薔薇のマリア12 夜に乱雲花々乱れ


『薔薇のマリア12 夜に乱雲花々乱れ』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア 12.夜に乱雲花々乱れ (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 12.夜に乱雲花々乱れ (角川スニーカー文庫)

ルーシー編第2弾。マリア視点に戻りました。といってもヨハン様のメガネ萌えにもだえる番人から始まるのでびっくりしますが。あと、なんかマリアがやたら甘いです。甘ったるいです(良い意味)。
アジアンとの距離感がじれったい!!!

☆あらすじ☆
ZOOの新メンバー、ルーシー。彼の父親は、あのSIXなのか。マリアたちが息の根を止めたはずのSIXが、生きていたというのか。ルーシーにどう接するべきか戸惑うマリア。そして、真偽を確かめるために第八区へと向かい、SIXらしき男と対峙するアジアン。一方、SIXへの復讐を誓う、「秩序の番人」の副長ヨハンは…。「君を一度、この腕で抱けばよかった」―。最も過酷な最後の戦いが幕を開ける!慟哭の新章、第2弾登場。

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回はひたすら爆笑してた気がします。巻を重ねるごとに笑いのポイントがクリティカルヒットしている・・・

 

ルーシー編第2弾。ルーシーパパはやっぱりS.I.Xなのか?てところで終わった前巻に引き続いて今回は謎のモデルの正体を追うお話。

 

マリア視点に戻るとルーシーがさらに苦手に思えてきて困ります・・・笑
なんというか、あざとい子ですよね。しかも、ある程度自覚はあるけど止められないという、めんどくさいかまってちゃん。マリアがジェネレーションギャップにとまどうのも無理はないかと。

 

そして、ルーシーの父親はやっぱりS.I.Xでした。しかも、罠を仕掛けて番人の砦を制圧してしまうというSmC編を彷彿とさせる悪逆非道ぶり。ヨハン様がかっこよかったけど、すさまじく不安を残す引きです。

 

それはそうと、今回の個人的重要ポイントはアジアンに対するマリアの気持ちの揺れ具合でしょう!(力説)
アジアンは前巻に引き続き笑いが止まらないほど絶好調なんですが、今回はマリア視点ということでマリアの気持ちが読めてニヤニヤが止まりません。
chapter6の「青くとぼけた空の下で」は口絵、挿絵、ピンプのアシスト、マリアとアジアンがお互いに触れようとしてためらっちゃう空気etc.etc.と素晴らしいです!笑
マリアの気持ちはセブンス編からゆっくりだけど確実に以前とは違うものになってきているのに、じれったいのにもほどがある二人です。マリアが踏み出せないのは過去のトラウマのせいなのかなぁ、と思ったりもするので今は仕方ないのかもしれないですけど。
とにかく甘い!甘いヨ!
パーティー乱入のくだりも笑えます。きゅーとのバトルも笑えます。てかもうアジアンにはネタ要員としての存在価値しか・・・・・・いや、黒ビルでS.I.Xを追い詰めたときはかっこよかったか。

薔薇のマリア 12.夜に乱雲花々乱れ (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア 12.夜に乱雲花々乱れ (角川スニーカー文庫)
十文字 青,BUNBUNKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 22546Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。