灰と幻想のグリムガル2 大切じゃないものなんか、ない。

『灰と幻想のグリムガルlevel.2 大切じゃないものなんか、ない。』(十文字青著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

灰と幻想のグリムガル level.2 大切じゃないものなんか、ない。 (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.2 大切じゃないものなんか、ない。 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年11月刊。
等身大のRPGが読めるシリーズ第2巻。
同著者の「薔薇のマリア」は主人公マリア以外チート揃いですが、グリムガルはパーティーのほぼ全員が経験値ゼロからスタートなので、パーティーそのものの成長が読めて面白いです。
今回メリィが過去と決着をつけたり、ハルヒロがリーダーとしての成長を見せたりしますが、なんと言ってもランタが「ランタ」のまま好感度を上げてくるところが見所だと思います。
キャラ造形力(?)はやっぱり光ってるよなぁ。

☆あらすじ☆
……見捨てるなんて、できない。というか、見捨てるべきじゃない、と思う。
見知らぬ世界「グリムガル」へと連れて来られたハルヒロたちは経験を積んでようやく半人前から抜けだそうとしていた。ステップアップのために新たなダンジョン「サイリン鉱山」へと挑むのだが、そこはパーティに加わったメリィが過去に仲間を失った場所でもあった。順調にいくかと思われたハルヒロたちの探索だったが、予期せぬ仲間との別行動を強いられ、更にデッドスポットという異名を持つ巨大なコボルドが襲いかかる。新たな試練とともに、灰の中から生まれる冒険譚の第二章が紡がれる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル2 大切じゃないものなんか、ない。

ノーゲーム・ノーライフ1

『ノーゲーム・ノーライフ1』(榎宮祐著/MF文庫J)★☆☆☆☆

ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)

「このライトノベルがすごい2014」で上位ランクインしていたし、ストーリーが気になったのでとりあえず読んでみました。
うーん、苦手。微妙。

☆あらすじ☆
ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。世界を「クソゲー」と呼ぶそんな二人は、ある日“神”を名乗る少年に異世界へと召喚される。そこは神により戦争が禁じられ、“全てがゲームで決まる”世界だった――そう、国境線さえも。
他種族に追い詰められ、最後の都市を残すのみの『人類種』。空と白、二人のダメ人間兄妹は、異世界では『人類の救世主』となりえるのか?
――“さぁ、ゲームをはじめよう”。

以下、だいぶネガティブな感想です。


続きを読む ノーゲーム・ノーライフ1

果てなき天のファタルシス

『果てなき天のファタルシス』(十文字青著/星海社FICTIONS)★★★☆☆

果てなき天のファタルシス (星海社FICTIONS)
果てなき天のファタルシス (星海社FICTIONS)

とても感想に悩む1冊です。
というのも、これは1冊完結なんですが、続きが読みたい。なんというか1冊だと物足りないというか。
いやでも1冊で終わってるからこそ良いんじゃないか、続いたら蛇足だろう、とかも思ってしまう。
読了後の喪失感というか寂寥感というか、何とも言えない気分にさせられる小説でした。
滅びゆく世界のなかで、晴れ渡る青空がとても印象的な作品です。
ちなみに、著者のあとがきはありません(けっこう楽しみだっただけに残念)が、解説はぜひ読んだ方がいいかと。作品への理解が深まるし、解説者の著者への愛が伝わってきて面白いので(笑)

☆あらすじ☆
空が青い。なんて青いんだろう──。
正体不明の敵・ファタルに蹂躙され、滅びに向かう黄昏の世界。人類に残された僅かな街の一つ、朧市では、少年少女までもが前線で命をかけて戦う。
記憶を失った主人公・大海八尋もまた、刀を手に、絶望的な戦いに身を投じてゆく。全てが不確かであやふやで、失われてしまうものであるとしても──それでも、世界は美しい。
異才・十文字青が同人誌『BLACK PAST』に発表し、話題をさらった長編を加筆訂正し、解説を加えて星海社FICTIONS化。解説・坂上秋成

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 果てなき天のファタルシス

灰と幻想のグリムガル1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ

『灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ』(十文字青著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年6月刊。
大好きな薔薇マリの十文字青さんの新作(といってもあと数日で2巻が刊行されますが)。
薔薇マリのように、読んでる人間の心を抉ってくるような心理描写を期待して買いました。評判も良いみたいですし。
心理描写そのものは薔薇マリほどきつくはなかったものの、とても丁寧かつ繊細に描かれています。さすがすぎる。他の十文字青作品も買います!
「突然RPGな世界に放り込まれました」といった感じの主人公たちが右も左も分からず、その日を生きていくためにとりあえず戦って行くお話。お金の話がやけに世知辛いのは薔薇マリも同じでしたね(笑)
薔薇マリではマリア以外のZOOメンバーは最初からハイレベルでしたが、グリムガルは全員がレベル1。そのためか、けっこう雰囲気が違います。RPGの序盤をプレイしているときのようなハラハラした感じがたまりません。やばい、やばいって、全滅しそう、やばっ!みたいな。
とても面白かったので2巻以降も期待できそう!

