英国マザーグース物語5 聖夜に捧ぐ鎮魂歌

『英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★★
英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (コバルト文庫)
英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (コバルト文庫)

衝撃的なラストを迎えた前巻に引き続き、今回もまた衝撃的なラストでした・・・。
物語は大きく揺れ動いております。
次巻が最終巻。
ネタバレなコメントしか思いつかない・・・。とりあえず4兄弟は本当に素敵でした。
5巻のあらすじが4巻の重大なネタバレになっているので、薄字にしました。反転したら読めます。

☆あらすじ☆
ジュリアンは、政府の間諜だった―。彼の目的が、セシルの父や、子爵家の内情を探る事だと知ったセシルは、「愛している」というジュリアンの告白を信じることができない。彼が去った新聞社で、ひとり記者の仕事を続けるセシルの元に、一通の招待状が舞い込む。王家主催の舞踏会…これにはクリストファーの思惑が絡んでいると予測したセシルは…。引き離されたふたりに、新たな危機が迫る!!

以下、ネタバレしかない感想です。

続きを読む 英国マザーグース物語5 聖夜に捧ぐ鎮魂歌

灰と幻想のグリムガル3 思い通りに行かないのが世の中だと割り切るしかなくても

『灰と幻想のグリムガル level.3 思い通りに行かないのが世の中だと割り切るしかなくても』(十文字青著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

灰と幻想のグリムガル level.3 思い通りに行かないのが世の中だと割り切るしかなくても (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.3 思い通りに行かないのが世の中だと割り切るしかなくても (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2014年3月刊。
うわわ鬼のような引き方をしてきた!
兵団指令編?今回はいろんなパーティーと一緒にオークと戦う集団戦です。
ハルヒロたちは弱いながらも着実にレベルアップしていっているのですが、どんどん強い敵に挑んでいくものだからいつものようにピンチの連続。
いつ誰があっさり死んでもおかしくない状況で、戦闘シーンの緊張感の高さは相変わらずです。
ほんと、「死」があまりにも近すぎて・・・。主要キャラでも容赦なく死にますからね。油断大敵。

☆あらすじ☆
ハルヒロたちが挑む、初の大規模戦闘(レイドバトル)……!
チョコって、もしかしてあのチョコ……?
思わぬ活躍で有名になったハルヒロと仲間たち。自信を付けた仲間たちと、悩み続けるハルヒロのもとに後輩となる義勇兵達が現れる。そこにはハルヒロの記憶に残る名前を持った少女もいた。そんななか、オルタナの街はオークたちの居座るデッドヘッド監視砦の奪還に向けて動き出していた。報奨金目当てに作戦参加を決めたハルヒロたちは、レンジやチョコたちと共に初の大規模戦闘(RAID)を戦うことになる。
灰の中から生まれた冒険譚は、いま大きな節目を迎える。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 灰と幻想のグリムガル3 思い通りに行かないのが世の中だと割り切るしかなくても

Re:ゼロから始める異世界生活3

『Re:ゼロから始める異世界生活3』(長月達平著/MF文庫J)★★★★★

Re:ゼロから始める異世界生活3 (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活3 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2014年3月刊。
面白かった!!!
前巻の重苦しい展開を経てこその解決編。カタルシスが素晴らしい。
正直苦手な主人公だったスバルの好感度もうなぎ登りです。相変わらず無力で泥臭いんだけど、今回はほんとにかっこよかったです。そしてほんとによく頑張っていました。
3巻をひとことで表すなら「E.M.T」ですね!

☆あらすじ☆
さあ、物語を動かそう。大切な人たちと、同じ朝日を迎えるために。
強い決意を固めて、屋敷の始まりの日へと舞い戻ったスバル。ロズワール邸で繰り返したループの記憶を総動員し、最高の選択を行うことで惨劇の回避を狙うスバルだったが、絶対に失敗できないという恐怖心とプレッシャーはスバルの心を蝕んでゆく。そんな砕け散りそうな心を抱えるスバルに、あの始まりの日と同じ微笑みを浮かべるエミリアが手を差し伸べて…。
「笑いながら肩組んで、明日って未来の話をしよう」大人気WEB小説、第三幕開始!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Re:ゼロから始める異世界生活3

Re:ゼロから始める異世界生活2

『Re:ゼロから始める異世界生活2』(長月達平著/MF文庫J)★★★★☆

Re:ゼロから始める異世界生活 2<Re:ゼロから始める異世界生活> (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活 2<Re:ゼロから始める異世界生活> (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2014年2月刊。
能力的に悲惨な主人公スバル。
1巻がチュートリアルで、2巻3巻から作品らしさが出てきて面白くなってくる(3巻あとがき談)そうです。確かに、2巻は前巻以上に面白かったです。世界観についてもやっと説明が出てきましたし。
今回はミステリー要素も入っており、さながら連続殺人事件もの(ただし被害者は・・・)。2巻と3巻は前後編となっており、今回は問題提起編です。
スバルは正直苦手なタイプの主人公だったのですが、読めば読むほど可哀想でしかたなくなります。

