薔薇のマリア14 さまよい恋する欠片の断章


『薔薇のマリア14 さまよい恋する欠片の断章』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア 14.さまよい恋する欠片の断章 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 14.さまよい恋する欠片の断章 (角川スニーカー文庫)

あちらこちらで恋の花が咲き乱れ、ストーカーはストーカーをストーカーしてます。
嵐の前の静けさのような1冊で、次巻から最終章だとのこと。トマトクンやマリアローズのバックボーンが少しずつ明らかになっているような、なっていないような。

☆あらすじ☆
長き因縁に決着をつけ、一時の平安を得たエルデン。ルーシーは着実に歩みを進め、カタリはエルデンデートに、ピンプは盃を重ね、トマトクンは体を休め、ユリカ、サフィニア、マリアローズはパジャマパーティ!?そしてアジアンはいつものように、薔薇の動向を気付かれない距離から見守っていた。だがそこにもう一つ、マリアに不穏な視線を送る影があった。マリアが、アジアンが!恋と世界の秘密に迫るシリーズ14巻。

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回は最終章を直前にした登場人物たちの日常を描いた1冊でした。とくに恋愛事情メイン。あと、トマトクンやりりぃやマリアの背景にも少しずつ触れていっています。

 

全編を通して暗躍していたのはアジアン。
押して駄目なら引いてみるヨ☆てな感じでマリアの気を引くためにあえてマリアに会わない(なぜか名前も口に出さない)という作戦をとったアジアンですが、意外にも(?)これがクリーンヒット。本人は聞いていないのですが、あのマリアが「会いたい」と口に出しちゃうくらい精神的ダメージを受けていました。あと一歩だ!
最初のほうはドMの変態のようなアジアンでしたが、ゴードンを追い詰めたラストのほうは最高にかっこよかったです。極限愛!
ゴードンの話だけでは、マリアに秘密があることくらいしかわからなくて、性別はやはり明らかになっていません。最近、女子化は著しいとはいえ、気になる!!個人的には、性別がないんじゃないかって疑っているのですが。ゴードンが口にしてた「完全」とか「不可能」とかからはそういう連想しか浮かびませんでした・・・。
ゴードンを始末してからアジアンがマリアに会いに行ったシーンはちょっと物足りなかったけど、素直になれないマリアのツンデレが可愛かったです。

 

全編を通して、といえばトマトクンの過去もちょいちょいはさみ込まれていました。最初の部分は、恐竜に立ち向かう原始人みたいだった(笑)900年以上、生きてるってことですよね。しかも、どこからか自分の意思で来た?SIXも前回そんなことを回想してましたが。ジョーカーが出会った人竜が「仏の顔も三度まで」と言ったり、けっこう現代日本を思わせるような言葉が出てきていたシリーズですが、やはりそこに何らかの意味があったんですね。最終章は薔薇マリの世界そのものが舞台になりそう。

 

登場人物たちの事情整理の如く、そこかしこで青春してた14巻。
カタリにも彼女?ができた!おめでとう!
飛燕とユリカは晴れて恋人どうしに。照れる飛燕が可愛かったです。この場面でユリカがマリアかトマトクンのどっちかの秘密(もしくは過去?)に勘づいている様子だったので、そこが気になって仕方なかったです。
ヨハンとフォールもやっとくっついたし。年増を気にするフォール姉さん(笑)
ジョーカーとクローディアのなれそめも大人の色気にあふれるエピソードでした。ジョーカーが伊達男すぎる!
恋愛事情以外にもパジャマパーティーが可愛いかった。女の子組の友情は揺るぎないですね。

 

なんか、一気に人物整理入ったんで、最終章を前にしてちょっと不安が出てきました(笑)
嵐の前の静けさ、というか。この中で誰か死んじゃわないよね?とか思ってしまったり。

薔薇のマリア 14.さまよい恋する欠片の断章 (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア 14.さまよい恋する欠片の断章 (角川スニーカー文庫)
十文字 青,BUNBUNKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 22130Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。