薔薇のマリア18 光の中できみが笑う今は遠くて


『薔薇のマリア18 光の中できみが笑う今は遠くて』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア 18.光の中できみが笑う今は遠くて (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 18.光の中できみが笑う今は遠くて (角川スニーカー文庫)

トマトクン救出大作戦!ZOO以外の登場人物たちも必死で生き残りをかけて戦い続けています。うーっ、面白い!

☆あらすじ☆
苦難の旅を乗り越え、城塞都市シャッコーでZOOの仲間たちとようやく再会したマリアローズ。しかし、トマトクンは死の淵にあった。ボロボロの身体には治療の効果もなく、もはや最期の瞬間まで見守ることしかできないのかと思われた時、彼を救う最終手段が提示される。そのわずかな希望を手に入れるには異界の最深部“獄の獄”に行く必要があると告げられ―トマトクンを救うため、マリアと仲間たちはさらなる苦難へ突き進む。

以下、ネタバレありの感想です。

 

冒頭からベティ姉さんが大変なことになってます。サフィニアもそうだけど、魔術師のレベルアップ具合が尋常じゃないです。
ZOOのメンバーと別行動中のカタリも奮闘。ピンチの連続だし、ルーシーのこともあるからいつ死ぬかハラハラしまくりです。
マリアと別れて仲間の元に戻ったアジアンもピンチ。ランチタイムのメンバーにも死者が多くでていたのが地味にショックだった・・・。
りりぃはB.B.に引き続き悪魔のストーカーに追い回されてました。マリア並に変態ストーカーに好かれるひとです。

 

そして、前巻でZOOのメンバー(カタリ以外)と合流できたマリアはソオルの導きにより、トマトクンの本体を救出しに「獄の獄」へ。前にちょろっと出てきたエリオットに遭遇し、彼の助けを得つつ、奮闘の末、トマトクン復活に成功します。この展開は熱かった!途中、マリアの脳内に羊に乗ったアジアンが出てきたシーンは久しぶりになごめてよかったです。

 

今回で、トマトクン完全復活したので、次回から人間側の逆襲が始まるのかな?期待します!
そしてアジアンとの再会はやく!

薔薇のマリア 18.光の中できみが笑う今は遠くて (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア 18.光の中できみが笑う今は遠くて (角川スニーカー文庫)
十文字 青,BUNBUNKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 22572

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。