デスニードラウンド ラウンド1/アサウラ


デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)
デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)

評価:★★★☆☆
これはまた色々とギリギリな感じですね。
傭兵稼業をすることになった女子高生の所属するチームが、某ハンバーガー屋の人気キャラクターをもじったピエロの抹殺以来を引き受ける、というお話。傭兵のお話なので銃器火気が盛りだくさんで展開もシビアです。ホラーテイストもあったりして、マッドピエロがかなりグロく蠢いちゃったりしています。私、昔からあそこのピエロ怖くて苦手だったんですが、こいつよりはマシですね。マッドピエロ怖すぎる。
そして、食事シーンにめちゃくちゃお腹鳴りました。

☆あらすじ☆
多額の借金を背負う女子高生のユリは返済のために銃を持ち、己の命をリスクに晒す…そんな危険な傭兵稼業に手を出した。彼女は合法・非合法を問わず危険な仕事を請け負う「死に損ない」ばかりの松倉チームで仕事を始めるが、なぜか連れて行かれたのは都内のバーガーショップ。「こ、これ、ヤバくないですか!?超ヤバイですよね!?」ユリの初仕事は、なんとバーガーショップのマスコットキャラクターを襲撃することだった…!不可思議な仕事依頼を切っ掛けに、銃弾と血と笑い声が飛び交う常軌を逸した夜が始まる―ユリは未来を切り開くために戦い抜けるのか!?
『ベン・トー』のアサウラが描く衝撃の新シリーズ。

以下、ネタバレありの感想です。

 

少年向けラノベに珍しく女子高生が主人公です。
借金返済のために傭兵になった葛ユリ。彼女の「ケツ持ち」であるチームのメンバーが松倉大野武島の3人です。 この3人の名前って結局出てきませんでしたね。名字も本名か怪しいものです。

 

傭兵ものというだけあって、本当に多種多様な銃器が登場します。しかし、知識もないし挿絵もないためさっぱり分からず、かなりの部分を読み飛ばしてしまいました。銃を扱っているシーンの描写もかなり細かいんですが、肝心の部品の名称が何を意味しているのかわからないのでこちらもさっぱり・・・・・・。
好きな人には好きなんでしょうけどね。

 

ただ、そこらへんはわからなくても全体的な迫力や緊張感は十分に伝わってきて面白かったです。そして何よりシビア。
不可思議なチカラを使うマッドピエロのロナウダに対して、 どんどん窮地に陥っていく様は手に汗握るというか冷や汗だらだらでした。ピエロって何であんなに怖いのか・・・・・・私昔から苦手なんですよーっ!まぁ、ロナウダの結末はかなり可哀想でしたが。息子巻き添えって、救いがないなぁ。

 

それにしても、このシリーズ「ワック」だの「デスニードラウンド」とか、どう考えても元ネタバレバレな名称呼称を使いまくってるんですけど、大丈夫なんですかね。あとがきにしっかり「弁護士」について言及してあって笑ってしまいました。これは巧妙なマクドナルドとディズニーランドのステマですね。無性にあそこのフライドポテトが食べたくなりました。

 

食べたいと言えば、食事シーンはなんであんなに無駄に迫力あるんですか!お腹減るわ!!夜中に読んで後悔しました(ノД`)
著者の前作「ベン・トー」はアニメも原作もみたことないのですが、これ以上なんだろうな。なんたって弁当の話らしいですし。おそろしい・・・っ!

 

銃器描写にひっかかりまくってなかなか読み進めるのが大変だったのですが、それでも面白かったので2巻も読もうと思います。楽しみです。

デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)
アサウラ,赤井てらオーバーラップ
売り上げランキング : 1488Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。