薔薇のマリア11 灰被りのルーシー

『薔薇のマリア11 灰被りのルーシー』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア 11.灰被りのルーシー (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア 11.灰被りのルーシー (角川スニーカー文庫)

セブンス編から1年とちょっと経っています。マリアの成長にじーんとくる。個人的にアジアン祭りで、なんか不思議なくらい笑いまくってました。新キャラ・ルーシー視点で、新章の序章なんだけど外伝的な雰囲気の1冊です。

☆あらすじ☆
マリアは、悪漢にさらわれかけていたルーシーを助けトマトクン邸へと招く。お金も行き場もないルーシーは、エルデンで独り立ちしようともがき苦しむ。そんなルーシーはアンダーグラウンドへと誘うマリア。目的地はD3“渾沌峡間”。多くの侵入者が探索に挑戦し、生還できなかった難所でZOOのメンバーたちは…。少し成長したマリアとZOOを襲う新たな試練、ルーシーに秘められていた衝撃の真実。驚天動地の新章、スタート

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア11 灰被りのルーシー

薔薇のマリアVer4 hysteric youth

『薔薇のマリアVer4 hysteric youth』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリアVer4 hysteric youth (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer4 hysteric youth (角川スニーカー文庫)

薔薇マリ短編集。時系列としてはVer0から1巻の間です。ZOOに加入して間もないマリアのツンツン具合を愛でる本でした。アジアンを出せーーー!(時期的に無理だけど)

☆あらすじ☆
足元から照りつける太陽、幻のドラゴンに、艶めかしい鳥怪人、そして包帯だらけの儚げな美少女…無統治王国首都エルデンの地下に広がるアンダーグラウンドでの恐ろしくも刺激的な冒険と出逢いは、孤独な生活で、すっかり冷め切ってしまっていたマリアローズの心を、少しずつ解きほぐしていく―ZOOに入ってまだ間もないころの、ちょっぴり独りよがりだったマリアの冒険と成長を描く、エピソード集。抱腹絶倒の書き下ろしも収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリアVer4 hysteric youth

薔薇のマリア10 黒と白の果て

『薔薇のマリアⅩ 黒と白の果て』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★★
薔薇のマリア X.黒と白の果て (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア X.黒と白の果て (角川スニーカー文庫)

文句なしに面白かった!!!
セブンス編完結です。アジアン絡みの伏線はこれで全部回収されたのかな?

☆あらすじ☆
ついに幕を開けた“7Sと七つの勝負”。魔術士ルヴィー・ブルームが仕向けた、七つのステージで待ち受ける強敵に挑む、八人の誇り高き仲間たち―捕らえられた“昼飯時”のメンバーを救うため、勝算も定かでない過酷な勝負に、みな爽やかな笑顔で身を投じてゆくのだった。一方マリアも自分の役割と使命を理解し、帰り道なき戦いに挑んでゆく―。戦いの果てにマリアは、そしてアジアンは何を見るのか、そして二人の想いは…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア10 黒と白の果て

薔薇のマリア9 さよならの行き着く場所

『薔薇のマリアⅨ さよならの行き着く場所』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★★☆
薔薇のマリア IX.さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア IX.さよならの行き着く場所 (角川スニーカー文庫)

前回のニヤニヤする幕引きから一変し、事態は不穏な空気に。ランチタイムが大変なことになってます。
なんだか4巻を彷彿とさせるニヤニヤシーンも大増量。でも個人的にはジンワンがイケメンだったことに衝撃を受けました。

☆あらすじ☆
ZOOが留守にしていた間に、エルデンでは“昼飯時”のメンバーが姿を消してしまう失踪事件が発生。メンバー消失の痕跡を求め、アジアンに協力することになったマリアたちだったが、目の前に現れた“白い魔術士”により、アジアンともども最悪のゲーム“7Sとの七つの勝負”に参加することに…ZOO、昼飯時、S*K、今クランの枠を超えた仲間たちが結集し、決戦に挑む!マリアとアジアンの想いが交錯するシリーズ新章、急展開。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア9 さよならの行き着く場所

薔薇のマリア8 ただ祈り願え儚きさだめたちよ

『薔薇のマリアⅧ ただ祈り願え儚きさだめたちよ』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリア VIII.ただ祈り願え儚きさだめたちよ (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア VIII.ただ祈り願え儚きさだめたちよ (角川スニーカー文庫)

何が起こっているのか分からない新章スタート。
アジアンとランチタイムのメンバーがおかしなことになっていて、これはアレだなと思っていたらアレでした。
ラストのアジアンとマリアのシーンにニヤニヤが止まりません。

☆あらすじ☆
ジェードリでの戦いが終わり、帰路につくZOO一行。ホッと一息つけるはずなのに、なぜかマリアの頭の中をよぎるのは、うっとうしいはずのアジアンのことばかり。自らの気持ちに戸惑いながらエルデンに戻ってきたマリアだったが、目の前に広がるありえない光景に、今まで閉じていた心が、ついに氷解する!?舞台は再び“無法者の街”エルデンへ―新たな戦いの予感と様々な想いが交錯する、誰も予想できない驚きの新章、スタート。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア8 ただ祈り願え儚きさだめたちよ