☆あらすじ☆
「あら、目覚めましたね、姉様」「そうね、目覚めたわね、レム」
王都での『死のループ』を抜け出したスバル。目覚めた彼は豪華な屋敷の一室で双子のメイド・ラムとレムと出会う。瀕死の重傷を負ったスバルは、エミリアの後見人ロズワール辺境伯邸に運び込まれたのだ。双子のメイド、禁書庫を守る幼い司書ベアトリスとの安寧で平穏な日常―は訪れず、館を舞台に新たな死の連鎖が始まる…。―絶対に、助けてやる!
大人気WEB小説、二ヶ月連続刊行で第二幕スタート!
俺だけは覚えている。大好きになった人たちと一緒に過ごした時間があったことを。

以下、感想・・・というか要約のメモ書き?重要なネタバレがあります。注意。

 

続きを読む Re:ゼロから始める異世界生活2

Re:ゼロから始める異世界生活1

『Re:ゼロから始める異世界生活1』(長月達平著/MF文庫J)★★★☆☆

Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALER】

2014年1月刊。
大流行の異世界召喚モノですが、この作品の主人公はとても現代っ子なのが特徴的。自分が突如おかれた状況も「異世界召喚もの」 だとすぐに理解し、なんだか他人事のような気の抜け具合。どんな状況でも軽口をたたくのですが、その内容がメタ満載。
彼を受け入れられるかどうかで作品の評価が変わってきそうですね。私は最初ちょっと戸惑いました。
この1巻はとても長い序章です。下のあらすじにあるようにループものですが、同じことを繰り返し読んでいる印象は薄かったです。

☆あらすじ☆
コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された高校生・菜月昴。これは流行りの異世界召喚か!?しかし召喚者はおらず、物盗りに襲われ早々に訪れる命の危機。そんな彼を救ったのは、謎の銀髪美少女と猫精霊だった。恩を返す名目でスバルは少女の物探しに協力する。だが、ようやくその手がかりが掴めた時、スバルと少女は何者かに襲撃され命を落とした―筈が、スバルは気づくと初めて異世界召喚された場所にいた。「死に戻り」―無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す、唯一の能力。幾多の絶望を越え、死の運命から少女を救え!大人気WEB小説、待望の書籍化!―たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む Re:ゼロから始める異世界生活1

棺姫のチャイカ1

『棺姫のチャイカ1』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカI<棺姫のチャイカ> (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカI<棺姫のチャイカ> (富士見ファンタジア文庫)

4月からアニメ化ということで、読んでみました。公式Twitterが可愛いかったので。
原作者は榊一郎先生。「ポリフォニカシリーズ」や、「アウトブレイク・カンパニー」などヒット作を量産する大御所ですね。なんというか、この人の作品はラノベの様式美を備えているのか読んでいて安心します(ポリ赤Sはいまいちだったけど)。 まだ序章ですが、面白くなりそうです。
この作品では、主人公がある動機をもってチャイカと行動をともにするのですが、その動機が普通と違って良いです。あとヤンデレな義妹もでてきます。怖いです。

☆あらすじ☆
目覚めればそこに義妹アカリの美しい顔があった。「兄様。おはよう」彼女は四つん這いで、俺―トール・アキュラの上に跨っていた。枕には、アカリ愛用の鉄槌が深々と突き刺さっている。戦乱の後フェルビスト大陸を兄妹で放浪し、その日暮らしをしてきたが、とうとう食い詰めてアカリは俺に業を煮やしたのだ。「働いたら負けだ」とひとりごちながら、食料を探しに山林へ入ると、何かが草むらに潜んで動いている。凶暴な棄獣かと構えたが、現れたのは小柄な少女だった。「お…襲う?」黒い衣装をまとい、棺を背負った不思議な少女は、大きな紫の瞳で俺を見つめる。彼女―チャイカと俺はこうして出会い、世界は再び動き出した。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ1

英国マザーグース物語4 裏切りの貴公子

『英国マザーグース物語 裏切りの貴公子』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★☆

英国マザーグース物語―裏切りの貴公子 (コバルト文庫)
英国マザーグース物語―裏切りの貴公子 (コバルト文庫)

お、面白くなってきた・・・・・・
そしてこの展開は予想してなかった!!
ちょっともう何を言っていいかわからないというか、読み終わった瞬間に頭真っ白になりました。
大 混 乱 !!

