薔薇のマリア Ver0 僕の蹉跌と再生の日々


『薔薇のマリア Ver0 僕の蹉跌と再生の日々』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリアVer0 僕の蹉跌と再生の日々 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer0 僕の蹉跌と再生の日々 (角川スニーカー文庫)

Book☆Walkerで一斉配信されたから買ってみたシリーズ。タイトルと表紙の雰囲気がすごく好みだったので。実は1巻のあとに出版された前日譚なのですが、ネット上でファンの方々がこれから読んだ方がいいとおっしゃっていたので、先人のアドバイスに従って読んでみました。これから読んでもほんとに何も問題なかったです。弱いマリアの独白が胸をえぐります。

☆あらすじ☆
漆黒のダンジョンに、お宝目当てで潜り込む美しき“侵入者”がいた。名はマリアローズ。外見以外取り柄のないマリアにとって、チマチマ稼ぐことが唯一の生きる道だった。ある時、ド派手な鎧に身を包む謎の大男とその仲間に誘われ、危険度最悪の“閉鎖魔宮”に潜入することに。慣れない集団戦、おのれの弱さに絶望、くじけそうになるマリアに対し、謎の大男のとった意外な行動とは!?史上最弱の主人公と誇り高き仲間たち最初の物語登場。

 

これは、なんというか、面白いのだけど胸が痛くなる感じの小説でした。

 

美人だけど弱くてひとりぼっちのマリアローズが、トマトクン率いるZOOに入るまでのお話です(1巻はZOO加入後しばらく経っているらしい)。
マリアローズはとても美しいんだけど、性別不詳(「女じゃない」って叫ぶけど「男だ」って頑なに言わないのはなぜ?わざと?)でとても口が悪い。つきまっとってくるアジアンに対してもツンツンしてます。ほんとに男だか女だかわからないツンツン具合がちょっと面白いです。

 

そんなマリアローズがトマトクンに誘われてクランを見学してみたはいいけど、集団行動にうまくなじめず、自分をかばって死者まで出してしまう(ただしすぐ生き返るというRPG設定)。
マリアローズが自分の弱さ無力さにいらだつ独白がとても切ないです。マリアと一緒に鬱々とした気分になることができます。役に立てないから一緒にいたくない、と思いつつ、ZOOのメンバーが自分を探してくれていたことを知って喜んでしまうマリア。そんな素直になれないマリアを可愛く思うと同時に、陰惨な過去がトラウマになって、自分が原因で誰かが死ぬような状況を避けてきたんだろうなぁ、と悲しくなります。

 

ただ、マリアが開き直って爆弾を投げ始めるくだりからがとても良いです。直前までうじうじ悩んでいたのにパッと開き直ってしまうマリアを見てると、直前まで同じく鬱々としていた気持ちがスッキリします。結構好きな主人公かもしれないです。弱いけど。

 

この巻自体は、やはり前日譚だからなのか、色々事件は起こるのにどこか単調な感じがぬぐえませんでした。ただ、キャラがとても良くたっていたので、続きが楽しみです。マリアローズの過去とか最後のアジアンのエピソードとか気になるし。そしてまたもや大人買いしてるし(学習しろ)

薔薇のマリアVer0 僕の蹉跌と再生の日々 (角川スニーカー文庫)薔薇のマリアVer0 僕の蹉跌と再生の日々 (角川スニーカー文庫)
十文字 青,BUNBUNKADOKAWA / 角川書店
売り上げランキング : 17171Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。