封鬼花伝3 春に恋う咲きそめの乙女


『封鬼花伝 春に恋う咲きそめの乙女』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)
封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)

鬼の片腕問題解決編です。
刀火と千樹の関係も動きました。動いたんだけど、そこで止まっちゃうの!?ってところで固定されてしまいました。残念。
ただ私は、色気担当の刀火よりも弟王子のほうがだんだん好きになってきました。

☆あらすじ☆
「おまえは、仮妻にしない」
一之御子・刀火のため、成る絵を操る絵師となる決心をした千樹だが、それも束の間、彼から宮入の儀を無期延期にすると言われ、曉宮を追い出されてしまう。刀火の真意がわからず苦しむ千樹だったが、そこへ「わたしと浮気をして頂きたい」と二之御子・綾峰が迎えにきて!?一方、刀火に異変を生じさせた原因が「鬼の成る絵」だったことが判明し、千樹が犯人として疑われてしまい!?
緊迫の第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

鬼の片腕を持っているのは純鉄か、賢夕か。

 

解決編です。鬼は人の欲望をそそのかす存在で、それに操られてしまった人の末路は悲惨ですね。
というか、今回悲惨にさせたのは千樹の能力なのですが。姿絵切ったらオリジナルも同じように切られるとか・・・何それ超コワイ。

 

師匠を守りたかった純鉄、彼の想いは叶いませんでしたが変にひねくれずに彩遊先生のところでこれからもがんばってほしいです。

 

今回は千樹の恋の開花の話でもありました。
恋を自覚してすぐに告白してしまうとは。無自覚ですけど。
ただ、刀火は刀火で色恋にうつつをぬかす余裕がないのでこのふたりの関係はしばらく千樹の片思いというところで止まってしまいそうです。千樹の想いを受け入れないのは、彼女を大事に思う刀火の優しさとはいえ、もどかしいですねぇ。

 

あとあと!
弟王子の綾峰が好感度急上昇!
ウザキャラだったのは過去のこと。今や素直なピュアキャラに変貌してしまいました。もう千樹の相手は彼でもいいんじゃない?と真剣に思ってしまいました。

封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)
三川 みり,由羅 カイリKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 5220Amazonで詳しく見る

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。