薔薇のマリア5 SEASIDE BLOODEDGE


『薔薇のマリアⅤ SEASIDE BLOODEDGE』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリア V.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア V.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫)

あれ?これ薔薇マリ??・・・て思うこと間違いなしの1冊。マリアとZOOの仲間たちの出番少なすぎるよ!アジアン不足たまらないよ!
でも泣けます。面白かった。この1冊はマフィアもの(?)として読むつもりでいればOKです(??)

☆あらすじ☆
一通の手紙が届いた。差出人はジョーカーというトマトクンの旧友。莫大な資産を配分するから会いに来いという何やらあやしげな内容だったが、トマトクンの一声で、ZOOはジョーカーの住む、まだ見ぬ海の街に旅立つことに。しかしマリアたちは、そのとき旅路の先で起きている危機をまだ知るよしもなかった。旅先に集結する新たなZOO、妖しい教団、マフィア、そして“罪そのもの”!?―ついに舞台はエルデンの外へ。新章早くも最高潮。

以下、ネタバレありの感想です。

 

舞台はエルデンから遠く離れたジェードリという港町へ。
マリアたちは、ZOOの仲間ジョーカーから呼び出しくらって大移動。この巻では移動はじめ、移動中、到着の3シーンしか登場しません。マリアが黙って置いてきたアジアンなんか出番一切ないです(号泣)
でも、エルデンやアジアンから離れてマリアの心境に少し変化??
4巻でアジアンに言われたことをきっかけに素直にZOOのメンバーを「好き」だと自覚。絶対口に出さなくても仲間が大事で大好きで大切にしたい、という思いがあふれてます。
でも、アジアンには別れを告げようとかこっそり決意してたり。えぇー・・・

 

一方、移動中のマリアたちZOO一行の目的地であるジェードリでは大変な事態が引き起こされています。というか、5巻のほぼ全てジェードリで起こった出来事を書いていて、マリアたちは次巻以降で事態に絡んでいく構成のようです。マリアたちが出ないのは本当に残念だったのですが(★ひとつ分くらい)、この巻の登場人物も非常に魅力的で、戦闘の迫力も相変わらずだし、とても面白かったです。

 

なにより、パンカロファミリーが熱い!!マフィアのファミリーってどうしてこう胸が躍るんでしょうね。マフィアものっていったら角川ビーンズ文庫の「デ・コスタ」も少女小説にあらぬスリリングな面白さがあって大好きだったんですが、これは(レーベルの違いか)男くさくて武闘派な感じが良かった。エンツォ・パンカロが素敵すぎます。あとチーロもカタリに通じる愛すべきバカで大好きです。
いいなこのファミリー、って思ってたら薔薇マリお約束の非情な展開で号泣ですよ。ちょっと!!やめてよ!!
仲悪い兄弟なのにファミリーのピンチで結束、最後は末弟をみんなで守って・・・・・・とか。もう!鳥肌たちまくりです。

 

泣いたといえば、ローラのシーンはそれ以上に涙なしで読めませんでした。この巻、どれだけ私の涙腺を刺激する気なんだ!直前まで、養い子たちの視点から間接的にローラの人物像を描いていたのに、最後の最後にローラ自身のモノローグを挟むなんて・・・。ローラ、いい女すぎて辛い。

 

ジェードリを襲った血塗れ聖堂騎士団の存在が不気味ですが、ZOOとは次巻から対決する様子。うーん。、どうなるんでしょう?

 

ジェードリ編終わるまでアジアンの出番はなさそうなのが、寂しい。

薔薇のマリア V.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア V.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫)
十文字 青,BUNBUNKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 21131Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。