乙女☆コレクション4 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ


『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★☆☆

乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ (コバルト文庫)
乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ (コバルト文庫)

貫主さまキターーーーッ!
予想通りのような予想外のような性格でした。 うーん、結人のライバルになれるのかはちょっと微妙なところかな?
巻を重ねるごとにキャラが濃くなっていく眼鏡執事が楽しすぎます。
あと、最近気づいたんですが、このシリーズは一昔前の少女小説というよりは、「はいからさんが通る」とかの時代の少女漫画のほうが近いです。びっくりしたときに片目に星が入っちゃう感じの。

☆あらすじ☆
柊スズメは、昼は女学生、夜は怪盗レディ・キャンディ。婚約者の結人さんは、レディ・キャンディを追う帝国陸軍少尉。もちろんスズメのお役目のことは知らない。ひょんなことからスズメは、レディ・キャンディの主君筋である貫主さまの護衛として、旧将軍家の忘年会に出席することになった。ところが、そこに警備として結人さんも来ていてーーー
レディ・キャンディ最大のピンチ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

ついに貫主さま、こと瑞鶴が本格登場です。

 

予想以上にゆるかった!そしてKYなキャラでした。
これは純粋というかアホというか。アホの子たくさんなシリーズなんで後者でしょうか。
スズメが自分のところに駆け落ちにきたって斜め方向に勘違いしちゃう可愛いお坊さん(?)でした。

 

結人が貫主さま相手にヤキモチ焼くのは面白いんですけど、恋のライバルってポジションに立てるんでしょうかねぇ?主役カップルが鉄板過ぎて、間に割り込むのはちょっと難しそうです。今回もすばらしく甘かったぁ・・・・・・

 

本筋の〈呪われ死宝物〉のほうでは瑞鶴想いの乳兄弟による狂言騒ぎが起こりました。
結人たちが徳河原家の忘年会に呼ばれたときはあの中佐絡みかと思ったんですが関係なかったですし。
今回は単純に貫主さまの顔見せ回だったってことなんでしょうね。

 

眼鏡執事がどんどん容赦なくなってきているのがドキドキする・・・。主君筋まで豚呼ばわりか。

 

どうでもいいんですが、このシリーズ読んでいると甘党ヒーローのせいでお菓子欲しくなるから困ります。
黒糖かりんとうと芋けんぴ、買っちゃった(´・ω・`)

乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ (コバルト文庫)乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ (コバルト文庫)
かたやま 和華,サカノ 景子集英社
売り上げランキング : 484190Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。