薔薇のマリアVer3 君在りし日の夢はつかの間に


『薔薇のマリア Ver3 君在りし日の夢はつかの間に』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリアVer3 君在りし日の夢はつかの間に (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer3 君在りし日の夢はつかの間に (角川スニーカー文庫)

薔薇マリ短編集第3弾。
今回はアジアン率いるクラン昼飯時(ランチタイム)の連作短編です。
ランチタイムメンバーを通して浮かび上がるアジアン像が本編とかけ離れている不思議・・・・・・

☆あらすじ☆
いっそ、クランでも作ってしまったらどうかな…その身を黒衣に包んだ物静かな男が発した一言がすべての始まりだった―マリアローズがピンチになると、甘い言葉とともに必ず助けに現れる、クラン“昼飯時”の頭領アジアンの今まで語られなかった過去と日常。気軽に昼飯時をともにできる仲間たちは、いかにしてアジアンのもとに集い、そして心酔していったのか。シリーズ随一の個性派クランの大切な思い出を描くエピソード集。

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回の短編ではアジアン目線は全くなく、ランチタイムのメンバーを通してアジアンを見ることになります。
時系列的にはランチタイム設立からSmC事件まで。

 

「切情編」「事情編」
ランチタイム設立メンバーの出会いのお話。取り立て屋クラニィの視点で進むのですが、クラニィって誰だっけと思っていたらSmCに殺されたメンバーでした・・・。
事情編はなんか、ハードボイルドな探偵もの(推理なし)を読んでいるような気分になるお話でした。アジアンがリクっぽかった。クラニィが素敵おじさんすぎてこのあとの展開が怖かったです。

 

「有情編」
ベティがアジアンに看病される話。つぼコロで出てきたトモヨさんが回想シーンで一瞬出てきたけど、本編で登場することはあるんでしょうか。てか、ベティもアジアンが好きなのか?

 

「恋情編」
なんかもう、アジアンもてまくりだなっていうお話。個人的にはダリエロとミシーリャの組み合わせがお気に入りです。ロリコンか。あと、何度か短編で出てきたやたら長い名前のメガネがまさかランチタイムのメンバーだとは思わなかったからびっくりしました。
メンバーにストーキングされてたアジアンはマリアをストーキング中だったんだろうな。

 

「余情編」
あああああああ・・・・・・。くるか、くるか、と思ってたけどやっぱり書くのか。クラニィの最期。クラニィが素敵すぎて読むのが辛かったです。

 

「純情編」
SmCに従わざるを得なくなった状況のランチタイムの話。マリアたちの本編の裏側はこんなかんじだったんですね。ZOOも素敵だけど、ランチタイムも負けてない感じです。本編にもっと出てくるんだろうか。

 

 

それにしてもマリアを前にしたときのアジアンと仲間うちのアジアンが違いすぎる。恋は人をバカにするのでしょうか。マリアを相手にしてるときのアジアンのほうが愛すべきバカで好きですが、クールでミステリアスなアジアンのほうが本性なんでしょうかね・・・

薔薇のマリアVer3 君在りし日の夢はつかの間に (角川スニーカー文庫)薔薇のマリアVer3 君在りし日の夢はつかの間に (角川スニーカー文庫)
十文字 青,BUNBUNKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 25288Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。