薔薇のマリア2 壊れそうなきみを胸に抱いて


『薔薇のマリアⅡ 壊れそうなきみを胸に抱いて』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア II.壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア II.壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)

アジアンきたーーー!!と思ってたらいきなり窮地に立っちゃってます。
薔薇マリの世界がいかに冷たく生きづらく容赦のない世界なのかよくわかる第2巻。あとがきによると、ここからようやく本編スタート?(ver0→1→Ver1と読んだせいで序章が長すぎた・・・)物語が動き出してます!

☆あらすじ☆
喪神街(オレストロ)で伝説の魔導女王を葬ったマリアは、街で一人の少女ベアトリーチェと出会う。蒼い瞳が印象的な美少女がマリアにもたらしたものとは、儚い微笑み、極悪クランの罠、ほんのちょっぴりの強さ、そして―。エルデンの街がクラン同士の抗争にのみ込まれ、マリアに最悪の危機が迫るとき、再びZOOの仲間が立ち上がる!義のために押し殺す愛、愛するがゆえの非情。誇り高き仲間たちが再び闘いに挑む、待望のシリーズ第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

 

Ver.0で素晴らしい存在感を放ちつつ、1巻ではこっそり薔薇を放り投げただけのアジアン。

 

2巻では冒頭から窮地に立っています。
まさかVer.0でマリアを助けるためにSmCの子悪党ひとりを殺したことが彼をこんなに追い詰める結果になっているとは・・・

 

一方で助けてもらったときはアジアンを冷たく突き放したマリアは、すっかりZOOに馴染んでツンツン具合もどんどんおとなしくなっています。女の子2人と甘いお菓子食べて幸せそうにしてるとか、ほんと性別どっちなんですか?

 

でもマリアが脳天気にしてたのも冒頭の間だけ。1巻での出来事が尾を引いてあっという間にピンチの連続に陥っていきます。しかし、マリアにはZOOがいる。ZOOの関係ってほんといいですね。ベアトリーチェと一緒に捕まったマリアを助けにきてくれてマリアが感極まったとこなんて、読んでいてジーンとします。ありがとうが素直に言えなくて言葉に詰まってるマリアが可愛いです。

 

その後のベアトリーチェ救出作戦での苦い展開といい、薔薇マリの世界は本当に容赦なく冷たく厳しいものなのですが、だからこそ一人じゃ生きていけなくて誰かと寄り添いたいという想いが強く描かれているのだと思います。

 

しかし、2巻でトマトクン(旧名メロンクン)の正体がますます謎だらけに。不老なの?化け物なSmCのボスSIXとも因縁がありそうだし。彼は一体何者なのか。

 

アジアンもアジアンで、どんどん窮地に立っているみたいだし。彼の正体も謎だらけですよね。クランのメンバーにも教えてないみたいだし、Ver0で唐突にマリアローズを愛しちゃったこととも何か関係があるのでしょうか?

 

というか主人公であるマリアローズですら謎だらけ。性別もだけど、ベアトリーチェに惚れたか云々の話で「そんなことはありえない」「そもそも無理なのだ」とか考えたのはなぜ?似たようなことをアジアンも考えてたけど、どういうことなんでしょうか。

 

もう、気になることだらけで頭が混乱状態です。
まぁ物語は始まったばかりだし、残酷で暗い世界観に引き込まれていく一方なので、伏線が回収されるのを楽しみに続きを読んでいこうと思います。

薔薇のマリア II.壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア II.壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)
十文字 青,BUNBUNKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 5291Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。