薔薇のマリア7 SINBREAKER MAXPAIN


『薔薇のマリアⅦ SINBREAKER MAXPAIN』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリア VII.SINBREAKER MAXPAIN (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア VII.SINBREAKER MAXPAIN (角川スニーカー文庫)

ジェードリ編完結。
ただし、全編への伏線のような幕引きなので要注意。ZOOのみんなのカタリに対する想いに涙する1冊です。

☆あらすじ☆
「カタリを生き返らせてやれるかもしれん」マリア、ユリカをはじめ、ZOOの面々が仲間の死に打ちひしがれていた時、トマトの発した一言が再びZOOに力を与える―いざ、洞窟を抜け神殿の奥底へ!今、マリアたちの決死の潜入作戦が決行される。迫るタイムリミット!行く手を阻む暗闇と謎の化物!!そしてトマトをも圧倒する存在!?果たしてマリアに笑顔は戻るのか、そして血塗れ聖堂騎士団との決着は!?ジェードリ編、完結。

以下、ネタバレありの感想です。

 

前回、マリアを守って命を落としたカタリ。祭壇が近くにないジェードリでは、蘇生も難しい状況であるため、冒頭からお通夜状態のZOO一行。
マリアだけでなく、他のZOOのメンバーも今までにない姿を見せていくのですが、印象的なのはユリカでした。ユリカの内面って今まであまり描写されていないように思うのですが、ここにきてチラ見せ。自分の身体に対するいらだちと、髭に対する複雑な気持ちが切なかった。

 

そんな中、血塗れ聖堂騎士団の占拠する神殿に、古い祭壇が残っているかもしれないという情報が入り、ついに血塗れ聖堂騎士団との最終決戦に突入します。
ここでまたしても大活躍なのがジョーカー。クローディアとの口づけシーンから大人の渋さがたまらなく感じていたのですが、兵隊を鼓舞するシーンとか、読んでいて鳥肌ものでした。

 

ジョーカーたちが正面突破するなか、ZOOのメンバーは隠し通路から内部に潜入。そこで出てきたのが1巻で出てきた「魂集め」。神殿の守護者的なものらしいが、なぜここに?これに関しては作中解答が出ていないので、どうも伏線のような気がします。
その先ではサー・ジューダス改めロシュとの戦闘。というかトマトクンの一騎打ちなんですが、ここでもさらにトマトクンの謎は深まるばかり。お前は一体誰なんだ!ソオルという新キャラも突如登場しましたし、クエスチョンマークの乱舞です。

 

今回、結論からいえば血塗れ聖堂騎士団からジェードリを救えたし、カタリも復活したし(本当に良かった!)、一応の解決は見せるのですが、なんだかスッキリとはしませんでした。結局、神殿の地下にいた「魂集め」の謎、トマトクンの正体、アジアンの正体については次巻以降に持ち越しですしね。ロシュというか、サー・ジューダスも再登場フラグが立てられたし。
でも、ローラの死に涙し、カタリの死に涙し、最後のルカとリクの童話のような旅立ちシーンにじーんとしたりで、今までになく感情をゆさぶられた気がするジェードリ編。面白かったです。

 

次回からはやっとアジアン出てくるのかなぁ?エルデンが恋しくなりました。

薔薇のマリア VII.SINBREAKER MAXPAIN (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア VII.SINBREAKER MAXPAIN (角川スニーカー文庫)
十文字 青,BUNBUNKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 22076

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。