2016年9月読書メーターまとめ

10月になりましたー。電子書籍派の方はニコカド祭りでワクワクする季節ですね!
かくいう私も昨夜がっつり積みました。いつ読むのか知らん。

9月は自分比であまり読めなかったけれど(ペルソナ5面白すぎィィィッ)、10月は頑張って積読を減らしたい所存。

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:38冊
読んだページ数:11720ページ
ナイス数:793ナイス

P5の進み次第だけど、10月後半には以前と同じ読書量に戻れるかな?

 

続きを読む 2016年9月読書メーターまとめ

世界の終わりの世界録8 慟哭の神霊/細音啓

世界の終わりの世界録<アンコール>8 慟哭の神霊 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録<アンコール>8 慟哭の神霊 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
世界の危機に立ち向かう王道ファンタジー第8弾。
今回すごくRPGを読んでる気分になったのはタイミングの問題かもしれませんが(P5プレイ中)、それはそれとしてダンジョンで少しずつ仕掛けに挑んでいくこの感じ、ゲーム化したらすごく面白そうだとか思ってしまいました。

☆あらすじ☆
偽英勇は英勇を超える――いま、最も王道を行くファンタジー、第8弾!
再会したキリシェらと共に復活した古代の敵を撃破したレン。エルラインの遺志を継ぎ英勇としての戦いを続ける彼は、次なる目的地として失われた神聖都市を目指すことに――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録8 慟哭の神霊/細音啓

押絵と旅する美少年(美少年シリーズ4)/西尾維新

押絵と旅する美少年 (講談社タイガ)
押絵と旅する美少年 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
美少年探偵団が挑む日常の謎を描くシリーズ第4弾。
今回は美声のナガヒロ回ですが、噂の婚約者がついに登場・・・・・・!

☆あらすじ☆
美少年探偵団六番目の団員となった瞳島眉美。団長・双頭院学、美声を操る生徒会長・咲口長広、料理上手の不良・袋井満、美脚と健脚を誇る足利飆太、寡黙な芸術家・指輪創作――強烈な仲間と過ごす日々にも、ようやく慣れてきた。しかしある日、探偵団の事務所に巨大な羽子板が出現。敵対勢力からの挑戦なのか、はたして……。美少年の弱点が明らかになる美少年シリーズ第四作! 「美脚のヒョータ」を描くショートストーリーも収録

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 押絵と旅する美少年(美少年シリーズ4)/西尾維新

異世界拷問姫2/綾里けいし

異世界拷問姫2 (MF文庫J)
異世界拷問姫2 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
14の悪魔と契約者を惨殺する拷問姫と、彼女の傍にいることを決意した従者の少年の異世界転生ファンタジー第2弾。
今回も安定のグロさでしたが、それ以上に主人公の変化が目を引いて前巻よりも楽しめました。
というか俄然面白くなってきた・・・・・・!

☆あらすじ☆
「ヒナ―――俺のために死んでくれるか?」破滅に向かう反英雄譚、第二弾!
『皇帝』を撃破するも残る悪魔は多い。今後も幾多の戦闘に巻き込まれることが予想されるため、櫂人は魔術を身につけることとなる。そんな折、皇帝・ヴラドの旧友にして『大王』の悪魔と契約した女が現れ――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界拷問姫2/綾里けいし

神さまになりまして、オヤスミなさいを言いました。/石田リンネ

神さまになりまして、 オヤスミなさいを言いました。 (ビーズログ文庫アリス)
神さまになりまして、 オヤスミなさいを言いました。 (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
新米神さま・千鳥の物語を過不足なく描ききって完結。
バトルありの伝奇要素と目頭を熱くさせるシーンによる緩急のつけ方が相変わらず巧みだったし、切なさもあるストーリーはとても楽しめました。
長い時間を生きる神様の悲哀と、人との関わりから生まれる優しさが、面白い切り口で描かれていく素敵な作品だったと思います。

☆あらすじ☆
神さまと人の優しい絆の物語・完結!
先日の“神隠し事件”以降、<守護代>たちの距離が近い。それを不思議に思っていた関東の<守護>千鳥は、帯刀が正式に<守護代>になる決意をしたと聞き、思わず反対してしまう。そんな時、先代さまから「那須に百目鬼が現れた」との報せが。柏と帯刀と共に那須へ向かい、懐かしい先代さまとの再会を喜ぶ千鳥。一方、先代さまは東雲が千鳥に執着する理由に気づき……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神さまになりまして、オヤスミなさいを言いました。/石田リンネ

デート・ア・ライブ15 六喰ファミリー/橘公司

デート・ア・ライブ15 六喰ファミリー (ファンタジア文庫)
デート・ア・ライブ15 六喰ファミリー (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
六喰攻略後編。
そういえばこんなタイプのヒロインはいなかったんだっけ・・・・・・と戦慄した第15巻でした。

