。今回でシリーズの方向性が見えた感じなのかな?

☆あらすじ☆
人の氣を吸う「鬼仙」の少女ナタ。彼女を護ると決意した馳郎は、莫大な資産と権力の後継者となった。だが義妹のリコに言われて出席した白鳳六家との顔合わせの場で、第四家・空の家の次代当主である北斗がいきなり攻撃を仕掛けてきた。風を操る「おに」=異能者からリコを護るため、馳郎とナタがとる秘策とは?そして戦いの中で互いへの想いを意識し始めた2人の関係は…?
さらにスケールアップ、興奮加速の第2巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クロス×レガリア2 嵐の王、来たる

灰と王国3 帰還

『灰と王国3 帰還』(風羽洸海著/エンターブレイン)★★★★☆

灰と王国3 帰還
灰と王国3 帰還

完結まで書籍化するようです。よかった。全4巻になるようです。
丁寧に作り込まれた堅実なファンタジー作品。サブタイトル通り第3巻は「帰還」の物語でした。
暗闇の中から始まった物語に、ゆっくりと希望が見え始めてきました。旅の始まりの頃と比べてフィンが竜侯として成長したことに頼もしく感じていたのに、最後の最後にヘタレてくれて全部台無しですよもう!!(褒め言葉)

☆あらすじ☆
――故郷を、取り戻す。 混迷の時代を生き抜くハイファンタジー、待望の第3部!
炎竜ゲンシャスを従え、帝国に反旗を翻したノルニコム女王エレシア。皇帝ヴァリスの命で、圧倒的な兵力で彼女を追い詰める将軍グラウス。そして、ナクテ領には若き帝位継承者セナトが舞い戻った。それぞれの想いが渦巻くなか、フィンら《北部天竜隊》はついにナナイスへと帰還する。
(そうだ、ここからまた始まるんだ)
再建を誓う時、天竜レーナがフィンにした”お願い”とは――。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 灰と王国3 帰還

落第騎士の英雄譚1

『落第騎士の英雄譚〈キャバルリィ〉』(海空りく著/GA文庫)★★★★☆

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年7月刊。
これは良いスポ根!!
白状すると中盤までテンプレな展開がちょっと辛かったのですが、終盤での努力家主人公の踏ん張りと、ヒロインとの関係のまとめ方がとても気に入りました。途中までテンプレ主人公とか思ってごめん!決めるべきときに決める格好いい主人公でした。
ジャンルとしては学園異能バトルなのですが、本作のバトルはあくまでスポーツ的なもの。
そして展開はテンポよく進み、中だるみせずに物語が進むところも良かったです。
そしてラブコメ要素も強め。コメディパートは楽しく笑えるのですが、妹ちゃんはちょっと・・・・・・。

☆あらすじ☆
魂を魔剣に変えて戦う現代の魔法使い《魔導騎士》。
その学園に通う黒鉄一輝は魔法の才能がなく落ちこぼれた《落第騎士(ワーストワン)》だ。だがある日、異国の皇女にして《A級騎士(ナンバーワン)》のステラから
『敗者は一生服従』という決闘を一方的に挑まれ――勝ってしまう! 一輝は魔法の代わりに剣技を極めた異端の実力者だったのだ!
「なんでもいうことをきかせればいいじゃない!えっち!」
悔しがりながらも一輝に惹かれ始めるステラ。
そして騎士の頂点を争う戦いの中、かつての《落第騎士》は
《無冠の剣王(アナザーワン)》としてすべての騎士からも注目され始める!最底辺から並み居る強敵をなぎ倒して駆け上がる学園ソードアクション開幕!!

