花神遊戯伝7 あさき夢見し、百華の雪


『花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪 (角川ビーンズ文庫)
花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪 (角川ビーンズ文庫)

今回、辛すぎる!!!試練の回です。そして、神世の謎がかなり解き明かされています。

☆あらすじ☆
もと女子高生。異世界で“女神”になると心決めたはずが―敵対する帝・司義によって、魔物である滸楽に堕ちた“失格女神”の烙印を押された知夏。対抗するために祭祀を司る帰鼓廷に向かうが、そこには知夏にかわる次代の女神、新『緋宮』がいた。胡汀だけでなく、護剣士の『緋剣』たちとも引き離され、捕らわれる知夏。絶体絶命のピンチに、裏切るのは誰…!?「俺は一度、女神に追い掛けられてみたい」急展開の第7弾!!異世界トリップ・ファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

 

滸楽と通じたとの疑いをかけられた知夏は、自分の次の緋宮が決まったとの噂を聞き、急いで帰鼓廷に戻ろうとします。

 

しかし、裏切りに次ぐ、裏切りであっという間に孤立無援状態。
助かった!と思ったら裏切られ、窮地を脱した!と思ったらまた裏切られる。
読んでるこっちが神経すり減らされます。
ここまでひたすらピンチ→救援→裏切り→ピンチのループだったのは初めてじゃないでしょうか。
緋剣もぼろぼろ裏切るし。白雨さんの裏切りは一番こたえました。
盲目的信者の伊織と安心感のある味方・胡汀は捕まっちゃうし。

 

そして、ついに司義に贄とするために河に突き落とされた知夏がみた神世の記憶。
まさか、ここで一気に真相解明シーン突っ込んでくるとは。

 

星神さま、花神娶れるってウキウキしてたら首とばされちゃって不憫・・・・・・
結局、花神は月神(たぶん遠凪?)が好きだっただけで、天つ神に利用された挙げ句に堕ちてしまったってことですよね。恨み骨髄な感じなんですが、ここからどうやって収拾つけていくのか気になります。というか、もう神世の謎で残ってるのって何かあるっけ?1巻で異世界トリップしたときに出てきたお兄さんの正体ってもう分かったっけ?
だいぶ、前のほうの記憶があやふやなんで、どっかのタイミングで読み返したい。でも積読が多すぎて手につかない・・・!

 

神世の謎も解け、おそらく最大の敵である司義との対立も明確化したので、そろそろシリーズが終わる予感。
河に落とされ、謎の場所にいる知夏は架々裏の助けを得て無事に戻ってこれるのか!?

 

今回、遠凪さんの出番と台詞少なめだったので、次回は増量でお願いします。

花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪 (角川ビーンズ文庫)花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪 (角川ビーンズ文庫)
糸森 環,鳴海 ゆき角川書店
売り上げランキング : 32360Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。