薔薇のマリア19 たとえ明日すべてを失うとしても


『薔薇のマリア19 たとえ明日すべてを失うとしても』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)

BOOK☆WALKER配信をきっかけに大人買いしたシリーズ。とりあえず、これで本編は既刊全て読了です。というか、次が最終巻らしい。びっくりしたけど、これだけ綿密に伏線がはられて丁寧な人物描写がされているシリーズを一気読みできたのはラッキーでした。本当に面白かった。
トマトクン完全復活&主要キャラ集結でいよいよクライマックスの雰囲気!盛り上がっています!!

☆あらすじ☆
マリアたちの決死の敢行で“獄の獄”から完全復活を遂げたトマトクン。激戦のシャッコーに舞い戻ると、かつてない強さで悪魔たちを押し戻していく。そんな中、宙に浮かぶエルデンと共に、伝説の魔導王が姿を現し!?一方、幾万もの悪魔に取り囲まれ、防戦一方のワールオックの孤城に、アジアン率いる昼飯時の援軍が近づいていた。そのわずかな希望に城内の戦士たちは息を吹き返し、秩序の番人がついに攻勢に出るのだった!

以下、ネタバレありの感想です。

 

トマトクン完全復活で、無事ジョーカーたちと合流を果たしたZOO一行。
しかし、事態はあいかわらず最悪で、ダークサイドに堕ちたトモヨでてくるわ、ロム・フォウと飛燕が操られて仲間を攻撃し始めるわで大混乱です。でも飛燕とユリカの絆の強さもみれて良かった。この2人には無事に生き残ってほしいです。

 

19巻の前半で主要な人間勢力が徐々に集結を始めました。
アジアンたちは番人たちと合流。しかし、番人たちはまさに悪魔の大軍に襲撃されているさなかで死者が多数でました。まさかジンワンがこんな風に死ぬなんて思わなかった。セブンス編からジンワンはかなり好きなキャラだったのでショックでした。でも、かっこいい死に方だったので、そこは良かったです。
かたや、ZOO一行は突如降りてきたエルデンに乗り込むことに。エルデンのラピュ○化がすすむ・・・のは、いいとして、一緒に表れたキング・グッダーのキャラに衝撃を受けたのは私だけではないはず。「グッダービーム」って、おい。王様、はっちゃけすぎです。

 

エルデンに乗り込んだZOO一行はそのまま飛行し、ようやくアジアンたちと合流。
アジアンとマリアの再会!!!!待ってた甲斐があった!
マリア視点からアジアン視点に切り替わるとこがいいですね!久しぶりの馬鹿1号が素敵すぎます。状況を完全無視してマリアをさらって飛び上がり、いちゃいちゃしてベティに怒られる馬鹿1号。なんかすごくほっとしました。
この後、全員でエルデンに乗り込み悪魔たちと対決するのですが、アジアンのわんこ化は止まらず、トマトクンの指示にキレながらマリアにお願いされてあっさり従う姿とか。もう、これを読みたかったんだよ!てうなってしまいます。

 

物語はいよいよクライマックスで、次巻が最終巻らしいです。
伏線もだいぶ回収されてきましたが、まだまだ謎も多く残っています。
ジュジたちの目的は悪魔の殲滅?「こんなはずじゃなかった」世界のやり直し?
18巻冒頭の現代より少し未来ぽい雰囲気で出てきたEDENとは?
マリアに隠された秘密は?グッダーが「紛い物ども」って言っていたのが気になります。

 

いよいよ次巻で最終巻かぁ。ここまで一気に読んだので、だいぶ読み落とした設定とかありそうです。最終巻が出る前にVer0から読み返したらまた新しい発見があるんでしょうね。最終巻発売直前にでも読み返そうと思います。

薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)
十文字 青,BUNBUNKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 20674

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。