☆あらすじ☆
独占欲の強い愛に飢えた六喰を、デレさせろ!?
宇宙にいる六喰のもとへ辿り着いた士道。激戦の末、六喰の心を開くことには成功するのだが……。「むくと契る以上、おなごたちとは金輪際会わぬと誓うのじゃぞ」六喰に厳しい条件を突き付けられ――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デート・ア・ライブ15 六喰ファミリー/橘公司

異人館画廊4 当世風婚活のすすめ/谷瑞恵

異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)
異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
徐々に糖度が出てきたような気がする美術ミステリー第4弾。
千景と透磨のじれったい関係も良いのですが、千景の過去がますます気になる展開になってきました。

☆あらすじ☆
成瀬家は、代々“禁断の絵”を守ってきた旧家だ。その絵が盗まれた。現当主の美津に絵をさがしてほしいと頼まれた千景と透磨だが、件(くだん)の絵は異人館画廊に置き去りにされていた。同時期、失踪中の次期当主候補・雪江が遺体で見つかるが、容疑者として浮上した男が千景の誘拐事件の関係者だと判明し!? 深まる謎の中、記憶の封印が次第に解けてゆく。緊迫の美術ミステリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊4 当世風婚活のすすめ/谷瑞恵

ゴブリンスレイヤー3/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
ゴブリンを狩りまくるダークファンタジー第3巻。
今回はちょっぴりラブコメ模様な雰囲気で新鮮でした。ゴブスレさんは愛されてるなぁ!

☆あらすじ☆
「ところで、ほら、えと、明後日、収穫祭が、あるじゃないですか――予定、空いてますか?」「……ゴブリン」「あ、ゴブリン以外です」
秋、辺境の街は収穫祭を間近に控えていた。そんな中、神殿の仕事で忙しそうな女神官、ある出来事で拗ねる妖精弓手、祭の準備に参加する鉱人道士、蜥蜴僧侶と、それぞれの日常を過ごす冒険者たち。そしてゴブリンスレイヤーもまた“日常”を過ごしていたのだが……。依頼の減るゴブリン退治、現れる三人の来訪者、祭の裏で暗躍する計画とは!?
「素人め、教育してやる」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー3/蝸牛くも

レイデ夫妻のなれそめ5 君がもたらした新世界/山咲黒

レイデ夫妻のなれそめ 君がもたらした新世界 (ビーズログ文庫)
レイデ夫妻のなれそめ 君がもたらした新世界 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
お転婆な妻とガラの悪い夫の仮面夫婦ラブコメ最終巻。
レイデ夫妻のなれそめにまつわる秘密について全て明らかになり、綺麗な大団円を迎えました。
話が進むにつれて面白くなっていくシリーズだったと思います。

☆あらすじ☆
ついに明らかになる夫の秘密──仮面夫婦の恋のなれそめ完結!
恐怖の記憶をなくした妻リナレーアと、妻を失う恐怖にギリギリの精神バランスを保っている夫ザイラス。お互いの愛はさらに深まっているが、愛ゆえに危ういバランスを保つレイデ夫妻。そんな中、夫の過去──魔物の父に母を食べられた現場にリナレーアがいたことが判明! リナの心の一部を食べたのはザイラスの父だった! そしてその場には「魔物解放団」の現在の首領──あの人物もそばにいた!! それはリナのとても身近な人物で──!? 仮面夫婦の恋のなれそめ、感動の完結巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レイデ夫妻のなれそめ5 君がもたらした新世界/山咲黒

やがて恋するヴィヴィ・レイン1/犬村小六

やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)
やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)

評価:★★★★☆
2016年9月刊。
「とある飛空士」シリーズの犬村小六先生の最新作。
妹の願いを叶えるためにヴィヴィ・レインを探す少年の物語です。
前作は「恋と空戦」の物語だったけれど、今作は「恋と会戦」の物語。
ロボットが躍動する過酷な戦場をメインに描きながら、背景にある中世的な世界観とファンタジーあふれる設定の調和がお見事でした。
激動の時代のはじまりを予感させるなか、主人公や彼の周囲の人々にどんな運命が待ち受けているのかとても楽しみです。

☆あらすじ☆
「ヴィヴィ・レインを見つけて」。義妹の願いを胸に、スラム街の少年は旅に出る。限られた命を生きる人造の少女と意志を持つ機械兵。滅びゆく王国の姫、性別不詳の天才操縦士、皇帝に捨てられた侍女の子ども…。旅の途中、それぞれの傷を抱えた仲間たちと出会い、やがて少年は「災厄の魔王」と称され、楽園に支配された世界へ反逆の旗を翻す。ヴィヴィ・レインを捜す、ただそれだけだった小さな旅はいつしか時代のうねりとなり、世界を変革する戦いへ―。傷だらけの少年少女が織りなす恋と会戦の物語、開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やがて恋するヴィヴィ・レイン1/犬村小六

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