☆あらすじ☆
そこには幻想は無く、伝説も無い。十文字青が描く「等身大」の冒険譚がいま始まる!
おれたち、なんでこんなことやってるんだ……?ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。
生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。その先に、何が待つのかも知らないまま……。
これは、灰の中から生まれる冒険譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ

おこぼれ姫と円卓の騎士7 皇帝の誕生

『おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生』(石田リンネ著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)

キルフ帝国編完結。皇帝は途中から予想通りだったなぁ−。相変わらず地の文の視点が乱れてて誰のモノローグなんだかわからない箇所が多いです。
でも今回はヒロイン不在でヒーローである騎士たちがやっと輝いてくれたので、満足です(笑)

☆あらすじ☆
最強女王、囚われる――!! 大人気シリーズに、とんでもない強敵登場!?
「騎士王、貴女こそが皇帝に相応しい」――己の秘密を知る“誰か”の存在により、キルフ帝国後継者争いに巻き込まれたレティーツィア。そこへ、ずっと行方不明だったキルフ帝国第四王子・アルトールが姿を現した!なんと彼は『神殺しの魔法陣』を使ってレティを拘束。目の前で主君を奪われたデュークは、アストリッドと共にレティを助け出そうとするが……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫と円卓の騎士7 皇帝の誕生

金星特急外伝

『金星特急・外伝』(嬉野君著/新書館ウィングス文庫)★★★☆☆

金星特急・外伝 (ウィングス文庫)
金星特急・外伝 (ウィングス文庫)

すでに完結している金星特急(全7巻)の短編集。
雑誌のほうで本編終了後に連載されていた「外伝」と書き下ろし「花の海で」が収録。ユースタス&砂鉄の話も2話あります。この2人の話が私は大好きです。
書き下ろしは錆丸のその後。うーん、不穏(笑)

☆あらすじ☆
フランス外人部隊の砦に調査潜入した白鎖五十二位の夏草は、瞳の中に虚無を抱えるルイという中隊長に出逢い…?金星の残した不思議な力を回収すべく世界を旅する砂鉄とユースタス。純国普と戦いながら言語の研究を続ける王女達と、それを護衛する月氏達。そして金星との娘を育てる錆丸。錆丸と金星の世紀の恋の一方で語られなかったいくつかの物語と、彼らの旅の後日談を描いた、大人気シリーズ珠玉の番外篇集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 金星特急外伝

花神遊戯伝7 あさき夢見し、百華の雪

『花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪 (角川ビーンズ文庫)
花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪 (角川ビーンズ文庫)

今回、辛すぎる!!!試練の回です。そして、神世の謎がかなり解き明かされています。

☆あらすじ☆
もと女子高生。異世界で“女神”になると心決めたはずが―敵対する帝・司義によって、魔物である滸楽に堕ちた“失格女神”の烙印を押された知夏。対抗するために祭祀を司る帰鼓廷に向かうが、そこには知夏にかわる次代の女神、新『緋宮』がいた。胡汀だけでなく、護剣士の『緋剣』たちとも引き離され、捕らわれる知夏。絶体絶命のピンチに、裏切るのは誰…!?「俺は一度、女神に追い掛けられてみたい」急展開の第7弾!!異世界トリップ・ファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花神遊戯伝7 あさき夢見し、百華の雪

薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2

『薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2 (角川スニーカー文庫)

つぼコロ完結。11巻の次に刊行されていて、時系列的にもSmC編後、最終章前のどこらへんかです。
甘い青春小説(途中だいぶ鬱)でした。レニィたちがエルデンで生きづらそうなのを見てると、マリアがZOOに入ってからどれだけ生活が楽になったのか分かる気がします。

☆あらすじ☆
あの人と会われるんですか?コロナがレニィに発した一言。“あの人”が誰を指すか、レニィはすぐに理解した。しかし、それだけでなく、攻撃的で、恨みがましくて、それでいてすがるような、何とも言いがたい輝きに揺れているスミレ色の瞳。かすかに潤んだコロナの目に、レニィは怯んでしまい…。少しずつ、少しずつ、距離を縮めていく2人。天然系魔術士コロナと孤独な少年レニィの物語、完結編。ついに登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリアVer5 つぼみのコロナ2

薔薇のマリア19 たとえ明日すべてを失うとしても

『薔薇のマリア19 たとえ明日すべてを失うとしても』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)

BOOK☆WALKER配信をきっかけに大人買いしたシリーズ。とりあえず、これで本編は既刊全て読了です。というか、次が最終巻らしい。びっくりしたけど、これだけ綿密に伏線がはられて丁寧な人物描写がされているシリーズを一気読みできたのはラッキーでした。本当に面白かった。
トマトクン完全復活&主要キャラ集結でいよいよクライマックスの雰囲気!盛り上がっています!!

☆あらすじ☆
マリアたちの決死の敢行で“獄の獄”から完全復活を遂げたトマトクン。激戦のシャッコーに舞い戻ると、かつてない強さで悪魔たちを押し戻していく。そんな中、宙に浮かぶエルデンと共に、伝説の魔導王が姿を現し!?一方、幾万もの悪魔に取り囲まれ、防戦一方のワールオックの孤城に、アジアン率いる昼飯時の援軍が近づいていた。そのわずかな希望に城内の戦士たちは息を吹き返し、秩序の番人がついに攻勢に出るのだった!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア19 たとえ明日すべてを失うとしても

薔薇のマリア18 光の中できみが笑う今は遠くて

『薔薇のマリア18 光の中できみが笑う今は遠くて』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア 18.光の中できみが笑う今は遠くて (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 18.光の中できみが笑う今は遠くて (角川スニーカー文庫)

トマトクン救出大作戦!ZOO以外の登場人物たちも必死で生き残りをかけて戦い続けています。うーっ、面白い!

☆あらすじ☆
苦難の旅を乗り越え、城塞都市シャッコーでZOOの仲間たちとようやく再会したマリアローズ。しかし、トマトクンは死の淵にあった。ボロボロの身体には治療の効果もなく、もはや最期の瞬間まで見守ることしかできないのかと思われた時、彼を救う最終手段が提示される。そのわずかな希望を手に入れるには異界の最深部“獄の獄”に行く必要があると告げられ―トマトクンを救うため、マリアと仲間たちはさらなる苦難へ突き進む。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア18 光の中できみが笑う今は遠くて