笑わん殿下のヨメのたしなみ!1


『笑わん殿下のヨメのたしなみ!』(留萌まりか著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

笑わん殿下のヨメのたしなみ! (ビーズログ文庫)
笑わん殿下のヨメのたしなみ! (ビーズログ文庫)

すごい小説でした。
なんだろう・・・この勢いだけで最後まで突っ走ってみた感じ。
読みながら変な笑いがやたら出たものの、面白かったかと聞かれると「うん、私はね?」と答えてしまう感じ。
深く考えてはいけないラブコメ。しかも嫁姑もの。
朝ドラの「ごちそうさん」に出てくる小姑を思い出しました。ていうかまんまアレですね。
あと、「笑わん殿下」っていうタイトルはなんか違う気がします。

☆あらすじ☆
父王から密命を受け嫁いだレオの夫となったのは、冷徹・無表情・おまけにヨメに無関心の『笑わん殿下』ことオルフェス。しかもその傍らには、広大な王宮と絶大な権力を駆使して嫁いびりをするブラコンお義姉さま・セレーネが!
熊に襲われたりと命の危機にもめげず王宮の探索を続けるレオだが、見張りの騎士をぶっ倒し秘密の部屋を開けた先で見たものは――笑わん殿下の意外すぎる素顔で!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

ストーリー・・・・・・何だったのかな。

 

ヤギに乗ったブラコン王子が小姑に意地悪されるヨメを守る話?

 

たぶんそこまで外れてないです。たぶん。

 

ヒロインのレオノアはど根性プリンセス。
夫が冷たかろうと、小姑に意地悪されようと、強気に頑張る健気な女の子です。
でも、侍女たちとかが仲間についてるし、なんだかんだで夫も助けてくれるので孤独な感じは全然しませんでした。割と好きなタイプのヒロインです。

 

レオノアの夫オルフェスはタイトルにもあるように「笑わん殿下」というあだながついているのですが、そんなこともないという。
かなり最初のほうから笑いまくってます。拍子抜け。
そしてシスコン。姉に育てられたとかいい話を持ってきていますがシスコン。お裁縫が趣味なのは別に良いと思う。
シスコンとマザコンの男の人は要注意、という教訓の話ってことでいいんでしょうか(違う)

 

オルフェスの姉セレーネがいじわる小姑です。
ほら、「ごちそうさん」で杏ちゃんをいじめるお姉さんがいるじゃないですか。まさにそのイメージ。
こういう人を嫁かず後家っていうんでしたっけ?
レオノアと和解せずに最後までいじわる小姑を貫いた点はとても良かったです。

 

お話じたいは、オルフェスを溺愛するセレーネによる度重なるいじわるの中で、「あれ?でもこれ一歩間違えば死ぬんじゃね?」というトラブルが紛れ込んでいて何かオカシイ、というもの。

 

ストーリーは深く考えちゃいけないタイプのお話です。
オルフェスがペーター先輩にまたがって颯爽と救出に現れたところで満足しました。これに尽きる。

 

続きは・・・・・・いいかな・・・・・・。

 

人にすすめるほどではありませんが、読んでる間はとても楽しかったですし。なんか無性にどうでもいいことで笑いたくなったら読んでみるタイプの本でした。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。