薔薇のマリア7 SINBREAKER MAXPAIN

『薔薇のマリアⅦ SINBREAKER MAXPAIN』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリア VII.SINBREAKER MAXPAIN (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア VII.SINBREAKER MAXPAIN (角川スニーカー文庫)

ジェードリ編完結。
ただし、全編への伏線のような幕引きなので要注意。ZOOのみんなのカタリに対する想いに涙する1冊です。

☆あらすじ☆
「カタリを生き返らせてやれるかもしれん」マリア、ユリカをはじめ、ZOOの面々が仲間の死に打ちひしがれていた時、トマトの発した一言が再びZOOに力を与える―いざ、洞窟を抜け神殿の奥底へ!今、マリアたちの決死の潜入作戦が決行される。迫るタイムリミット!行く手を阻む暗闇と謎の化物!!そしてトマトをも圧倒する存在!?果たしてマリアに笑顔は戻るのか、そして血塗れ聖堂騎士団との決着は!?ジェードリ編、完結。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア7 SINBREAKER MAXPAIN

薔薇のマリアVer3 君在りし日の夢はつかの間に

『薔薇のマリア Ver3 君在りし日の夢はつかの間に』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリアVer3 君在りし日の夢はつかの間に (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer3 君在りし日の夢はつかの間に (角川スニーカー文庫)

薔薇マリ短編集第3弾。
今回はアジアン率いるクラン昼飯時(ランチタイム)の連作短編です。
ランチタイムメンバーを通して浮かび上がるアジアン像が本編とかけ離れている不思議・・・・・・

☆あらすじ☆
いっそ、クランでも作ってしまったらどうかな…その身を黒衣に包んだ物静かな男が発した一言がすべての始まりだった―マリアローズがピンチになると、甘い言葉とともに必ず助けに現れる、クラン“昼飯時”の頭領アジアンの今まで語られなかった過去と日常。気軽に昼飯時をともにできる仲間たちは、いかにしてアジアンのもとに集い、そして心酔していったのか。シリーズ随一の個性派クランの大切な思い出を描くエピソード集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリアVer3 君在りし日の夢はつかの間に

薔薇のマリア6 BLOODRED SINGROOVE

『薔薇のマリアⅥ BLOODRED SINGROOVE』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリア VI.BLOODRED SINGROOVE (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア VI.BLOODRED SINGROOVE (角川スニーカー文庫)

ジェードリ編第2弾。
マリアたちZOOがいよいよ事態に介入。マリアの苦悩(いつもとひと味違う?)とカタリの漢道が見所です。
マリアの苦悩はニヤニヤが止まらない・・・

☆あらすじ☆
もうひとりのZOOを訪ねジェードリにやってきたマリアたち。しかし、風光明媚なその港町は、不気味な黒十字の旗に占領されていた。かつて自身が在籍していた神殿にも掲げられた旗を見たトワニングは、珍しく取り乱す。そして、新メンバーも合流したZOOは、パンカロ・ファミリーと共に戦うことを決意するが…。かつてない最凶の怪物が出現するとき、ついにサフィニア決死の究極魔術が発動する!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア6 BLOODRED SINGROOVE

薔薇のマリア5 SEASIDE BLOODEDGE

『薔薇のマリアⅤ SEASIDE BLOODEDGE』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリア V.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリア V.SEASIDE BLOODEDGE (角川スニーカー文庫)

あれ?これ薔薇マリ??・・・て思うこと間違いなしの1冊。マリアとZOOの仲間たちの出番少なすぎるよ!アジアン不足たまらないよ!
でも泣けます。面白かった。この1冊はマフィアもの(?)として読むつもりでいればOKです(??)

☆あらすじ☆
一通の手紙が届いた。差出人はジョーカーというトマトクンの旧友。莫大な資産を配分するから会いに来いという何やらあやしげな内容だったが、トマトクンの一声で、ZOOはジョーカーの住む、まだ見ぬ海の街に旅立つことに。しかしマリアたちは、そのとき旅路の先で起きている危機をまだ知るよしもなかった。旅先に集結する新たなZOO、妖しい教団、マフィア、そして“罪そのもの”!?―ついに舞台はエルデンの外へ。新章早くも最高潮。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア5 SEASIDE BLOODEDGE

薔薇のマリア Ver2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた

『薔薇のマリア Ver2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた』(十文字青著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆
薔薇のマリアVer2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた (角川スニーカー文庫)
薔薇のマリアVer2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア短編集。トマトクン、ピンパーネル、カタリ、マリアローズの過去のお話。なかなかにハードな鬱展開です。

☆あらすじ☆
マリアが悩み、カタリが恋し、トマトが苦悩し、ピンプが涙する―様々な冒険を経て、結束を強くしてきたクランZOO。明るい笑顔の裏に隠してきたあの記憶。仲間に囲まれ、いつしか思い出すこともなくなったあのメロディー―ZOOがまだZOOでないころ、自分のためだけに歌っていたあのころ、あのときがあるから、今、僕はここにいるんだ―マリアローズをはじめ、知られざるZOOの過去を描く、書き下ろしを加えた珠玉の短編集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇のマリア Ver2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた