贅沢な身の上10 ほら、眸がときめきを伝えるから!


『贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから!』(我鳥彩子著/コバルト文庫)★★☆☆☆

贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)
贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)

妄想暴走娘と恋愛脳残念陛下の掛け合い漫才を楽しむシリーズ第10巻。

☆あらすじ☆
帝国の実権を握る皇太后の許可まで得て、皇帝・天綸が煌星的男子デビューに向けて本格的に始動!? ところが養成合宿で天綸と離ればなれになった花蓮に変化が! 花蓮、ようやくデレる!? の巻、開幕!

以下、ネタバレありの感想。

 

ようやくデレる、とあおりにありますけど、ヒロインの心理状況に大きな変化はないです。

 

なんだか、このシリーズは長く続けすぎている気がする。
いつまでたっても進展がなくて(今回はあったといえるのか?)、そろそろもっと大きく話が動いてもいいんじゃないかなぁ。

 

今回は残念陛下がアイドルデビューするかもって話だったんですが、・・・それだけでした。

 

ネタもマンネリ気味なので(トラブルのオチが最初にわかっちゃうのもそろそろ飽きた)、ここらへんで大きく方向転換するか、話を締めるかしてほしいな。

 

ようやく唯翔がらみの問題も解決方向にいったので、残る伏線は鳴鳴の出自だけかな?鳴鳴の話も1巻分でおわりそうだけど、どうなるんだろう。

 

ここまで読んだら最後まで付き合いたいけど。うーん。

 

贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)
我鳥 彩子,犀川 夏生集英社
売り上げランキング : 281917Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。