薔薇のマリア13 罪と悪よ悲しみに沈め


『薔薇のマリア13 罪と悪よ悲しみに沈め』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア 13.罪と悪よ悲しみに沈め (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 13.罪と悪よ悲しみに沈め (角川スニーカー文庫)

ルーシー編完結。といってもルーシーの活躍って・・・・・・?
今回はベアトリーチェの強さに感動し、トマトクンの存在感に圧倒され、アジアンのしょんぼり姿にニヤッとします。
そしていよいよ薔薇マリ世界そのものの謎に・・・迫る!?

☆あらすじ☆
ヨハンを失った秩序の番人は弱体化の一途をたどり、街にはSIXの唱える悪徳再生の声が響く。渦中で、マリアとトマトクンは決断する。曰く「今のお前に秩序の番人の総長を名乗る資格はない」―!?トマトクンついに動く!悩めるルーシーは街をさまよい、ベアトリーチェは秘めた想いをマリアに明かす。そして、街が喊声と殺気に沈む決戦の時、アジアンはマリアのために疾っていた―。ルーシー編、激動のクライマックス。

以下、ネタバレありの感想です。

 

ルーシー編、というかこれもうSIX編ですね。
ルーシーは、お父さんが極悪人だったことのショックからうまく立ち直りはしたものの、あまり活躍はできなかったよような。可哀想な境遇の少年なのは間違いないです。

 

前回のヨハンの危機にひやりとしてたら、やっぱり情け容赦ない扱いを受けていました・・・・・・一人で戦って耐えたヨハンは強すぎます。でも助かって良かった。どこで死んでもおかしくなさそうなのでヒヤヒヤしたものです。

 

今回はSIXと番人の全面戦争だったのですが、それを率いたのは3代目総長の座を奪い取ったトマトクン。天下一○闘会のようなトーナメント開催展開には驚いたものの、番人のひとりひとりのキャラを知ることができて良かったです。トマト無双がすごかったし。ねぼすけのくせにリーダー的カリスマ性をいかんなく発揮するトマトクンがかっこいい。

 

トーナメントといえば、最終決戦直前に乱入してきたアジアンのくだりは本当に爆笑しました。もう残念街道を突き進みすぎですよ。トマトクンに突っ込まれマリアに真剣説教をされてしょぼくれるアジアン、どんまい(笑)いつもの黒装束をやめてナントカ仮面みたいな奇抜なかっこが似合いすぎるアジアン。ここ数巻、アジアンの登場シーンってだけで反射的に笑ってしまってる気がします。
まぁ、SIXとの決戦追いかけっこではかっこよかったので・・・・・・相殺?無理か。

 

今回いちばんかっこよかったのは、なんといってもリーチェですけどね。前巻ではSmC編でのトラウマに苛まれている描写があったので不安でしたが、彼女は傷を受け入れ、凜々しく立ち向かえる素敵な女性に成長していました。SIXが改心するくらいだから、このシリーズ随一の成長具合ではないでしょうか。

 

これでSIX関連はおしまい、となるのでしょうね。死なないSIXの結末には少し苦いものを感じたりもするのですが、まぁ、この消化不良な感じが薔薇マリの魅力でもあると思うので・・・

 

そして、最後の最後に再登場したジョーカーが爆弾なげてくれました。もしやこれから薔薇マリの世界観そのものの謎に迫っていくのでしょうか。ワクワクが止まりませんね!
SIXがマリアを見て何か気づき、トマトクンに対し「あんなものを手許に置く」と発言した意味も、きっとこれから分かるのでしょう。マリアには何か秘密があるのはうすうす匂わされていたし。性別不明なこととか両親との血のつながりがないこととか、りりぃの発言とか。(てか、りりぃの正体がモータルレッドってあっさりSIX言っちゃったけど、前に出てましたっけ?けっこうビックリしたのですが・・・)

 

ああ!先が気になるヨ!!

薔薇のマリア 13.罪と悪よ悲しみに沈め (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア 13.罪と悪よ悲しみに沈め (角川スニーカー文庫)
十文字 青,BUNBUNKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 23362Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。