あらすじが微妙に惹かれず期待していなかったのですが、読んでみたらあまりにも面白くてびっくりでした(´・ω・`)
以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 落第騎士の英雄譚1

光炎のウィザード5 恋は電光石火

『光炎のウィザード 恋は電光石火』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

光炎のウィザード―恋は電光石火 (角川ビーンズ文庫)
光炎のウィザード―恋は電光石火 (角川ビーンズ文庫)

新章開幕。悩めるゼストガさん回でした。
ストーリーはシリアスなのに、このこみ上げる愉快な気持ちは一体何なんでしょう。今回のゼストガさんの行動が喜劇にしかみえない。哀れな男ゼストガさん。

☆あらすじ☆
“学園”の見習い魔術師リティーヤの所属する研究室の責任者・ロードマスターに内通疑惑勃発!?無口・無表情・超甘党なお師匠ヤムセと離されて、魔導書調査委員会に預けられたリティーヤ。輝ける美貌と氷の毒舌の主・ゼストガに連れられて北の研究所で検査を受けるはずが、魔導書の横流し現場を目撃してしまい、敵対組織に追われて雪山をゼストガと二人で逃げ回るハメに!!
天然最強魔術師師弟の新たなる冒険、ここに開幕。

ヤムセ分が足りないぞ!ということでネタバレありの感想です。

続きを読む 光炎のウィザード5 恋は電光石火

浪漫邸へようこそ1

『浪漫邸へようこそ』(深山くのえ著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

浪漫邸へようこそ (小学館ルルル文庫 み 1-23)
浪漫邸へようこそ (小学館ルルル文庫 み 1-23)

医者を目指す学生の青年との出会いをきっかけに、没落華族のお嬢さんが下宿屋を営むことになるというお話。 
ゆるゆるとした日常が描かれていく、ほんのりと優しい物語でした。
あきさんのイラストと世界観が絶妙にマッチしていて、特にヒーローはあきさん史上最高のイケメンでした(私見)

☆あらすじ☆
大正初期。ある事情から、十六歳で家を背負うことになった貧乏子爵家の長女、紗子(すずこ)。偶然、危ないところを助けてくれた帝大生、伊織(いおり)との出会いをきっかけに、紗子は子爵邸で秘密の下宿屋を始めることになる。早速集まったのは、帝大生と画家と本屋、それに作家と写真屋というなんとも個性的な人々で!?
ワケあり子爵家ではじまった、賑やかで優しい同居生活とほのかな恋。美しく密やかに、乙女の恋は花開く――大正ロマン譚開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浪漫邸へようこそ1

ライフアライヴ!1 キミと始める学園総選挙

『ライフアラウイヴ! キミと始める学園総選挙』(あさのハジメ著/MF文庫J)★★★★☆

ライフアライヴ! キミと始める学園総選挙 (MF文庫J)
ライフアライヴ! キミと始める学園総選挙 (MF文庫J)

イラストがゆーげんさんというだけで買っちゃいました。結果、大成功!面白かったです!
「打倒現生徒会長」を掲げ、生徒会長選挙で勝てるアイドル的人気を獲得するために偽恋人として手を組んだふたりが主人公。偽物の関係のなかで本物の絆が作られる、というのは王道的展開でありながらも胸が熱くなりました。
ラブコメはラブコメでも、青春全開の王道ラブコメ。と見せかけて、ラストに明かされる「ある事実」によって一筋縄ではいかないところもみせてくれます。ヤンデレ好きは要チェック!!

☆あらすじ☆
生徒数7000人を誇る名門校、私立瀬海学園。そこへ通う生徒たちから『クズ先輩』と呼ばれ、恐れられている問題児・葛原北斗。ある日、北斗は後輩である凛多愛梨に「私の偽恋人になってくれませんか?」と頼まれる。愛梨は生徒会総選挙で勝利するために、不良である北斗の力を借りたいらしい。だが、敵は圧倒的な支持率を持つ『学園の歌姫』。しかも愛梨は周囲から『ジミ子』なんて呼ばれているぼっちな女の子で…!?
「愛してますよ、せ・ん・ぱ・い」「嘘デレだろ、それ」
ぼっちな彼女を学園の人気者へとプロデュースして、生徒会長に就任させろ!
あさのハジメ×ゆーげんが放つ劇場型青春ラブコメディ、堂々開演です!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ライフアライヴ!1 キミと始める学園総選挙