灰と王国2 竜と竜侯


『灰と王国2 竜と竜侯』(風羽洸海著/エンターブレイン)★★★★☆

灰と王国2 竜と竜侯
灰と王国2 竜と竜侯

前回はフィンの旅立ちを描いたお話でしたが、今回は竜侯となったフィンの方向性が定まるお話。
サブタイトル通り、竜侯がいっぱい出てきました。帝国絡みの様々な勢力も顔を出し、キャラの多さと彼らの立ち位置を把握するのが少し大変でした。1巻にあった説明を見返しつつどうにか話についていくような読み方ではあったのですが、丁寧に作られた世界観への没入感は1巻と同様でした。本当に濃厚かつ良質なファンタジー作品だと思います。

☆あらすじ☆
平易なWEB小説に飽きた、全ての人へ――。
<竜>と<人>が生きる本格ファンタジー!
天竜レーナと“絆”を結び、はからずも<竜侯>となったフィンはその地位を誇示することなく素朴な日々を過ごしていた。
「荒事だ。第八軍団が峠を越えぬように防ぐ」
ある晩、突如現われた闇の竜侯・青霧が切り出した依頼。下界と距離を置いてきた彼が動き出した、ある理由。フィンとレーナは帝国の争いに巻き込まれていく――。

以下、ネタバレありの感想です。

 

ちょっと情報整理。

 

とりあえずフィンはおいといて、「灰と王国」の物語の中では、現状、3つの勢力が緊張状態にあるようです。

 

まずは、現皇帝ヴァリスの帝国勢力。
そして、ヴァリスが殺害した前皇帝の養子である小セナトの後見人であるナクテ領主の竜侯セナト
この2派は次代の皇位継承権を争い対立していたのですが、2巻の終盤で小セナトをヴァリスの養子として皇位継承権を認めたことで一触即発の危機は回避したようです。

最後の勢力はノルニコム州の領主であり本物の竜侯エレシア。帝国からの独立を目論んでいる勢力です。

 

2巻は主人公であるフィンたちとは別に、上の3つの勢力、帝位継承争いの渦中の人物である小セナト改めセスタス一行のそれぞれ視点をいったりきたりしながら全体の状況を浮かび上がらせていくような構成でした。
瓦解していく帝国の状況は1巻から触れられてはいたものの、どうしようもないほどに末期のようですね。ヴァリス帝が賢帝のようだったのが意外だったのですが、その彼すらも諦めているような状況です。これからどうなっていくのか・・・。

 

今回のフィンは何とか中立の立場を保持したものの、竜侯としてついに表に出てきてしまったし、ファーネインを介してセスタスとも関わりを持ちそうだし(ファーネインが想像以上に悲惨な状況に堕とされていて衝撃を受けました)、彼の運命がどうなっていくのかも気になります。

 

そういえば、今回出てきた3人の竜侯のうち三勢力の一角であるエレシアはともかく、青霧ウティアもこの先、帝国の争いに関わってくるのでしょうか。なんとなくこの2人は竜侯の在り方と行く末を見せるためだけに登場したような気もします。青霧はフィンに竜侯としてのあり方のひとつを見せ、ウティアは長く生きた竜侯が人とは外れていく姿を見せました。

 

青霧に力の使い方を教えてもらい、フィンは力を持たない人々を守るために戦う竜侯となることを決めましたが、人とはかけ離れた存在であることと人と寄り添って生きていくことの折り合いをどうやってつけていくつもりなんでしょうね。結論は知っているのですが(嘘つき姫を読んでいるのでw)彼がその考えに至るまでの過程は知らないので楽しみです。

 

それにしても今回の話で一番驚いたのは、フィンが冒頭で嫁をもらうことへの夢を見ていたことでしたね。レーナを丸ごと受け入れてくれる人がいたら・・・って何じゃそりゃ!と唸ってしまいました。てっきり前巻でレーナと恋人同士になったと思っていたのですがそういうのじゃなかったんですね。レーナの方がよっぽどフィンへの恋心的ななにかを匂わせてましたし。

 

セナト老の悪巧みが不穏で怖いのですが、続きが気になるので3巻も楽しみです(出してくれるよね!?お願いします!!)

 

灰と王国2 竜と竜侯灰と王国2 竜と竜侯
風羽洸海,皆川史生KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング : 3988Amazonで詳しく見る

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。