☆あらすじ☆
ヴィクトリアン・ミステリー、急展開!!取材に訪れた広場で、見知らぬ女性に声をかけられたセシルとジュリアン。ジュリアンの兄・ヴィクターの昔の知り合いらしい。行方不明のはずのヴィクターだが、彼女はなにか知っている様子で…?

以下、ネタバレ込みの感想ですが、本シリーズをこれから読む予定の方は絶対に見てはいけません。4巻まで読んでから一緒に絶叫しましょう。

続きを読む 英国マザーグース物語4 裏切りの貴公子

英国マザーグース物語3 哀しみのロイヤル・ウエディング

『英国マザーグース物語 哀しみのロイヤル・ウエディング』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★☆

英国マザーグース物語―哀しみのロイヤル・ウエディング (コバルト文庫)
英国マザーグース物語―哀しみのロイヤル・ウエディング (コバルト文庫)

マザーグースに彩られた英国ライトミステリシリーズの第3弾。
パートナーとして信頼関係を築いていくジュリアンとセシル。だんだんとタイムリミットが迫るなかで、ジュリアンに対するセシルの想いも揺れ動き始めました。そのジュリアンは今回も飄々としてるくせにやたら格好良かったです。
今回は、セシルのお母さんに絡んだエピソードでした。アッシュフォード4兄弟の家族愛に涙腺を刺激されました・・・。

☆あらすじ☆
19世紀末、ロンドン。殺人床屋に関する有名な都市伝説を記事にすることになったセシル。取材を続けるうち、床屋は実在するのではという疑惑を抱いて…!?また、アッシュフォード家に一大イベントが訪れた。皇太子妃のアレクサンドラからお茶会に招かれたのだ!あたたかい人柄と、絶世の美貌に恵まれた皇太子妃。だが、彼女の結婚生活は決して幸せではないことを知ってしまったセシルは…。

以下、各話の感想です。

続きを読む 英国マザーグース物語3 哀しみのロイヤル・ウエディング

にせもの公主の後宮事情3 淑女は大志を抱くものです?

『にせもの公主の後宮事情 淑女は大志を抱くものです?』(雨川恵著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

にせもの公主の後宮事情 淑女は大志を抱くものです? (一迅社文庫アイリス)
にせもの公主の後宮事情 淑女は大志を抱くものです? (一迅社文庫アイリス)

ヒロインに対してだけ猫をかぶっているヒーロー、今回は1巻のときのように病んでるレベルの愛の重さを発揮しています。
前巻は少し物足りなかったですからね。楽しかったです。
重すぎる愛に窒息しそうなヒロインがかわいいのですが、今回ようやく反抗期に入りました。

☆あらすじ☆
第2王子・天黎と結婚し正式に親王妃となった淑蓉は、苦手な奥様修業に挑戦中。そんな中、弘瑜の幼なじみ・名蓮と太子士傑の妃候補の姫フィエリアを、わけあって屋敷に迎えることに。恋愛相談にのったり、何者かに狙われる姫を守ったり(!?)と奮闘する淑蓉だけど、最も厄介な相手は夫の天黎!独占欲を隠さない天黎と大ゲンカになり、家出するけれど!?『幸せ』の定義って何ですか?糖度増量、大人気中華風ラブ第3弾登場!!

あれが果たして「家出」なのか・・・・・・。このあらすじ、なんか違う気がしてしょうがない。
以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む にせもの公主の後宮事情3 淑女は大志を抱くものです?

にせもの公主の後宮事情2 再会は絆を試すものです?

『にせもの公主の後宮事情 再会は絆を試すものです?』(雨川恵著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

にせもの公主の後宮事情 再会は絆を試すものです? (一迅社文庫アイリス)
にせもの公主の後宮事情 再会は絆を試すものです? (一迅社文庫アイリス)

猫かぶり系ヒーローの豹変が売りだったはずなのですが、続編となるこの巻ではおとなしくなってしまったような気がします。残念。
ヤンデレぽさが良かったのに、昨今はやりのヘタレ系ヒーローにジョブチェンジしてしまいました。
ただ、今回は淑蓉がちゃんと主人公らしく活躍していて、ふたりの関係もしっかりと深まっています。糖度も良い具合に高めです。
そして何と言っても印象的だったのは兄弟愛!

☆あらすじ☆
新米宮女の淑蓉は、兄のように慕う王子・天黎と婚約中。婚礼に向けて準備を進めると同時に、祝いに訪れる人々と対面するのに大忙し。それでも天黎と過ごせれば幸せと思っていたのに、そんな彼が隠し事をしている様子!!どうやら贈り物を持参した豪商・陶家が原因だと気づいた淑蓉は、天黎に内緒で陶家を訪ねる。そこで、天黎の秘密を知ってしまい!?『信頼』するにはすれ違うのも秘策です?人気急上昇中の中華風ラブ、待望の第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む にせもの公主の後宮事情2 再会は絆を試すものです?