瑠璃龍守護録8 花嫁様のおもてなし!?


『瑠璃龍守護録 花嫁様のおもてなし!?』(くりたかのこ著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

瑠璃龍守護録 花嫁様のおもてなし!? (ビーズログ文庫)
瑠璃龍守護録 花嫁様のおもてなし!? (ビーズログ文庫)

なんだったんだ今回の話、とか思っていたら最後でいきなり話が動いてびっくりしました。そろそろ最終章なのかな?
夫婦が人目を気にせずに互いを賛美し合うのはいつものことですね。ごちそうさまでした。それにしても、鈴花の○○シーンはまだだったんですね。とっくに済ませていたような?気のせいだったか。

☆あらすじ☆
黎鳴に修行をつけた師匠たちが、影壁殿を次々と襲来!
逃げ腰の旦那様に代わり精一杯もてなそうとする鈴花だが、個性的な彼らに振り回され、しかも「今すぐ別れろ」通告されてしまった!! それでも絶対に離れないといつになく強気な弱腰嫁・鈴花を前に、ヘタレ旦那様・黎鳴は立ち上がれる、か……? ついに言いなり夫婦のあの秘密も暴露!?
大人気中華ラブコメ、大切な人を守る第8弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

旦那様のお師匠大集合☆の回でした。
剣の師匠希烈と薬学の師匠紫香が登場。
つっけんどんな態度で冷たくあたるけど、ほんとは黎鳴を心配しているんだよ・・・っ、はお約束ですね。今回はそれだけの話なのかなぁ、と途中までちょっと退屈だったんですが、終盤で一気に話が進みました。

 

虎光の正体、という半ば忘れかけていた伏線をもう一度置いたこと。
鈴花が勅命を使えるのは彼女に「王印のかけら」が埋まっているためだが、なぜそんな状態なのかという謎。
彩羅の身体の正体は地龍の巫女姫であり、彼女は鎮星国で起こった謀反から故郷を救うために「女王の剣」を欲して鈴花のもとに訪れたこと。
そして最後の最後に登場した景麗。王に名を呼ばれても傅かないのはなぜか。

 

おおー。改めて列挙すると、ほんとに一気に話が進んだ気がします。これは最終章突入ということなのでしょうか。期待ですね。

 

余談。
このシリーズでのお約束である黎鳴傅きシーンですが、だんだん彼はこれに幸せを感じてきている様子。アブナイ。ほんとうにアブナイ。
鈴花の酔っ払いシーンなんて王道な展開が今までなかったことにはちょっと驚いたのですが、この夫婦でやるとちょっと変態くさくなりますね。人前でお互いを賛美し合うのもいい加減にしろよこのバカップル!!w

瑠璃龍守護録 花嫁様のおもてなし!? (ビーズログ文庫)瑠璃龍守護録 花嫁様のおもてなし!? (ビーズログ文庫)
くりたかのこ,キリシマソウKADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング : 1141Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。